【詳しく解説】コインチェックの口座開設方法

仮想通貨の基礎

今回はコインチェックを始めたいけど、どう始めればいいのかわからない方に向けて、口座の開設方法をどこよりもわかりやすく1から解説していきます。

実際に口座開設をしていきながらの解説となりますので、簡単かつ確実に開設ができます。なお、コインチェックへのアカウント登録は無料です。

ぜひこの記事を読んで開設してみてください。

コインチェックの口座開設サイトへアクセス

まずは、口座開設手続きを始めるにあたって、次のバナーからコインチェックの開設フォームへアクセスしましょう。

コインチェック

アクセスすると次のようなサイトが表示されますので、画面下の「口座開設(無料)はこちら」のボタンをクリックしてください。

※スマートフォンの場合、表示が異なる場合がございますのでご注意ください。

メールアドレスの登録

取引所を開設するにあたり、まずはメールアドレスとパスワードの登録が必要となります。

こちらの手順に関して詳しく解説していきます。

メールアドレス・パスワードの登録

コインチェックのメールアドレスとパスワードの登録画面の画像

まずは、メールアドレスとパスワードを登録します。

メールアドレス登録時に確認メールも届くので、届くことが確認できる普段使用しているメールアドレスなどを入力してください。

次にパスワードを入力してください。こちらは他の人には絶対にわからないパスワードにしてください。

メールアドレス・パスワードの入力後、reCAPTCHAの「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。チェックした後、登録フォーム下の「登録します」をクリックしてください。

メールアドレスを確認

メールアドレスへ確認メールを送信した旨の説明画面

入力したメールアドレス宛に「コインチェック」からメールが届いていることを確認してください。

ポイント:メールが届かない場合は、「迷惑メールフォルダ」に届いている可能性があります。迷惑メールフォルダも確認してみましょう。

迷惑メールフォルダにもメールが届いていない場合、現在開いている「メールアドレスを確認」ページより「メールをもう一度送る」をクリックしてみてください。

それでも届かない場合、メールアドレスの入力間違いの可能性があるので、再度メールアドレスを入力してください。

コインチェックから届く口座開設メールの文章の画像。リンクをクリックして登録を進めるように指示している。

メールが届いた場合、画像のようなメールが届くので、「Please click the URL below to confirm your email address.」の下のリンクをクリックし、口座開設を進めていきます。

各種重要事項を確認

ここからは「各種重要事項」の確認、「本人確認書類」の提出について解説していきます。

開設の中でも最も重要な部分となるのでしっかり理解していきましょう。

管理ページ確認

まずは、先ほどのコインチェックから届いたメールのリンクをクリックすると、コインチェックの管理ページに遷移します。管理画面に入りもう取引ができるのかと思いかもしれませんが、まだこの段階では取引をすることができません。

コインチェックログイン後の管理画面の画像

画像の中にある「各種重要事項を確認する」「本人確認書類を提出する」それぞれを完了させる必要があります。まずは、「各種重要事項を確認する」について解説していきます。

各種重要事項を確認する

重要事項の承諾の画面。プライバシーポリー、電子交付に関する同意書、取引説明書、PEPs確認書、反社会勢力でないことの確約書、実質的支配者についての文章などを確認する必要があることが書いてある。

コインチェックで取引をするには画像の通り、重要事項の承諾が必要となります。

ここの項目を確認したうえで、チェックを入れて「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」をクリックしてください。

重要事項に承諾した後の画面

「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」をクリックするとこのようなページに遷移するので、そのまま「本人確認書類を提出する」をクリックして、本人確認書類の提出を進めていきましょう。

