メイカー(MKR)とは?現在の価格から今後の価格予想、歴史や特徴を解説【リアルタイムチャートあり】

メイカーは、「DAI」というステーブルコインを発行する、プラットフォームプロジェクトのことです。ガバナンスの分散性が高い、ステーブルコインのプロジェクトのなかでも比較的珍しく、USDTやUSDCなどの知名度の高いステーブルコインとは違っています。メイカーとはどういうものか、現在価格や今後の価格の予想、歴史、特徴について詳しく解説します。

【MKR/USD】リアルタイムチャート

【MKR/USD】リアルタイムチャート

メイカーは、「DAI」というステーブルコインを発行や管理、レンディングのプラットフォームプロジェクトのことです。知名度も徐々に上がってきているので、仮想通貨としてのMKRの将来の価格に期待している投資家も多いでしょう。

ガバナンスの分散性が高い、ステーブルコインのプロジェクトのなかでも比較的珍しく、USDTやUSDCなどの知名度の高いステーブルコインとは違っていて、おもしろいアイディアが搭載されたコインと言えます。

メイカーとはどういうものか、現在価格や今後の価格の予想、歴史、特徴について詳しく解説します。

メイカー(MKR)とは?

メイカー(MKR)はステーブルコインである「DAI(ダイ)」の発行・管理、レンディングプラットフォームを提供するプロジェクトであることを既に述べましたが、まずはステーブルコインというものについて抑えましょう。

ステーブルコインとは、何かの資産を担保にその価値の安定性を保っている安全性の高い仮想通貨(暗号通貨)で、主なステーブルコインに「テザー」「Geminiコイン」「TrueUSD」「USDC」が有名で、海外取引所で仮想通貨売買する投資家でしたら、購入したことがあるのではないでしょうか。

ブロックチェーンは分散型であることが特徴ですが、ステーブルコインの場合は中央団体が存在することが普通です。

DAIとはアメリカドルにソフトペッグされている、分散型のステーブルコインです。1DAIは1USドルと等しくなるように設計されています。

DAIは中央発行者を排除した分散型のステーブルコインとなっており、だれでもDAIを発行することができます。

ステーブルコインを採用するユーザーはどんどん増加しており、DeFi(分散型ファイナンス)のムーブメント拡大を後押しする分散型アプリケーションの基礎となりました。

DAIを欲しいユーザーはメイカープロトコルの内部のVault(スマートコントラクト)に仮想通貨(暗号資産)であるETH等を担保をして提供する、DAIを生成して入手できます。これは斬新な仕組みであると言えます。

※担保とは、抵当権などに代表されるように、何かを取得する際に代わりに提供される保証のようなものです。

つまり、DAIの特徴は非中央集権的のステーブルコインであることと、担保提供された仮想通貨によって価値の裏付けが行われているということになります。

DAIの生成に使用される担保資産ごとに、「債務限度額」、「精算比率」と呼ばれる特定のリスクパラメーターが設定されています。

2020年3月の相場急変時は多くの担保資産が精算されました。しかしプロトコルに潜むリスクについて投資への説明が不十分だったとされ、それを理由にアメリカではメイカー財団を相手取って、投資家が集団訴訟を起こし、話題となりました。

メイカーは仕組みとリスクを十分理解した上で、メイカープロトコルを利用することが大切です。この仕組みを理解しないまま運用しようとすると経済的に大けがを被るリスクがあります。

DAIは1DAI=1ドルになるように調整され、価格が乱交下しないようになっています。DAIのチャートを見ると、ほとんど1ドル周辺の価格で取引されています。

生成されたDAIは他の人に送ったり、商品やサービスの購入時の決済などに使えたりします。

メイカートークンはプラットフォーム上のDAOを通してガバナンスで使用可能です。ガバナンス方式はメイカー保有者による決議が必要な、重要事項に関する決定で用いられる「ガバナンス投票」と、ガバナンス投票で決定した事項をシステムに反映するため、方法論に関する決定で用いられる「エグゼクティブ投票」があります。

メイカーはイーサリアムブロックチェーン上で発行されるERC-20規格の仮想通貨で、分散型アプリケーション「メイカープロトコル」において、ユーザーなどの参加者が投票するためのガバナンストークンです。

メイカー(MKR)は日本国内でも購入できます。日本国内ではじめてメイカーを取り扱った仮想通貨取引所(暗号資産取引所)は『bitbank』で、2022年1月25日に取り扱いを開始しました。

bitbank

続いて2022年2月16日には、日本の大手仮想通貨取引所『GMOコイン』でも仮想通貨メイカー(MKR)の取り扱いがスタートしています。

本日のメイカー(MKR)の時価総額や価格、市場占有率【2022年8月13日時点】

メイカーの最新の時価総額や価格、市場流通量などの情報は以下となります。

仮想通貨(暗号資産)名称 Maker
単位(ティッカーシンボル) MKR
価格(2022年8月13日時点 以下項目も同じ) 131,010.95円(1,075.943325ドル)
時価総額 128,080,374,134円
時価総額占有率(仮想通貨の総時価総額に占めるMKRの割合) 0.0913%
時価総額ランキング 51位
市場流通量(循環している供給量) 977,632MKR
MKRのHP オフィシャルHP
2022年8月13日現在

