仮想通貨(暗号資産)で儲かる仕組み。11通りの稼ぎ方を解説!

仮想通貨の基礎

ビットコインなどをはじめとする仮想通貨(暗号資産)儲かる仕組み稼ぎ方を解説します。

11通りの稼ぎ方を説明しますが、多くの方法を知っておくことで、初心者であっても、稼げる確率が高まるでしょう。

又、稼ぐためのコツや、利益から税金がどのくらい取られて手元に残る儲けはどのくらいになるのかも説明いたします。

利益を増やすためには、手数料も重要なので、手数料が無料のために稼ぐために最適な取引所についても言及します。

タクミ
タクミ

仮想通貨で儲けると言っても、色々な稼ぎ方があるので、自分に合ったものを組み合わせて利益を出したいですね。

ビットコイン等の仮想通貨で儲かる11通りの仕組み

仮想通貨で儲かる仕組みは、基本的には値上がり益などを狙うことになりますが、その他にもステーキングやレンタルをして報酬や利息を得たり、NFTゲームの報酬を得たりする方法もあります。

ここでは、ビットコインなどの仮想通貨の稼ぎ方を11通り説明いたします。

単純な売買だけではなく、いくつもの利益の出し方を知っておくことで、収益性は高まります。

稼ぎ方1:現物取引

最も基本的な稼ぎ方であり、初心者の人であれば、まずは現物取引を始めましょう。

ビットコインなどの仮想通貨を購入して、購入時点よりも価格が値上がりした時点で売却することで、その差額の利益を出す方法です。

現物取引のメリットは、レバレッジをかけない分、安全性が高く、初心者に向いた取引であると言えます。

トレード方法としては、短期取引、中期取引、長期取引が挙げられます。

短期保有投資

短期間だけ保有して売買を繰り返し、利益を上げていく方法です。デイトレードなどが該当します。

数日で売却するスイングトレードも短期保有の取引に該当すると考えて良いでしょう。

短期取引は中級者や上級者向けであると言えます。

又、常に相場を見ておかないとならないというデメリットがあり、会社勤務のサラリーマンの人にはおすすめできないトレード方法です。

チャートに関しても、分足や5分足、15分足など、短いものも駆使して取引することになり、瞬発力が必要でしょう。

中期保有投資

数週間又は1ヶ月から1年程度の間、ビットコインなどの仮想通貨を保有して、値上がり益を狙う投資手法です。

メリットとしては、常にチャートを確認する必要がないこと、又、1年以上保有して利益を狙っていく長期保有の取引よりは早期に稼げることが挙げられます。

初心者にも向いている投資手法でありますし、サラリーマンの人も取り組みやすい投資手法でもあります。

チャートに関しては、日足だけではなく、週足、月足などを参考にして取引する人が多くなります。

長期保有投資

タクミ
タクミ

長期保有前提で仮想通貨を買ったなら、保有期間中にレンディングやステーキングで稼ぐのもありですね。

1年以上の期間に及ぶ投資は、長期取引と考えて良いでしょう。

ガチホし続ける人も、こちらに該当すると思います。

メリットは、売却せずに持ち続けると決めているので、日々の価格を気にする必要がないことです。

ただし、デメリットとして、長期間の保有中にはネガティブなファンダメンタルズ情報が出て暴落することも1度くらいはあるでしょう。

その際に狼狽売りをしない覚悟も必要となります。

もちろん、投資銘柄が上場廃止などになった場合には、きちんと売却して退避することも必要だと言えるでしょう。

長期的にはビットコインが値上がりするという予想も多いため、初心者でも始めやすい投資手法だと言えます。

稼ぎ方2:積立投資

仮想通貨積立のイメージ図
コインチェックをはじめとする暗号資産取引所では積立投資プログラムがあります

毎月コツコツと同額のビットコインを購入し続ける積立投資も初心者向けでおすすめできます。

メリットとしては、購入単価の平均化が行われるため、チャートが上昇トレンドに入ってから売却した場合は、利益を出せる可能性が非常に高いことです。

ドルコスト平均法という投資手法としてよく紹介されるのですが、初心者には非常に向いていて、稼ぎやすい投資方法だと言えるでしょう。

コインチェックの積立投資などは人気が高いので、こういったサービスを利用するのはおすすめできます。

稼ぎ方3:レバレッジ取引

レバレッジ取引のイメージ
ビットポイントなど、多くの取引所でレバレッジ取引は可能です

レバレッジ取引とは、証拠金を口座に預け、そこの証拠金を担保とすることで何倍もの金額の取引を行うことができます。

例えば、証拠金が100万円であっても、レバレッジが2倍であれば、200万円分のビットコインを購入して取引することができるのです。

メリットとしては、チャートが思った方向に動いた場合には、レバレッジの倍数分だけ多く儲けることができます。デメリットとして、逆の方向にチャートが動けば、レバレッジの倍数分だけ損することになります。