本人確認

では、本人確認について解説していきます。

ステップとしては、①電話番号認証、②基本情報の入力、③本人確認の3つとなります。

電話番号の認証

ここからは本人確認書類の提出が必要となります。

提出完了まで順を追ってひとつずつ解説していきます。

コインチェックの電話番号認証登録の画像。入力後にSMSで送信する。

まずは電話番号の認証からです。

認証はSMS認証となるので、スマートフォンなどテキストメッセージが受信できる番号を入力して、「SMSを送信する」をクリックしてください。

コインチェックから届いたSMSメールの認証コード

SMSがこのように届くので、コインチェックの認証コードの左側の6桁の番号をパソコンに表示されているフォームへ入力して認証してください。

認証が完了すると次のようなページへ遷移しますので、「本人確認書類を提出する」をクリックして引き続き、申請を進めていきましょう。

電話番号認証を進めるためのページの画像

「コインチェックアプリ」にて本人確認の実施。

本人確認書類の提出

本人確認書類の提出で実施する、本人確認は基本的には「コインチェックアプリ」での本人確認となります。

※どうしてもアプリが使えない方は「アプリが使えない、現住所記載の書類をお持ちでない方はこちら」から進めてください。

まだ、コインチェックアプリを取得されていない方は、「アプリのQRコードを表示」でアプリを取得しましょう。

また、その際に本人確認書類である「免許証」や「パスポート」を準備しておきましょう。

口座開設のためのアプリのダウンロードのためのQRコード

コインチェックアプリにログイン

コインチェックアプリのログイン画面

コインチェックアプリを開いたらまずはログインしましょう。

「メールアドレス登録」で登録した、メールアドレス及びパスワードを入力してログインしてください。

認証コードの入力
ログイン後の認証登録の画面

ログイン後、本当に本人かどうかの確認のため、すぐに認証コードの入力を求められます。

こちらは登録した電話番号宛にSMSが届くので、「電話番号認証」のときと同様に6桁の認証コードを入力してください。

基本情報入力・勤務情報入力

ここからは、名前や住所など基本的なことについての入力が求められます。

具体的に次の17項目の入力が必要となります。

項目としては多く見えますが、基本的なことで入力も数分で完了すると思います。

基本情報入力・勤務情報入力項目
  • 氏名(フルネーム)
  • カナ氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 国籍
  • 居住国
  • 郵便番号
  • ご自宅住所
  • ビル・マンション名等
  • 職業
  • 業種
  • 金融資産状況
  • 資金の性格
  • 主な利用目的
  • 取引の経験
  • 取引の動機
  • 外国PEPsの該当有無

では、具体的にどのような項目の入力が必要か解説していきます。

氏名(フルネーム)

「氏名(フルネーム)」はご自身の名前を漢字で入力してください。

カナ氏名

「カナ氏名」は先ほど入力したお名前のフリガナをカタカナで入力してください。

生年月日

ご自身の生年月日を選択してください。

性別

「性別」は男性もしくは女性で選択できますので、ご自身の性別にチェックを入れてください。

国籍

ご自身の国籍を選択してください。

居住国

ご自身の現在の居住している国を選択してください。

郵便番号

登録する住所の郵便番号を入力してください。

なお、本人確認書類に記載された住所の入力が必要となります。

ご自宅住所

現在、お住まいのご住所を入力してください。

ビル・マンション名等

必要であれば、ビルやマンション名などにつきましてはこちらに入力してください。

職業

現在のご自身のご職業を選択してください。

業種

現在のご自身の業種を選択してください。

金融資産状況

ご自身で保有している金融資産の状況について該当する項目を選択してください。あまりに金融資産が少なすぎると、審査落ちすることもあると推測できます。登録者が生活費にまで手を付けてしまわないように、コインチェック側が審査で落とすことで、個人の保護をしているとも言えます。

資金の性格

資金について「余裕資金」または「生活資金」どちらの資金に該当するか選択してください。

主な利用目的

「暗号資産への投資のため」、「暗号資産のウォレットのため」、「決済機能を利用するため」、「送受金機能利用のため」から該当するもの全て選択してください。

取引の経験

暗号資産取引の経験について該当する項目を選択してください。

取引の動機

コインチェックで取引をする動機について選択してください。

外国PEPsの該当有無

「外国PEPs(外国政府等において重要な地位を占める方、過去にその地位にあった方、またはその家族)」に該当する方は登録できませんので、基本的には該当しないにチェックを入れてください。