メイカー(MKR)の歴史と価格推移

これまでのメイカーの歴史について、詳しく解説します。

2018-2019年

メイカーは2017年8月の時点では、現在価格と比較して圧倒的に安い約27ドルの価値しかありませんでした。しかしそこから5ヶ月後の2018年1月15日、60倍以上の価格となる約1,700ドルへと価値が急上昇し、投資家達を驚かせました。

しかし残念ながら、その上昇は長くは続かず、維持することもありませんでした。

ビットコイン(BTC)などの主要な仮想通貨の価格につられて部分もありますが、メイカーの価格はそこから下降トレンドに入り、2019年末は約500ドル台と、約3分の1まで下落してしまいました。

2019-2020年

メイカーは2019年台にレンジ相場に突入しました。レンジ相場になった背景としてはメイカーの価格を左右するような話題も少なく、判断材料がなかったこと、レンジ相場は投資家にとってうまみが少なく、参入するメリットが小さかったことがあります。もちろん、スイングトレードで儲けることに成功した投資家はいるでしょうけれど。

この時期は300~800ドルで価格推移しており、2年間あまり大きく動くことはありませんでした。

2020-2021年

2021年1月から再び価格上昇が始まりまして、1月は約2,000ドル、2月は3,000ドル、4月は約5,000ドル、5月は約6,300ドルまで上昇しました。

ただし、そこからは下降トレンドに入ったため、5月に高値をつけてから価格は下がっていくことになりますが、再び爆発的に価格が上がることを期待して買い集めている投資家も存在するでしょう。

メイカー(MKR)の今後の価格の予想

メイカー(MKR)の今後の価格の予想をする場合には、メイカー自体の開発の進捗が1つの鍵となります。開発や企業提携に関しては着実に進められていると評価して良いでしょう。

又、世界中の多くの投資家が手に入れることが可能になり、有名な仮想通貨として認識されるために、仮想通貨取引所への上場が決まるタイミングで価格が上がると予想できます。

仮想通貨市場全体の影響も大きく受けるので、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)などの時価総額が高い仮想通貨の価格の上昇も重要であり、仮想通貨市場全体が大きな上昇トレンドに乗った場合には、MKRのチャートの価格は以前のように爆発的に伸びるのではないかとトレーダーが期待して、大きく価格が伸びることが予想できます。仮想通貨市場の盛り上がりだけでも過去最高価格の6,292USドルを超える可能性もあります。

MKRの価格は当然DAIへの需要にも左右されるわけですが、DAIが国際送金分野で広く使われるようになった場合や、多くの決済会社との提携で一般的に使われるようになった場合には、価格は見通しをすることが困難なほどに高くなるでしょう。この場合は1万ドル、2万ドルをゆうに超えるなど、多くの予想を超える価格に達するという声もあります。

今後の将来性が明るいと感じる方は、MKRを購入してみても良いのではないでしょうか。

もちろん、いくらまで価格が上がるか当てることは難しいですし、投資に絶対はないので、自己責任で、余裕資金の中からMKRへ投資してみてください。

メイカー(MKR)の特徴は?詳しく解説

メイカーは他の仮想通貨と違ってどのような特徴があるのか、詳しく解説します。

メイカープロトコル

メイカーは分散型アプリケーション「メイカープロトコル」において、ガバナンストークンとしての役割を担っています。

メイカープロトコルはイーサリアムブロックチェーンで最大のdappの一つとなっています。Maker Foundation内の開発者や外部パートナー、その他の個人や団体を含むさまざまなグループにより設定されたアプリケーションは、非常に優れたDeFi(分散型ファイナンス)のアプリケーションです。

プロトコルとは元々、IT業界で主に使用されている言葉です。意味は対象となる事項を確実に実行するため、手順を定めている規定と取り決めのことです。

仮想通貨におけるプロトコルはスマートコントラクトやDAOという自律して稼働するシステムが採用されるため、稼働する規定や取り決めといった意味で用いられます。

メイカープロトコルは、ガバナンストークン「MKR」を保有している世界中の人々よって管理されています。

メイカー保有者はメイカープロトコルの変更に関する提案が行われると、1MKRにつき1票を投票することができます。投票の対象となるのは、DAIの発行管理に関する方針の決定や新しい担保資産の追加、ガバナンスの改善などです。

この仕組みにより、メイカーは安定性と透明性、効率性を確保しています。

発行プログラム

メイカーはBurn&Mintトークンモデルの仮想通貨です。

Burn&Mintトークンモデルとは、発行済みの仮想通貨を償却(Burn)または追加発行(Mint)をおこなうことにより、発行量が増減する仕様のことを表しています。

メイカーの発行量はホワイトペーパーの仕様に則って増減します。仮想通貨には必ずホワイトペーパーが存在し、日本語では「白書」と呼んでいます。ホワイトペーパーは政府や省庁などが発行した報告書の呼び名として使われているので、きいたことがある人も多いでしょう。最近では仮想通貨の世界でもホワイトペーパーという言葉が使われるようになっており、仕組みや技術的な内容が書かれています。ホワイトペーパーを発行するのは、その仮想通貨を開発した人や発行した人、組織であることが基本です。