又、ショートと言って、先に仮想通貨を売却して売りから入り、決済時に買い戻す取引を行うことができるのもレバレッジ取引のメリットです。

うまくいくと大きな利益を得られる稼ぎ方なのですが、失敗した場合の損失も大きいので、初心者向きではなく、中級者、上級者向けと言えます。

稼ぎ方4:マイニング

3つ目の稼ぎ方はマイニングです。

マイニングとは、ビットコインなどの仮想通貨の取引を承認する作業に参加して、その対価として新規発行された仮想通貨を獲得する方法です。

1人で機材を揃えて行うソロマイニング、複数のマイナー(マイニングする人)が協力して行うプールマイニング、マイニング用のマシンを遠隔操作できるサービスに申し込んで行うクラウドマイニングがあります。

なお、ソロマイニングに関してはかなりハードルが高いと言えるでしょう。

稼ぎ方5:エアドロップ

エアドロップとは、一定のタイミングで対象となる仮想通貨を保有していた投資家に対して、新しいトークンを配布するという仕組みです。無料でもらうことができるのです。

なお、そのタイミングのことをスナップショットのタイミングと言います。

エアドロップ時点では基本的に市場価格がないのですが、後日に取引所に上場すると、そこで売却して稼ぐことができるのです。

この稼ぎ方のメリットは無料で価値が出る可能性が高い仮想通貨を獲得できることですが、デメリットとしてスナップショット後に元々の対象仮想通貨の価格が急落するリスクがあるところです。

稼ぎ方6:ステーキング

ステーキングとは、対象となる仮想通貨をウォレットに預け入れ、ブロックチェーンの適正な作動に協力をすることで、対価として報酬を得られる仕組みのことです。

ステーキング報酬も仮想通貨で支払いが行われるので、それを売却することで稼げます。

メリットとしては、何もしなくて預けるだけで高利率の報酬を得られることです。

一方でデメリットとしては、一定期間預け続けるので、その期間に対象となる仮想通貨が暴落すると、損失を被ってしまうということです。

稼ぎ方7:レンディング

レンディングとは、仮想通貨を貸し出すことで金利を稼ぐ方法です。相対取引として自分で貸出先を見つける必要はなく、暗号資産取引所を経由して簡単に貸すことができます

メリットは利率が高いことと、何もしなくても利息を稼ぐことができることです。

デメリットは、レンディング中は仮想通貨の売却をできなくなるので、そこで値下がりしてしまうリスクがあることです。

なお、レンディングとステーキングは似ていますが、ステーキングはブロックチェーンの適正稼働への協力なので、その性質が異なることは理解しておきましょう。

稼ぎ方8:NFTゲームの報酬

ブロックチェーン技術を用いたNFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)をプレイすることで報酬を得ることもできます。2021年から2022年にかけて、急速に普及した稼ぎ方です。

NFTゲームには対戦型などのPlay to Earnのもの、Move to Earnと言って歩いて稼ぐものもあれば、Sleep to Earnといって寝るだけで報酬を得られるものもあります。報酬は仮想通貨で支払われるか、仮想通貨と交換可能なゲーム内コインで支払われるのが一般的です。

