初心者におすすめの仮想通貨(暗号資産)の勉強方法

仮想通貨の基礎

この記事では、仮想通貨(暗号資産)のおすすめの勉強方法を初心者向けに解説します。

ビットコインなどの仮想通貨やブロックチェーンの性質、仮想通貨の関連用語、チャート等の見方、税金やNFTに関してなど、基礎的なところを少し勉強してから取引すると良いでしょう。

又、最初は少額で取引してみて、練習する中で学ぶことも大切です。

仮想通貨の勉強におすすめの書籍や動画についても紹介しますので、ご参考にしてください。

初心者が仮想通貨について勉強するメリットは、取引によるリスク回避ができること、チャートなどを読めるようになって収益性を上げられること、税金について知ることで滞納をするリスクを排除できること、経済等に詳しくなれることが挙げられるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)の取引をするうえで勉強すべきこと

まずは、初心者が勉強すべきことは何なのかをここで確認します。

やみくもに片っ端から調べて勉強するのではなく、基礎的で重要なポイントから学んでいくことが大切ですし、勉強の仕方としても効率的でしょう。

仮想通貨(暗号資産)とブロックチェーンの性質

仮想通貨(暗号資産)の取引を行うわけですから、最低限、仮想通貨やブロックチェーンの性質については勉強するべきです。

仮想通貨とは何なのかとか、ブロックチェーンが非中央集権的であることのメリットなどについては確実に抑えておきましょう。

こういった基礎的なところを知らずに、単純にビットコインが上がるかどうかなどに興味を持つだけでは、知識面でもったいないと思います。せっかく取引するのであれば、知識も手に入れていきましょう。

下記のリンク2つのページをご覧になると、仮想通貨とブロックチェーンの概要をご理解いただけます。

仮想通貨関連用語を覚える

仮想通貨(暗号資産)に関連する用語は徐々に覚えていきましょう。

暗号資産取引所のサイトなどには用語集のページが存在するので、知らない用語が出て来る都度、調べる癖をつけましょう。例えば、ビットコインに関する記事で半減期という言葉が出てきたら、その言葉をすぐに調べて、知識にしてしまいましょう。

用語をほとんど知らない状態でいると、仮想通貨関連のニュースを読んでもほとんど意味がわからなくなってしまいます。こういう状態ですと、投資判断もできなくなってしまうのでリスクがある状態だと言えます。

ローソク足やチャートを読めるようにする

取引をする上では、ローソク足やチャートパターンは勉強しておきましょう

最初にローソク足に関して学び、次に基礎的なチャートパターンを勉強することで、チャートが上昇するか下落するかなど、先を読む力が磨かれます。

RSIなどの指標もまずは簡単に意味を学ぶことで、取引に活かすことができます。

こういったテクニカル分析が全くできないと、買いのタイミング、売りのタイミングを見極めることができず、運任せの取引をすることになってしまいます。

下記の記事では、仮想通貨取引をする上でのローソク足やチャートパターン、RSIなど、初心者が覚えるべき基礎的な部分がひとつのページにまとまっているので、ご確認いただきたいところです。

仮想通貨の利益にかかる税金について勉強する

仮想通貨(暗号資産)について勉強する際に忘れてならないのは税金です。

個人の場合は所得税や住民税がかかり、法人の場合には法人税がかかります。

確定申告したときにいくらくらいの税金がかかるのか、含み益や含み損に課税はされるのか、納税のタイミングはいつになるのかといった点に関しては必ず学びましょう。

税金に関してしっかりと学ばないと、税金の滞納を起こしてしまい、経済的に困窮してしまう危険性があるので、勉強すべき事項の中でも優先度は非常に高いと言えます。

各々の仮想通貨銘柄の特徴を勉強する

各々の仮想通貨の銘柄についても調べていきましょう。様々な仮想通貨がありますが、そのコインが生まれた趣旨は異なり、どのように使われるべき仮想通貨なのかを知ることで、その将来性を見通すことができます。

何も知らずにただ人気が高いからという理由で売買をするべきではなく、その仮想通貨が実用的であるかどうかとか、開発がしっかりと続けられているかどうかとか、どんな企業と提携をしているのかなど、購入前にできる限りきちんと調べましょう。

なお、こちらのクリプトガイドのホームページでは、主要な銘柄の歴史や特徴、将来性や今後の価格予想に関しては掲載しておりますので、検索機能で調べて、その銘柄について勉強してみてください。

NFTについて勉強する

仮想通貨(暗号資産)とは別のものですが、切っても切れない関係にあるものとしてNFT(非代替性トークン)が挙げられます。

仮想通貨を購入して、その仮想通貨でNFTを買っている人も多くいます。

NFT関連銘柄と呼ばれるものもありますので、そういった銘柄を購入する場合には、NFTをある程度理解しているべきでしょう。

したがって、NFTに関しても、その性質や特徴などに関しては勉強するべきですし、NFTを売買した場合にかかる税金についても勉強するべきです。

メタバースについて勉強する

仮想空間であるメタバースについても勉強しましょう。

仮想通貨銘柄の中にはメタバース銘柄と呼ばれるものがあり、メタバースの空間でその仮想通貨を報酬として手に入れたり、その仮想通貨を使ってモノやサービスの売買をすることがあります。