必須項目入力後、確認画面へ

全て必要項目を入力したら、「確認」ボタンを押して確認画面へ遷移する。

確認画面にて入力した内容に誤りがないことを確認し送信をしてください。

基本情報の確認画面。誤りがあれば修正する。

本人確認書類の提出

ここからは本人確認書類の提出方法について解説していきます。

本人確認書類に使用できる書類は次の5点となります。

使用できる本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード

このいずれかをご用意いただき本人確認を進めていきます。

今回は「運転免許証」を選択して解説していきます。

本人確認書類の画面。運転免許証、パスポート、運転経歴証明書、住民基本台帳カード、個人番号カードのいずれかを選択する。

かんたん本人確認について

コインチェックのかんたん本人確認は3ステップで完了します。

  • 本人確認書類の表面と裏面の撮影
  • 顔と本人確認書類表面の撮影
  • 顔と本人確認書類裏面の撮影

この3ステップを実施していく必要があります。

では、どのようなステップがあるのか解説していきます。開始するために「次へ」をタップしてください。

STEP1 本人確認書類の撮影

本人確認書類の裏面と表面を貼り付ける画面

まずは、本人確認書類の表面と裏面の撮影となります。

次の画像のように入力した氏名・生年月日・住所が表示されているので、本人確認書類(今回は免許証)と相違がないか確認してください。

運転免許証の提出画面

両面の撮影が完了したら次へ進む前に3つの項目にチェックが必要です。

  • 有効期限ないですか
  • 記載されている文字がはっきり読めますか
  • 裏面も撮影していますか

問題なければ全てにチェックを入れて「次へ」進んでください。

STEP2 顔と本人確認書類表面の撮影

本人確認書類表面の撮影手続きの画面

本人の顔と本人確認書類表面の撮影を実施します。

注意点としては本人確認書類の文字が指で隠れないように注意して持つようにしてください。

STEP3 顔と本人確認書類厚みの撮影

顔と本人確認書類厚みの撮影手続きの画面

本人の顔と本人確認書類厚みの撮影を実施します。

注意点としては撮影中ガイドラインがあるのでそれに合わせる必要があります。

撮影がうまくいかない方へ

「STEP2 顔と本人確認書類表面の撮影」と「STEP3 顔と本人確認書類厚みの撮影」で上手くいかない方もいるかと思います。

今回の記事の執筆で開設した際もこの状況に陥りました。

その場合は、「撮影がうまく行かない方へ」という箇所をタップしてください。

すると、次の確認項目が出てきます。

撮影がうまくいかない場合の対処方法
  • 画面上で指示されている通り顔を動かせていますか?
  • お部屋の明るさは十分ですか?
  • 本人確認書類に光が反射していませんか?
  • お顔が画面上部の枠内におさまっていますか?
  • 本人確認書類が画面下部の枠内におさまっていますか?
  • 顔が髪の毛や衣類等で隠れていませんか?

ここの部分を、確認して再撮影してみてください。

今回の筆者の開設はそれでもダメでした。おそらく筆者の免許証に問題があったのだと思います。

本来は、ここの撮影がうまくいけば、本人確認は完了します。今回は、「別の方法を試す」で進めていきます。

別の方法で試す

「別の方法で試す」をクリックすると今まで入力した本人情報の送信が開始します。

別の方法で試すを実行すると、コインチェック側で免許証などの確認をしていただけます。この場合、すぐに本人確認は通らず少し時間がかかります。

メールの確認
本人確認書類提出完了の画面

別の方法で試した場合、メールが画像のように届くので確認しましょう。

本人確認が完了すると再度メールが届きます。

メールの確認

提出後にコインチェックから届くメールの画像

本人確認書類の確認が完了するとメールが届きます。

本人確認書類の確認完了の内容のメールです。

ここから次の段階でメールが届きます。

  • ハガキの発送時:日本郵便のお問い合わせ番号付き
  • 近くの郵便局に到着した際
  • ハガキが届いた際

発送から到着まで何回も連絡をいただけるので、現在の発送状況がどうなっているのかタイムリーに把握が可能です。

ハガキの確認

簡易書留で届いたハガキは次のようなハガキとなります。

口座て続き完了後にコインチェックから届くハガキの画像。口座開設の手続きが完了したことや、500円からBTCやXRPを購入できる旨が書いてある。

このハガキが届いたら手続き完了となり、正式にコインチェックの使用が可能となります。さっそくアカウントにログインしてみましょう。

審査落ちについて

審査落ちという話もほとんど聞かないですが、金融資産が少なすぎると落ちるとも言われています。審査基準が気になるところでしょうが、ここは明らかではないのです。

ただ、基本的には登録できる人がほとんどですし、個人の借金履歴(ローンなど)、自己破産歴も関係なく、CICなどで登録されている個人の信用情報も影響しないのではないかと考えられます。

もしもコインチェックで審査落ちしてしまった場合には、再度申し込むことも可能となっています。

まとめ

今回はコインチェックの口座開設手順について開設しました。登録方法は非常に簡単で、時間も要さないことがおわかりいただけたかと思います。

本人確認の認証に手間取ったものの口座開設は早く開設することができます。手続き自体はとても簡単なものでした。審査落ちもほとんどなく、順調にアカウント登録が完了する人がほとんどです。

ぜひ、仮想通貨を始めようと思っている方は、「コインチェック」を開設して、仮想通貨を体験してみましょう。

この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
仮想通貨の基礎
Crypto Guide
タイトルとURLをコピーしました