NFTゲームの報酬はかなり高額であることもあり、ここはメリットだと言えます。

ただし、一度ネガティブなファンダメンタルズ情報が出たりすると、多くの保有者が一斉に売り浴びせてくることがあるので注意しましょう。

なお、NFTを他の人に貸し出して、代わりにNFTゲームをプレイしてもらうスカラーシップという稼ぎ方もあります。

稼ぎ方9:NFTを仮想通貨で購入して転売して利益を得る

最初に仮想通貨を購入し、その仮想通貨でNFTを購入し、そのNFTが値上がりした際に売却して利益を稼ぐ方法もあります。

実際には、売却時も仮想通貨で支払いがなされるので、すぐに利益を確実なものとしたいのであれば、早めにその仮想通貨を売却した方が良いでしょう。

ただし、NFTという概念は出てき始めてから長くは経っておらず、価格の不安定性も高いので、購入時に高値掴みをしないように注意しましょう。

稼ぎ方10:ポイントサイトの利用

ポイントを貯めることで仮想通貨と交換できるサービスもあります。

交換で入手した仮想通貨を売却して法定通貨にすることでお金を稼ぐことができるのです。

Tポイントや楽天ポイント、マネックスポイントなどの電子ポイントをビットコインなどの仮想通貨に交換することができるのです。

大きく儲けることを目的とする稼ぎ方ではないですが、ノーリスクで気軽に仮想通貨を手に入れられます。

稼ぎ方11:アービトラージ

タクミ
タクミ

アービトラージで稼ぐのは、中々難しいと言えます。しかし、突発的に大きな価格差がつくことがあるので、そういった際にチャレンジしてみても良いでしょう。

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、取引所ごとに価格に差があります。

ビットコインの価格が200万円の取引所で購入した後に、価格が202万円の取引所に送金して売却をすると、差額の2万円の利益が得られるということです。

ただし、送金手数料がかかること、又、送金には時間がかかるのでその間に価格が下落すると損失を被るリスクがあります。

差額を見つけるシステムが必要ですし、効率的に売買や送金を行う必要もあり、難易度が高いので、初心者にはおすすめできないですね。

ビットコインなどの仮想通貨投資で儲けるためのコツ

ここでは、ビットコインなどの仮想通貨投資で儲けるためのコツを解説します。

稼ぐためのポイントも説明しますが、同時にリスク回避をして大損失を防ぐためのコツも説明します。

購入タイミングにこだわり、タイミングをずらして複数回購入する

仮想通貨は、できる限り安く買った方が売却時の利益が大きくなります。

その方が、下落した際の損失も小さくできます。

一括で購入して、その後に暴落などが起きた場合には、利益を出しにくくなります。

したがって、購入タイミングにこだわり、複数回に分散して購入しましょう。

そうすることで、取得費の平準化を行うことができますので、リスクを下げて稼ぐことができます。購入価格を安定化させるのは、稼ぐための大きなコツだとお考えください。

暴騰局面では儲かる確率が低いので買わない

ビットコインなどの仮想通貨は暴騰することがたまにあります。暴騰すると、回りが稼いでいるのに、自分は機会損失していると感じてしまって、一括で焦って購入してしまう人がいます。

しかし、市場が過熱して暴騰した後には、再び元の価格に向かって下落する傾向があります。

したがって、暴騰局面では買わずに、押し目を待ってから購入した方が稼ぎやすいでしょう。

特に初心者の人は、暴騰局面で高値掴みしてマーケットの養分となって大損してしまうことがよくあるので、要注意です。暴騰局面では自制心を働かせて我慢することがポイントです。

目標価格に達したら分散して売る

売却の際も、計画的にタイミングを分散して売却することで稼ぎやすくなります。

一番いけないのは、価格が目標価額に達しているにも関わらず、「まだ上がる」と考えて、当初の自分の取引ルールを変更して売却を遅らせることです。

こうなると、結局は含み益が減少するまで持ち続けてしまうことがあり、稼げないトレーダーになってしまします。

目標価額に達したら、その30%をまずは売り、次の目標価額に達したらまた30%を売るなど、分散してきちんと売っていきましょう。

利確ができるかできないかは、稼ぐ上で非常に重要なのです。

取引ルールを決めて売買する

タクミ
タクミ

欲が出て取引ルールを破ると、損をしてしまうことが多いですね。稼ぐためのコツはいくつもありますが、取引ルールを守ることは基本中の基本です。

ビットコインなどの仮想通貨で継続的に利益を得たいなら、取引ルールを明確にしましょう。

取引ルール無しでは、一時的に運で儲かることはあっても、継続的には儲け続けられないでしょう。

「いくらまで価格が上がったら売却するという利益確定のルール」と「いくらまで価格が落ちたら諦めて売却するというロスカットのルール」は必ず定めて、忠実に実行しましょう。

