Pax doller(USDP)の特徴や将来性について解説【リアルタイムチャート有り】

  • URLをコピーしました!

【USDP/USD】リアルタイムチャート

Pax doller(USDP)はアメリカドルの相当額で取引されているステーブルコインです。1ドルの価値を保つように設計された仮想通貨(暗号資産)なのです。

Pax dollerの発行元はTether事件と同じことにならないよう、可能な限り透明性を確保しようと懸命な努力を続けています。

今回はステーブルコイン「Pax doller」について、特徴や将来性について詳しく解説していきます。

Pax dollerの安全性を確保するための担保の仕組みについても説明しています。

目次

Pax doller(USDP)とは?

Pax dollerは法定通貨担保型(フィアット担保型)のステーブルコインで、2018年に設立されました。

ステーブルコインは特定の安定した資産もしくはバスケットに対して、ステーブルコインの価格の値動きをできるだけ抑えるようにつくられている仮想通貨のことをいいます。

Pax dollerは価格リスクを軽減しつつ、ブロックチェーンベースでの資産取引をメリットとして提供している、フィアット担保型のステーブルコインです。USD Coin(USDC)というステーブルコインは日本人にも人気で、こちらも法定通貨担保型なのですが、Pax doller(USDP)についてはまだ知らないという日本人も多いのではないかと思いますが、USDPも将来性は評価されている今後人気が高まる可能性は高いでしょう。

Pax dollerはイーサリアムブロックチェーン上の「ERC-20」トークンで発行されており、Pax dollerが所有しているアメリカの銀行口座にあるUSDに対して、1:1が担保として設定されています。

Pax dollerの発行元である「Paxos社」は個人トレーダーや、より安全で変動の少ない仮想通貨市場へのエクスポージャーを求める機関投資家、企業顧客に向けて、完全に規制されたブロックチェーンエコシステムを構築しています。

Paxosはこの仕組みにより、Pax dollerを支える資産を取り巻く完全な透明性と安全性を提供し、市場エクスポージャーに関連するリスクを最小限に抑える役割を果たす、シームレスなグローバル決済システムにしていくことが目的です。

Pax dollerの目的はブロックチェーン技術でアメリカドルを安定させることにあり、Pax dollerはユーザーならだれでもアメリカドルをPax dollerに交換できます。

発行元のPaxos社はニューヨーク州の金融監督局から、仮想通貨の世界で規制の範囲内でのサービスを提供できる許可を得ています

Pax dollerそのものはPaxos社がアメリカの預託機関にもっている口座のアメリカドルに裏付けられているのです。Pax dollerはこれまで、摩擦が生じることがないグローバルネットワークを構築することを目指して、より大きな金融エコシステムを改善させるために動いています。

このような目的から、すべてのデジタル資産は高レベルな柔軟性かつアクセス性でよりすばやく移動可能です。

Pax dollerが目指す世界はデジタル資産とコモディティ、証券などがそれぞれ、いつでもどこでも送金できる未来となることです。

Pax dollerのビジョン

Pax dollerのチームはブロックチェーン技術が従来の金融を変える原動力となるだけでなく、金融の真価において重要な役割を果たすという未来を描いています。

Pax dollerは仮想通貨のなかでは比較的安定しているコインとしての利点を活かして、デジタルとリアルの両方の資産として、流動的で摩擦のないグローバルな交換システム構築を目指しています。

その目的が達成できれば、経済エコシステムの問題は排除し、パフォーマンスの向上にもつながっていくことでしょう。

Pax dollerの仕組み

Pax dollerはだれでもどこでも、従来の金融商品よりもはるかに高い可用性と柔軟性をもち、アメリカドルベースの資産を送受信できるように設計されています。

手数料に関しても、Paxosを利用してPax dollerを売買・取引する際はかなり低く抑えられています

Pax dollerを使うと国境を越える送金も瞬時におこなうことが可能です。

Pax dollerの発行元であるPaxos社はブロックチェーン技術の活用により、最小限のリスクで安定した分散型の価値資産を提供することで、世界の人たちが従来の金融の束縛から解き放たれることを支援しているのです。

取引か投資かの目的にかかわらず、アメリカドルをPax dollerに交換するためには、Paxosのアカウントにアメリカドルを入金しなければなりません。

入金後、Paxosはスマートコントラクトを使って入金額と同額のPax dollerを生成します。生成後のPax dollerは口座に送金され、保有できるようになっています。

