SOLife(SLFT)の歴史や将来性、特徴について解説

「Sleep to Earn」ゲーム「SleeFi」の中で報酬として得られる仮想通貨(暗号資産)であるSOLife(SLFT)の歴史、将来性や特徴について解説します。

SOLife(SLFT)は話題の「Sleep to Earn」ゲーム「SleeFi」の中で報酬として得られる仮想通貨(暗号資産)です。

SleeFiの評判が広まったことにより、ゲーム内通貨のSOLifeも注目され始めました。寝るだけで稼ぎを得られるというNFTゲームなので、話題性も大きく一気に知名度が上がったのです。

今回はSOLifeとは何か、SOLifeの歴史や将来性、特徴について詳しく解説します。

SOLife とは?

SOLifeは「SleeFi」をプレイして稼げる、ゲーム内仮想通貨(暗号資産)です。ゲームをプレイすると言っても、実際には就寝して起床することで稼げるので、寝ることで稼げる仮想通貨だと言った方がわかりやすいでしょう。

まずはSleeFiについて説明します。

SleeFiって何?

SleeFiの公式ページの画像
SleeFI公式ホームページ

SleeFi は睡眠の質を上げることによって、仮想通貨を稼げるNFTゲームです。

寝て稼げるという特徴から、「Play to Earn」や「Move to Earn」のように、「Sleep to Earn」といういわれ方をします。

SleeFiのアプリはiOS、Androidのどちらにも対応していますので、現在世界中で発売されているほとんどのスマートフォンでプレイすることが可能です。

ゲーム内で報酬として得られるのはSOLifeだけでなく、「SLGT」というガバナンストークンとしての仮想通貨(暗号資産)もあります。

SleeFiはベッドNFTの種類によって、必要となる睡眠時間や稼ぐための効率が違っています。

すでにブームとなった「Move to Earn」や「Play to Earn」のように、長い時間歩いたり、走ったり、ゲームをしたりしなくてもいいので、これまでNFTゲームをプレイしたこなかった人にもおすすめです。

正式リリースは2022年9月現在、「未定」となっています。ただし、8月からβテストが開始されると予告されており、正式リリースも年内になるのでは、といわれています。

SleeFiのプレイの仕方は?

SleeFiで計測にはエネルギーが必要になり、そのエネルギーが回復するのが20時間後となるので、睡眠が計測できるのは、「1日1回」というルールがあります。

プレイ自体はとても簡単ですので、だれでもすぐに始めることができます。まず、寝る前にメインとなるベッドNFTを選択します。

次に起床時間を設定し、スタートボタンを押すとその後の睡眠時間と睡眠の質によって、SleeFiで点数化されます。後は起きたらストップボタンを押すだけです。

手順としてはこれだけですので、自分が設定した時間通りに睡眠すると稼げる仕組みになっています。

仮想通貨(暗号資産)取引所の口座開設をしておくことも必要ですが、NFTマーケットプレイスがあり、かつ、取引所の手数料が無料のコインチェックで作成した方が良いでしょう。

SleeFiとSOLifeはなぜ注目されるのか?

現代人の大きな悩みのひとつに、睡眠時間が短いということがあります。

特に日本人の平均睡眠時間は、先進国のなかでも特に短いという調査結果も出ています。

夜遅くまで仕事したり、テレビやYoutubeを見たり、スマホを触ってたらいつの間にか寝る時間が遅くなったなど、理由はいろいろあることでしょう。

睡眠時間、睡眠の質は健康に直結します。そこで登場したのが「Sleep to Earn」で稼げるゲーム「SleeFi」です。

SleeFiが目指す世界は、プレイする人のライフスタイル改善と向上させることにあります。

SOLifeの使い道は?