勝率の方が高かったとしても、ロスカットができずに、一回の取引で大きな損失を出すようでは、トータルの損益は赤字になるでしょう。

特にレバレッジ取引などをしている場合は、追証になってしまって、借金をしてしまうような人もいるので、そういった事態は絶対に避けましょう。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を行い、儲かる確率を上げる

チャート

最低限のチャートのテクニカル分析は行えるようにしましょう。

ローソク足が何を示唆しているのか、三尊天井(トリプルトップ)や逆三尊(トリプルボトム)、ダブルトップやダブルボトムなどについては最低限勉強しておきたいところです。移動平均線なども理解しておきましょう。

又、RSIなどを見て、市場の過熱率などは把握しておき、RSIが一定水準に達したら売却するといったルールを作っても良いでしょう。

ファンダメンタルズ分析は、仮想通貨に関連するニュースから今後の価格動向を予想する手法です。

金利動向や暗号資産規制に関するニュース、各々の仮想通貨銘柄の取引所への上場の情報などはチェックしておきましょう。

プロのトレーダーはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析を生かした稼ぎ方をしているのです。

手数料の安い取引所を利用する

仮想通貨売買で利益を少しでも多く出すためには、取引所に支払う手数料にもこだわっていきましょう。手数料が少しでも安い方が利益は大きくなります。

なお、取引所ごとに手数料は異なります。

最も良いのは、取引手数料が無料の取引所だと言えます。

一回当たりの手数料はそこまで大きくなくても、長い目で見ると、手数料の金額によって、形成される資産額に相当な差が出てきます。

草コイン投資は少額で行う

時価総額の小さな草コインに投資する場合は、少額で行いましょう。

草コインは市場からの認知度が低いので、人気が広がり有名になった場合には、何十倍もの価格になることがあり、極めて大きく稼げることがあります。

しかし、一方で、人気が出ないままに上場廃止になったりして、無価値になってしまうことがあるのです。

したがって、投資元本の大部分を草コインに投資するのはハイリスクです。

投資元本総額の20%以内に抑えるなどして、リスクコントロールをしましょう。

利益から税金が取られた後の金額が稼ぎだと考える

こちらの記事で紹介した稼ぎ方を駆使して利益を出したとしても、その利益全額が自分の手元に残るとは考えないでください。

利益に対しては税金がかかるので、税金を差し引いた後の金額が本当の手取りとしての稼ぎだと言うことができるでしょう。

税金について何も考えずに投資していると、納税資金を準備できなくなって破産直前に追い込まれることもあるので要注意です。

仮想通貨の利益にかかる税金

仮想通貨の現物取引やレバレッジ取引、ステーキングやレンディングなどの稼ぎ方について説明しましたが、これらの利益は原則雑所得になると考えられます。

雑所得に対しては、所得税と住民税がかかります。

所得税は超過累進税率ですのでその人の合計所得によって税率が異なり、住民税は一律10%です。

超過累進税率ですから、稼ぎが大きい場合は所得税率は最高で45%となりますので、住民税や復興特別所得税との合計で、実に55%超が税金で持っていかれてしまうのです。

NFTの利益にかかる税金

NFTの売買に関しては、原則的には譲渡所得となります。利益から50万円を引いてから税率を乗じることになります。

譲渡所得や長期譲渡と短期譲渡に分かれ、長期譲渡の場合には、50万円を引いた後の金額の50%に対して税金がかかるのです。

仮想通貨やNFTによる稼ぎ方を知る際には、併せて税金についても学び、手取りでどのくらい稼げるのかを知っておくことも大切ですね。

なお、NFTの利益だとしても、NFTゲームの報酬としての稼ぎ方をした場合は、それは雑所得となります。

ビットコインなどの仮想通貨の稼ぎを増やすためにおすすめの取引所

タクミ
タクミ

取引所の選択は、非常に重要なポイントなので、適当に選択せずに、手数料などはしっかりチェックしてから口座開設しましょう。

ビットコインなどの仮想通貨で稼ぐためには、儲けを増やすために手数料が低い取引所を選ぶことが大切ですし、又、機会損失をしないために取り扱い銘柄が多い取引所の口座も持っておきたいところです。