したがって、メタバースに関して理解しないままにメタバース関連銘柄を購入しても、これもやはり運任せの投資となってしまうでしょう。

仮想通貨(暗号資産)の勉強方法

仮想通貨に関して勉強すべきことを確認したら、次はその具体的な勉強方法を確認しましょう。

いくつかの効果的な勉強の仕方をここで紹介いたします。

仮想通貨(暗号資産)専門のホームページで勉強する

仮想通貨(暗号資産)専門のホームページで不明点などを勉強するのはとても意味があります。このホームページ(クリプトガイド/Crypto Guide)も仮想通貨に特化したページですので、技術的な情報や銘柄ごとの将来予想の分析の情報などを掲載しています。

仮想通貨についてニュースなどを読む中で、不明点や不明な用語が出てきたら、検索をして調べて、不明点を失くしていきましょう。

今の時代は、インターネットで調べるというのが主流になっているので、仮想通貨の勉強方法としても最もポピュラーなものだと言えるでしょう。

書籍を読んで勉強する

書籍を購入してじっくりと勉強するのも良いでしょう。

特に仮想通貨のトレードであれば著名なトレーダーの書籍を読み、仮想通貨の税金について学びたいのであれば国家資格者である税理士が執筆したものを読むと良いでしょう。

書籍のメリットは、比較的細かいことや専門的なことまで書いてあるので、深く学ぶことができることでしょう。ただし、結構難しくて、初心者では読みにくいというケースもあります。あまり専門的過ぎず、初心者でも読みやすい文章で書いてあり、図解もある書籍を選択しましょう。

動画を見て勉強する

YouTubeなどの動画を視聴して勉強するのも良いでしょう。

音声で説明を受けることで、書籍と比較すると、内容が頭に入りやすいというメリットがあります。

活字だと読むのが苦になるという人もいるのですが、動画であると気軽に見ることができ、楽しんで学べるということもあるでしょう。

実際に少額で取引して練習して勉強する

仮想通貨については、実際の取引のやり方は経験しながら勉強することも大切です。

取引方法を調べながら実践することで、取引方法を効率的に学ぶことができます。

ただ、あくまでも勉強のための練習段階では、少額で取引するようにしてください。

大きな金額で間違って成行注文をしてしまうと大きく損することもありますので、少額で取引する中で、成行注文、指値注文、逆指値注文などについて勉強していくと良いでしょう。

レバレッジ取引を行う場合にも、最初は少額で練習して学ぶべきです。

ただし、初心者が最初に取引するときは、現物取引をするようにしましょう。

まずは、現物取引の売買手順を勉強するべきです。 コインチェックですと、板取引の手数料は無料ですし、チャートも見やすく分析しやすいので、おすすめの取引所だと言えるので、まずはこちらで口座開設しましょう。

おすすめの仮想通貨の書籍やサイト

ここでは、おすすめの書籍とサイトについて説明します。初心者の人は、まずはこれらを読んでみてはいかがでしょうか。

こちらのホームページのクリプトガイドでは仮想通貨回りの情報を載せていますが、このホームページでもわからないことがあれば、是非、書籍などもご覧ください。

仮想通貨(暗号資産)のおすすめの書籍

勉強になるおすすめの本として、最初に紹介するのは「最新 いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」という本です。

初心者の勉強におすすめの書籍「最新 いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」の画像
アマゾンの販売ページはこちら

基礎知識を初心者にもわかりやすく解説してくれています。既に仮想通貨の取引をしているけど、実はブロックチェーンなどの仕組みはよくわかっていないという人にもおすすめできます。なお、イーサリアムについても詳しく書かれているので勉強になります。

2冊目に紹介したい本は、「仮想通貨の税金の話」という書籍です。

初心者の勉強におすすめの書籍「仮想通貨の税金の話」の画像
アマゾンの販売ページはこちら

仮想通貨の稼ぎ方や、用語の解説について書かれたンターネットサイトや書籍は結構多くありますが、税金に関しては意外と情報が少ないのです。あったとしても、専門的過ぎて素人には理解が難しいものが多いと思います。 しかし、こちらの書籍は、税金に詳しくない人に対してもわかりやすく書かれているので、読めば勉強になるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)のおすすめサイト