メイカーのホワイトペーパーでは、担保付き債務ポジションという、独自のスマートコントラクトを通じてイーサリアムを担保とすることにより、ステーブルコインシステムを使ってDAIを生成する方法を説明しています。イーサリアムを担保にいれる場合には、イーサリアム(ETH)の今後の価格の予想なども念のために行っておきましょう(イーサリアム価格は安定性が高いですが、念のため)。

さらにホワイトペーパーのなかでは、イーサリアムに加えて複数の担保資産タイプをサポートするためのシステムについても、アップグレードする計画が書かれています。

仮想通貨は償却によって発行枚数が減少する傾向があります。メイカーではMakerDAOプロジェクトに損失が発生した場合に、DAIを発行する際の担保資産が不足したら、追加発行がされ、プロジェクトの資本構成の修正がおこわれます。

分散型ガバナンス

メイカーは分散型のガバナンスを採用しています。そのため、他のステーブルコインプロジェクトと比べて分散性が高くなっています。

ステーブルコインのなかでもよく流通している代表格は「USDT(テザー)」です。USDTはTether Limited社が運営している「ペッグ通貨」です。ペッグ通貨とは別の通貨と連動させることを目的とした通貨で、USDTはアメリカのドルと連動しています。

USDTは流通量が非常に多い仮想通貨で、2022年8月時点では時価総額ランキング3位に位置しています。Tether Limited社が強力な権限を持っているため、中央集権的なガバナンスの仮想通貨であるといえます。

一方、DAIの管理主体はメイカーです。管理する財団は存在していますが、メイカーに関するさまざまな権限はあくまでメイカー保有者にあります。中央集権的だと一つの組織の発言権が強くなってしまいがちですが、分散型のガバナンスであるDAIについては、一つの組織で意見がかき消されるといった事態にはならず、平等に意見を集約してくれます。

シェア率が高い

メイカーが発行するDAIは、分散型のステーブルコインとしては高いシェア率を持っています。

DAIはステーブルコインランキングで5位となっており、分散性の高いステーブルコインとしては最も高い時価総額です。

その背景として、使い勝手の良さが挙げられます。

DAIは価値貯蔵の手段として優れており、実際、DAIは長い間、価値を大幅に下落させることなく維持できている資産です。

ステーブルコインとして優秀なDAIは、ボラティリティの高い市場においても、価値の貯蔵手段として機能できるように設計されています。

また、DAIはさまざまな取引でも使われるようになってきており、商品やサービスの販売や購入、交換で使われています。

ステーブルコインの特性として、発行された量によって流通量が変化するということがあります。ステーブルコインは時価総額が高いなら、一定の流通量を持っているといえます。

メイカー(MKR)のまとめ

ここまでメイカーとは何か、メイカーの歴史、特徴について説明しました。

メイカーは決済手段として非常に注目されており、実際にメイカーが発行するDAIが決済手段として利用されるシーンが増えています。

アメリカの大手仮想通貨取引所『Coinbase』はクレジットカードの国際ブランド『Visa』と提携しました。Visaとの提携により、利用者の口座残高にリンクしたデビットカードを提供しています。さらに利用者はCoinbaseが発行するVisaカードを利用することができ、DAIなどの仮想通貨で決済ができるようになりました。

メイカーは国際送金の分野でも注目されています。

DAIが他国間での送金をおこなう際に利用されることがあります。

従来の金融サービスの場合ですと、送金完了までに1週間前後の期間が必要となり、高額な手数料を支払い必要があります。

しかしDAIの場合、送金は最短で10分で完了し、手数料はイーサリアムブロックチェーン上で発生する取引手数料のGAS代のみと、とても利用しやすくなっていて、このようなメリットが広範に認められて送金分野でシェアを伸ばした場合には、将来の価格はかなり上がると予想されます。

ブロックチェーンのテクノロジーは、従来の中央集権的な金融システムに対して高まっている、世界中の人々の不満や不信に対するアンサーとして、かつてないほど充実してきています。

コンピュータのネットワークを利用して、ネットワーク全体でデータを共有するブロックチェーンのテクノロジーにより、透明性を保つことができます。それが結果として、公平かつ透明性のある非常に効率的なシステムを実現させて、世界の金融構造を変えようとしています。

仮想通貨は従来の金融サービスの常識を次々と打ち破ってきましたが、メイカーは他の仮想通貨と比べてもまだまだ伸びる可能性があります。

DAIの発行量は毎年増加傾向にあり、時価総額ランキングも上がってきていますが、それも将来性への市場の期待の大きさを示しているのではないでしょうか。

DAIは他の仮想通貨と比べて時価総額からみても伸びる余地が十分で、それだけにこれから参入するとしても決して遅くない、魅力的な仮想通貨です。引き続き注目していきましょう。

メイカー(MKR)を扱っている取引所

この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
Crypto Guide(クリプトガイド)
タイトルとURLをコピーしました