国内取引所なら、コインチェックは取引手数料が無料

仮想通貨で利益を得るためには、最初にやることは、国内取引所の口座開設でしょう。

国内でおすすめできる取引所の中でも、手数料が無料となるのは、コインチェックとビットポイントです。手数料が無料である分、利益が多く残るので稼ぎやすいですよね。

その中でも、証券なども取り扱う大手のマネックスグループが運営しているコインチェックは国内屈指の取引所であり、かつ、取り扱い銘柄数も多いのでおすすめできます。

取引所名 コインチェック DMMビットコイン ビットバンク BIT Point(ビットポイント) Huobi Japan
取引所画像
銘柄取扱数 18銘柄 6銘柄 14銘柄 14銘柄 22銘柄
販売所取引手数料 無料 無料 無料 無料 無料
取引所取引手数料 無料 Maker -0.02% Taker 0.12% 無料 Maker 0.012~0.150% Taker 0.036~0.150%
レバレッジ取引の有無 2倍 2倍 2倍
最低取引単位 500円相当額 販売所:0.0001 BTC
取引所:-
取引所:-
販売所:0.00000001 BTC
販売所:0.001 BTC
取引所:-
販売所:0.001 BTC
取引所:0.0001 BTC
運営開始日(日本国内) 2014年8月 2018年1月11日 2014年5月7日 2016年3月 2016年9月
公式サイト コインチェック
公式サイト
DMMビットコイン
公式サイト
ビットバンク
公式サイト
BIT Point(ビットポイント)
公式サイト
Huobi Japan
公式サイト

海外取引所だと、取引量が多いバイナンスだと適正価格で売買しやすい

取り扱い銘柄数が多い取引所の方が稼ぎやすいのですが、上場審査が厳しい日本国内の取引所よりも海外取引所の取り扱い銘柄数が豊富です。

特にバイナンス(BINANCE)は膨大な銘柄数を持っていて、日本語対応もしている取引所ですので、口座作成をしておくと良いでしょう。

草コインに投資して、大きな利益を狙いたいような場合には、国内取引所で取り扱っていないことも多いのですが、バイナンスですと購入できることが多くあります。

ビットコイン・仮想通貨で儲かる仕組みのまとめ

この記事では、仮想通貨で儲けることができる仕組み・稼ぎ方を説明しました。

又、その仕組みを理解した上で、稼ぐために重要なポイントを説明しました。

自分に合った稼ぎ方を選択することになると思いますが、初心者の人はまずは現物取引の売買から始めた方が安全です。

取引ルールを決めて、テクニカル分析などを行った上で売買を分散して行ったりすることの大切さもご理解いただけたかと思います。

実際に利益が出たら、税金がどのくらいかかるかも頭に入れて、残った資金を再びどのような方法で投資するのかを検討して、資産を増やしていっていただければと思います。

なお、同じように上手に投資で稼ぎ続ける人でも、手数料が無料の取引所で取引している投資家の方が、最終的な稼ぎはかなり大きくなりますので、これから仮想通貨投資で資産を増やそうと考えている人は、まずは手数料が無料又は安い取引所で口座開設を行いましょう。

コインチェック

 

この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
仮想通貨の基礎
Crypto Guide(クリプトガイド)

おすすめ取引所の比較

取引所名 コインチェック DMMビットコイン ビットバンク BIT Point(ビットポイント) Huobi Japan
取引所画像
銘柄取扱数 18銘柄 6銘柄 14銘柄 14銘柄 22銘柄
販売所取引手数料 無料 無料 無料 無料 無料
取引所取引手数料 無料 Maker -0.02% Taker 0.12% 無料 Maker 0.012~0.150% Taker 0.036~0.150%
レバレッジ取引の有無 2倍 2倍 2倍
最低取引単位 500円相当額 販売所:0.0001 BTC
取引所:-
取引所:-
販売所:0.00000001 BTC
販売所:0.001 BTC
取引所:-
販売所:0.001 BTC
取引所:0.0001 BTC
運営開始日(日本国内) 2014年8月 2018年1月11日 2014年5月7日 2016年3月 2016年9月
公式サイト コインチェック
公式サイト
DMMビットコイン
公式サイト
ビットバンク
公式サイト
BIT Point(ビットポイント)
公式サイト
Huobi Japan
公式サイト
タイトルとURLをコピーしました