Pax dollerをアメリカドルに交換する流れもこれと同じで非常に簡単です。違うところはPax dollerをアメリカドルに交換した後、Pax dollerはすぐにバーンされて市場から消える点です。

最低換金額は「100アメリカドル」で、他の多くの仮想通貨プラットフォームと違い、PaxosはPax dollerの換金と償還の際に手数料は徴収しません。

Pax dollerは規制された口座に安全に保管され、いつでもアメリカドルと「1:1」で交換できます。このページの上部のチャートを見ても分かるように、ほとんど1ドルと同じ金額となっていて、金額にぶれが生じないので、1:1の価値があると考えられ、交換が可能なのです。

投資先としての魅力

Pax doller(USDP)が提携している金融機関の画像
引用:USDPの公式HP

Pax dollerの発行元Paxosはバンクオブアメリカ、クレディスイス、ペイパル、マスターカードといった、伝統ある金融機関から支援され、提携関係にありますので、Paxosの取り組みは成果を上げているといってもいいでしょう。

今後はPax dollerがステーブルコインのなかでも主流となっていく可能性があります。将来性が高いステーブルコインだと考えられるのです。

アメリカドルとの連動という裏付けによる安全性と信頼、完全な透明性を提供するというPaxosの理念は、Pax dollerがステーブルコインとして多くの人たちにとって、ますます魅力的な投資手段になっていくと期待できます。

本日のPax doller(USDP)の時価総額や価格、市場占有率【2023年2月5日時点】

USDPの最新の時価総額や時価総額ランキング、価格、市場占有率(シェア)の情報は以下となります。

仮想通貨(暗号資産)名称 Pax Dollar
単位(ティッカーシンボル) USDP
価格(2023年2月5日時点 以下項目も同じ) 122.36円(1.004871ドル)
時価総額 107,439,694,298円
時価総額占有率(仮想通貨の総時価総額に占めるUSDPの割合) 0.081%
時価総額ランキング 56位
市場流通量(循環している供給量) 878,084,066USDP
2023年2月5日現在

Pax doller(USDP)の歴史

Pax dollerは2018年9月、ニューヨークの規制下にある金融機関「Paxos社」によって設立されました。

Paxos社は2012年、シーダーヒル・キャピタル・パートナーズ共同創業者の「チャールズ・カスカリラ」氏と主席アナリスト「リッチ・テオ」氏によって設立されました。

アメリカの元上院議員で上院財政委員会の「ビル・ブラッドリー」氏や元連邦預金保険公社(FDIC)」会長の「シーラ・ベア」氏など、さまざまな業界から豪華な役員を迎えています。

Paxos社はアメリカ市場に参入し、ニューヨーク州金融サービス当局から認可を受け2015年5月にUSDPコインの発売をスタートしました。

社名の「Paxos」はギリシャのパクソス島で広く使われている立法コンセンサスシステムに基づいています。

システム自体は古いものですが、このシステムはPaxos社創業のインスピレーションとなり、計算上の一貫性のある概念を用いています。

ニューヨーク州金融サービス局からデジタル資産の信託チャーターを確保し、その3年後、Paxos社はPax dollerを開発、ローンチしました。

Pax dollerはアメリカの預金取扱機関に保有されている口座のアメリカドルに裏打ちされています。そのアメリカドルがPax dollerの価値の担保だということです。

そのため、Pax dollerは他の仮想通貨と違って完全に規制されており、投資家はボラティリティなしに仮想通貨へのエクスポージャーを得ることができるのです。

PAX Goldトークン

また、PaxosはPax doller発行から1年後に「PAX Goldトークン」をローンチしています

PAX Goldトークンはニューヨーク州金融サービス局からの完全な承認を得て、実際の金と交換できる最初の仮想通貨となりました。

ブロックチェーン上で金をトークン化することにより、PAX Goldトークンはだれもが実際の金に投資し、決済リスクを最小限に抑えて金を取引することをとても容易にしています。

PAX GoldトークンはPax dollerと同様に、毎月監査を受けており、トークンの供給量と保管庫にある金の資産が一致していることを確認しています。

さらに、それぞれが保有している金には個別のシリアルナンバーが付与されており、トークンとそれを支える実際の金を追跡することが可能です。

経済状況が不安定なほど、金の価値は上がる傾向にあります。PaxosはPax dollerとPAX Goldトークンがあることで、自社の理念、目標により近づいていくことでしょう。