SOLifeはSleeFiを使って寝ることで稼げる独自トークンです。

SOLifeはゲーム内でアイテムを買うのに使用したり、換金したりすることができます。

ベッドNFTの種類で必要な睡眠時間や稼げる効率が変わってくるため、SleeFiを最大限に活用できるよう、自分に合ったベッドNFTを購入しましょう。

SleeFiの始め方

SleeFiではまず、ゲームのなかで使う「ベッドNFT」が必要になります。

ベッドNFTを購入するには仮想通貨が必要ですから、仮想通貨取引所で口座を開設しておきましょう。

ベッドNFTの購入に必要なのは「アバランチ(AVAX)」ですが、アバランチは日本の仮想通貨取引所では取り扱われていません。

そのため、日本国内の仮想通貨取引所はもちろんのこと、アバランチを取り扱っている海外の仮想通貨取引所でも口座開設が必要です。

SleeFi以外のブロックチェーンゲームでも、プレイに必要な仮想通貨が海外の仮想通貨取引所にしかないというケースは少なくありません。

そのため、海外の仮想通貨取引所に口座を作っておくと、今後も役に立ちます。

世界最大の仮想通貨取引所は「BINANCE(バイナンス)」で、取り扱い銘柄数も600種類以上と大変多いので、ほとんどのケースに対応できます。

日本の仮想通貨取引所でも口座が必要な理由は、海外の仮想通貨取引所が円で取引できないからです。

そのため、まず日本の仮想通貨取引所でアバランチと交換できる仮想通貨と円を交換し、海外の仮想通貨取引所の自分の口座に送金します。

送金が完了したら、その仮想通貨とアバランチを交換しましょう。

アバランチが用意できたら、あとはSleeFiをダウンロードして、ユーザー登録をおこなっていきます。

ウォレットを作成したら、アバランチをウォレットに送金してください。

ウォレットは仮想通貨を保管する「財布」の役目を果たし、NFTを購入するときは基本、ウォレットが必要になります。

ウォレットアドレスを間違えると、送金したアバランチは二度と戻ってきません。

送金の際にウォレットアドレスを入力するときは、必ずコピー&貼り付けでおこなってください。

あとはSleeFi内でベッドNFTを購入すれば、準備完了です。

SOLifeの歴史

SOLifeを稼ぐためにはSleeFiをプレイしなければなりませんが、2022年9月現在、SleeFiはまだローンチされていないため、SOLife自体もまだスタートラインにすら立っていない状況です。

肝心のSleeFiの正式リリース予定に関してはまだ未定です。

ただし、ロードマップによると、2022年9月までにはβ版をローンチするとしています。

正式リリースはまだ先になるにせよ、β版で一足先にSleeFiを体験できれば、独自トークンであるSOLifeも先行して稼げるかもしれません。

正式版についても、SleeFiの公式ページ内にはダウンロードリンクがすでにあるため、2022年中には正式リリースがあるのではと予測されています。

SOLifeを獲得できるチャンスを逃さないよう、SleeFi公式サイトは頻繁にチェックしておいた方がよいでしょう。

SOLife(SLFT)の将来性はSleeFiの普及にかかっている

SOLife(SLFT)のバーン、ミントなどの説明
引用:公式ページより

SOLife(SLFT)将来性はSleeFiの普及にかかっていると言えます。SleeFiが普及してユーザーが増え、将来的にSLFTに有利な価額がついた場合には、ユーザーはそこで大きな利益を得ることができるでしょう。普及して人気が高まれば高まるほど、今後の上場後の価格も高くなるでしょう。
※SLFTは将来的な上場を目指している仮想通貨で、ロードマップにもその旨の記載があります(2022年現在は時期は未定です)。

Sleep to Earnという概念が新しいものであるため、まだ認知していない人も相当数いると考えられるので、伸びしろは大きいと考えるのであれば、将来性は明るいと言えるでしょう。

ただし、トークン経済圏を維持するために、適度なバーンが行われるなど、運営側がうまく市場をコントロールすることも非常に重要だと言えます。

STEPNのように、あまりにも過大な報酬が与えられ過ぎてしまって、経済圏が破壊されてしまうようなことは避けたいものですね。持続可能な経済圏を守ることができるとするなら、将来性は高いと言えるでしょう。

なお、こういったNFTゲームについては、早めに参入した人の方が利益が大きくなるので、興味がある場合は早めに開始しましょう。NFTマーケットプレイスもある国内の大手取引所のコインチェックでまずは口座開設しましょう。

SOLife の特徴は?詳しく解説

SOLifeの特徴について、詳しく解説します。

SleeFi独自トークン

SOLifeはSleeFiで採用されている、独自トークンのひとつです。

SOLifeはSleeFiのゲーム内で使えるトークンとなっていますので、ベッドNFTのレベルアップに使ったり、ミントなどに利用したりすることができます。

SleeFiにはもうひとつ、「SLGT」というガバナンストークンもあります。

SLGTはゲーム内の一部レベルアップやミントに使われる以外に、DAOの意思決定にも参加できます。

寝て稼げる

SOLifeはSleeFiのなかで稼げる仮想通貨のため、SleeFiをしっかりプレイすることが必要です。

SleeFiの最大の特徴は「Sleep to Earn」の言葉通り、寝て稼げるというところです。

毎日、ほぼすべての人は長いか短いかの違いはあれど、睡眠をとるはずです。

SOLifeはこの睡眠時間を利用するという特徴を活かして稼げます。

自分の設定した時間通りに睡眠をとるだけですので、難しいことは特になく、新しい収入源としてSOLifeを増やしていけます。

Web3関連で他に稼げるゲームは、運動したりゲームをプレイしたりと、稼ぐと同時に自分の時間を使う必要がありますが、睡眠は毎日のライフスタイルに組み込まれていますので、時間を犠牲にする必要がありません。

DeFi機能

SleeFiにはDeFi(分散型金融)のステーキングという、仮想通貨を預け入れる機能があり、預けると報酬として仮想通貨をさらに獲得することが可能です。

SOLifeはSleeFiで獲得できる独自トークンですので、SOLifeもステーキングすればどんどん増やしていけます。

長期保有で仮想通貨(暗号資産)を保有する場合には、ステーキングすることで、利息のように固定報酬を得られるので、ステーキングしない方が損だと言えるのです。ただし、短期売買目的に持つ場合は、チャートの動き次第ですぐに売却できるようにするため、ステーキングはしなくて良いでしょう。