仮想通貨(暗号資産)は急速に技術開発が進められていますし、仮想通貨に関連する各国の政策は常に変化しています。

各々の仮想通貨の銘柄の価格や時価総額も日々変化しています。

新たな稼ぎ方なども出てくるので、都度、そういった情報も掲載しています。

したがって、新鮮な情報を手に入れるには、今ご覧のクリプトガイド(Crypto Guide)のようなサイトをご利用ください。

例えば、仮想通貨の稼ぎ方にはどのようなものがあるのか勉強したいと思う方は、下記のページをご覧になると、今現在の主流な稼ぎ方が記載されています。

もしかすると、中には会社員の人がいて、会社で副業禁止となっているので、仮想通貨が副業に該当するかどうか不安という人もいるかもしれませんし、その場合は以下のページで、副業禁止規定に抵触するおそれがある取引などに関して学んでみてください。

又、税金に関して勉強するのであれば、2022年の国税庁の暗号資産に関する税務上の取り扱いは見ておきましょう。少々難しくはあるので、もっと簡単な表現で読みたいときは、ご覧のホームページの税金関連の記事をご覧ください。

おすすめできない仮想通貨の勉強方法(セミナーで勉強する場合は注意)

仮想通貨(暗号資産)の勉強方法の1つに、セミナーに参加して学ぶという方法もあります。参加費は有料のものの方が、きちんとした情報を得られると思います。

ただし、セミナーで勉強する場合には、商品やサービスの押し売りや、詐欺などには十分な注意をしてください。

セミナー料金を安くしたり、無料にしておいて、実際にはバックエンドの高額な商材を持っていて、それを強引に売りつけようとする悪徳業者もいるようです。

又、セミナーでおすすめの投資を紹介してきて、それが詐欺というケースもあります。

アービトラージで必ず儲かるといって資金を集めたポンジスキームという詐欺だったり、あり得ない元本保証をうたう架空の暗号資産投資商品を薦めてくる業者もいるようです。

初心者で、まだ仮想通貨(暗号資産)に関する勉強を始めたばかりで知識が少ない人に関しては、こういった悪徳業者を見破れない可能性があるので、個人的にはセミナーで勉強することは安易にはおすすめできないですね。

仮想通貨(暗号資産)の勉強方法のまとめ

このページでは、仮想通貨(暗号資産)の初心者の人にオススメの勉強の仕方を解説しました。

仮想通貨の性質や用語、チャート分析や税金など、勉強するべき内容に関してはご理解いただけたかと思います。

具体的な勉強方法として書籍やサイトを読んだり、動画を視聴する方法があることを解説しましたので、各々の方に合った方法を選択してください。

又、重要なことは、仮想通貨を取り巻く環境は日々変わるため、最初に勉強するだけではなく、その後も最新情報を調べ続けることです。

勉強をしながら、実践を積んでいくことも大切ですが、初心者の人を含め、取引手数料が無料の取引所がおすすめです。

取引所名 コインチェック DMMビットコイン ビットバンク BIT Point(ビットポイント) Huobi Japan
取引所画像
銘柄取扱数 18銘柄 6銘柄 14銘柄 14銘柄 22銘柄
販売所取引手数料 無料 無料 無料 無料 無料
取引所取引手数料 無料 Maker -0.02% Taker 0.12% 無料 Maker 0.012~0.150% Taker 0.036~0.150%
レバレッジ取引の有無 2倍 2倍 2倍
最低取引単位 500円相当額 販売所:0.0001 BTC
取引所:-
取引所:-
販売所:0.00000001 BTC
販売所:0.001 BTC
取引所:-
販売所:0.001 BTC
取引所:0.0001 BTC
運営開始日(日本国内) 2014年8月 2018年1月11日 2014年5月7日 2016年3月 2016年9月
公式サイト コインチェック
公式サイト
DMMビットコイン
公式サイト
ビットバンク
公式サイト
BIT Point(ビットポイント)
公式サイト
Huobi Japan
公式サイト
この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
仮想通貨の基礎
Crypto Guide(クリプトガイド)

おすすめ取引所の比較

取引所名 コインチェック DMMビットコイン ビットバンク BIT Point(ビットポイント) Huobi Japan
取引所画像
銘柄取扱数 18銘柄 6銘柄 14銘柄 14銘柄 22銘柄
販売所取引手数料 無料 無料 無料 無料 無料
取引所取引手数料 無料 Maker -0.02% Taker 0.12% 無料 Maker 0.012~0.150% Taker 0.036~0.150%
レバレッジ取引の有無 2倍 2倍 2倍
最低取引単位 500円相当額 販売所:0.0001 BTC
取引所:-
取引所:-
販売所:0.00000001 BTC
販売所:0.001 BTC
取引所:-
販売所:0.001 BTC
取引所:0.0001 BTC
運営開始日(日本国内) 2014年8月 2018年1月11日 2014年5月7日 2016年3月 2016年9月
公式サイト コインチェック
公式サイト
DMMビットコイン
公式サイト
ビットバンク
公式サイト
BIT Point(ビットポイント)
公式サイト
Huobi Japan
公式サイト
タイトルとURLをコピーしました