Pax doller(USDP)の特徴は?詳しく解説

Pax dollerにはどのような特徴があるのか、詳しく解説します。

セキュリティ

Pax dollerは市場に出回っている他の仮想通貨やステーブルコインよりも安全性がしっかりしています。

ブロックチェーン技術による資産移転の法的許可や追加の取引監視などにより、リスクなく迅速かつ安全に取引が実行可能です

PaxosはOpenZepellinのPausable contract moduleに従っており、イーサリアムスマートコントラクトのテスト済みのライブラリを使用することで、リスクを最小限に抑えられます

つまり、Paxosのプラットフォームはセキュリティの脅威がある場合、いつでもPax dollerの承認と転送を一時停止することができるのです。

Paxos Standard

Pax dollerはPaxos Standardのステーブルコインです。

Paxos Standardはイーサリアムブロックチェーン上で、イーサリアムやその他のERC-20アセットと同様の方法で取引できます。

ユーザーがPax dollerを換金する場合、Paxos Standardが管理しているアドレスへPax dollerを送ることにより、Paxos Standardがトークンを破棄し、ユーザーの銀行口座にはフィアット通貨が送金されます。

Paxos Standardのパブリックブロックチェーンを用いることで、投資家や仮想通貨取引所はフィアット通貨の代替としてPax dollerを使うことが可能ですので、銀行の要件をPaxos Standardにアウトソーシングできます。

このシステムによって、Paxos Standardはイーサリアムベースのアプリケーションと簡単に統合することが可能です。

また、Paxos Standardには規制されている信託が存在しており、Paxos Standardは資産、資金を法に則ったかたちで移転できます。

このように、Paxos Standardはパーミッションとブロックチェーン技術の組み合わせによってより速く、安全でリスクのない取引を可能にしているのです。

供給量

Pax dollerはアメリカドルの安定性とブロックチェーン技術の良い部分を組み合わせた、非常に効率的な仕組みでつくられています。

Pax dollerはいわば「デジタル版アメリカドル」であり、他の仮想通貨と同じく、いつでもどこでも移動させることが可能です。

アメリカドルと1:1であるという裏付けにより、Pax dollerは安定感抜群といえます。安全性の高さこそがステーブルコインには求められているので、Pax dollerの設計もやはり安全性が最重要視されています。

また、Pax dollerは資金が注意深く保護されており、監査や規制されていることが信頼につながっています。

Pax doller(USDP)を取り扱っている取引所

Pax doller(USDP)は、2022年の時点では、主に下記の取引所で取引されています。

・Binance
・Huobi Global
・Coinbase Exchange
・Bittrex

日本人が購入する場合は、日本でも人気が高いBinance(バイナンス)で購入するのが良いでしょう。日本語対応もしているので、バイナンスの口座開設は決して難しいものではなく、誰でも作成できるでしょう。

まず最初にコインチェックなどの日本の大手取引所で口座開設して、そこでビットコイン(BTC)を購入して、その後に開設したBinanceにビットコイン(BTC)を送金すると、すぐにPax doller(USDP)を購入することができます。買い方としては、決して難しいものではないですね。

送金するビットコインの買い方は非常に簡単ですので、下記のページで画像付きで説明しております。

Pax doller(USDP)のまとめ

これまで説明したきたとおり、Pax dollerはPaxos Standardのステーブルコインで安定性を目指しているため、有用性がありとても便利です。

しかし、ステーブルコインには数多くの競合が存在しており、世界でトップクラスの時価総額なのが「USDT」や「USDC」です。USDCはかなり安全性の高さが評価されていますが、USDTにはテザー疑惑なども出てはいるので、今後においてUSDPがUSDTのシェアの一部を奪っていくような展開もありうるでしょう。

ステーブルコインは今後ますます盛り上がっていくことが期待できますので、それがPax dollerの成長につながるものの、他のステーブルコインも同じように上昇していくでしょう。

Pax dollerの時価総額はステーブルコインのなかでも上位にランクインしており、これまで急成長を遂げていることから、さらに上位に食い込む可能性も考えられます。

Pax dollerが他と差をつけるためには、Pax dollerがもつ特徴を最大限に活かして、Pax dollerでなければならない理由を明確にしていかなければなりません。

アメリカドルとのステーブルコインとの交換が一通り終わると、ステーブルコインの需要が減る可能性もあります。とはいえ、リスクの低いPax dollerが安心できる投資先であることに変わりはなく、コンプライアンスもしっかりしているため、Pax dollerはアメリカドルのインフレ、経済の不確実性、仮想通貨のリスクに対する実行可能なヘッジとなることでしょう。

Pax dollerの今後の動向に要注目です。

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
目次