ミントに使う

SleeFiにはベッドNFTのミント機能があります。

ミントは新しいNFTをつくって、発行することを指しており、ミントの言葉の語源は鋳造(Minting)からきています。

SOLifeをSleeFi内で使うと、異なるベッドNFTを掛け合わせることができ、新しいベッドNFTつくることが可能です。

ミント機能を使うと、親となるベッドをベースにして、新しいベッドがつくれますが、親となるベッドのレベルでミント回数が決まってきます。

ベッドはミントされた回数により、必要なSOLifeの量が変わります。

3回以上ミントすると、そのベッドは使用できなくなりますので、注意しましょう。

また、SOLifeを使うことでベッドのリサイクルもできますので、同レベルのベッドもしくはもっと上のベッドへの交換も可能です。

NFTの売買ができる

SOLifeを使ってSleeFiのゲーム内でさまざまなアイテムをNFTとして売買できます。

Lucky Boxは睡眠の計測が終わった後に獲得できるアイテムで、ベッドやSOLifeなどが出てくる予定です。

SOLifeはSleeFiのなかで入手できるチャンスが数多くありますので、初心者も楽しみながら稼ぎやすいといえます。

SOLife のまとめ

ここまでSOLifeとは何か、SOLifeの歴史、SOLifeの特徴について解説してきました。

SOLifeはこれから稼げる可能性を秘めています。

それというのも、SOLifeを稼ぐためにプレイする「SleeFi」がとても注目されており、β版、正式リリースとなっていくと参入者が急激に増えると予想できるからです。

ゲームで稼ぐことが当たり前となってきており、「○○ to Earn」がブームになっています。

2021年はゲームをプレイして稼げる「Play to Earn」がブームになり、その代表として「アクシーインフィニティ」をプレイする人が世界中で増えました。

2022年は「STEPN」に代表される運動して稼ぐ「Move to Earn」が大人気となっています。

Web3業界では楽しみながら「何かをして稼ぐ」というのが非常に人気です。

この流れに乗って、寝て稼ぐ「Sleep to Earn」の「SleeFi」も人気を集めることが期待できます。

人気が出れば当然、そこに流れてくる資金も多くなりますから、独自トークンのSLFTの相場も上がることでしょう。

気軽にできる

SleeFiは「寝る」という、何を始めるよりもハードルが低いことです。

どんなにおもしろいゲームでも、ハードルが高ければスタートラインに立つ前にあきらめがちですが、「寝る」ことは毎日だれもがおこなうライフサイクルのため、まったく難しくありません。

SleeFiの存在を知っていれば、「同じ寝るなら稼げた方が得」と考えて、ゲームを始める人は多くなることでしょう。

だれしも一度は考えたであろう「寝てる間にお金が増えればいいのに」を現実のものにする瞬間が、すぐそこまできているのです。

今がチャンス

どの分野にもいえることですが、始めるのが早ければ早いほど、大きなチャンスをつかみとれる可能性が高まります。

STEPNやアクシーインフィニティも人気が爆発した後はブームが落ち着いてしまいました。

ブームが過ぎれば当然、ゲーム内トークンも価格が落ちますから、ブーム絶頂のときに参入した人は大損するわけです。

ところが真っ先に参入した人はゲーム内トークンの価格が低く、ブームもきていませんから、小さなリスクで大きな利益を得られる可能性があるのです。

だからこそ、今のうちからSleeFiに注目し、SOLifeを稼ぐために準備しておきましょう。

自分の生活も見直す

寝て稼げるなら、寝てしまった方が絶対得です。

SleeFiが大きなブームになれば、SOLifeをたくさん稼げるチャンスが出てきます。

ただし、ただ稼ぐだけではないのもSleeFiの良いところです。

稼ぐことだけを目的にするのではなく、SleeFiをプレイする機会に、自分の生活リズムも見直してみましょう。

たくさん寝て健康になり、お金も入ってくる、まさに夢のようなゲーム「SleeFi」でSOLifeを思う存分、稼いでください。

コインチェック
この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
Crypto Guide(クリプトガイド)

おすすめ取引所の比較

取引所名 コインチェック DMMビットコイン ビットバンク BIT Point(ビットポイント) Huobi Japan
取引所画像
銘柄取扱数 18銘柄 6銘柄 14銘柄 14銘柄 22銘柄
販売所取引手数料 無料 無料 無料 無料 無料
取引所取引手数料 無料 Maker -0.02% Taker 0.12% 無料 Maker 0.012~0.150% Taker 0.036~0.150%
レバレッジ取引の有無 2倍 2倍 2倍
最低取引単位 500円相当額 販売所:0.0001 BTC
取引所:-
取引所:-
販売所:0.00000001 BTC
販売所:0.001 BTC
取引所:-
販売所:0.001 BTC
取引所:0.0001 BTC
運営開始日(日本国内) 2014年8月 2018年1月11日 2014年5月7日 2016年3月 2016年9月
公式サイト コインチェック
公式サイト
DMMビットコイン
公式サイト
ビットバンク
公式サイト
BIT Point(ビットポイント)
公式サイト
Huobi Japan
公式サイト
タイトルとURLをコピーしました