Green Satoshi Token(GST)の歴史や特徴、今後の価格の予想について詳しく解説【リアルタイムチャート】

今話題のMove to Earnのゲーム「STEPN」内で使える仮想通貨です。 今回はGreen Satoshi Token(GST)とは何か、GSTの歴史や特徴、今後の価格の予想について詳しく解説します。

【GST/USD】リアルタイムチャート

Green Satoshi Token(GST)は今話題のMove to Earnのゲーム「STEPN」内で使える仮想通貨です。

STEPNの盛り上がりに比例して、Green Satoshi Tokenの注目度も上がってきています。

今回はGreen Satoshi Token(GST)とは何か、GSTの歴史や特徴、今後の価格の予想について詳しく解説します。なお、GSTにはsGSTとbGSTの2つがあり、別物と考えた方が良いでしょう。

STEPNには現在、S国とB国という2つのステージが用意されていて、両者のGSTは価格が異なるのです。SPLANAチェーンをS国と言い、BNBチェーンで運用されるのがB国と呼ばれています。

みお
みお

STEPN関連銘柄のGSTは、2022年8月現在も暴落前の価格からは大分下がった位置にあります。徐々に相場は落ち着いてきましたし、反発も見せてますが、買うタイミングには注意しましょう。底を確認してから、安い金額で手に入れて、健康のため、収入のために買うのはとても良い選択だと思います。

Green Satoshi Token(GST)とは?

STEPNの画像

先述した通り、Green Satoshi TokenはMove to Earnのゲーム「STEPN」内で利用される仮想通貨です。

Green Satoshi TokenはGMTと同じく、STEPNのエコシステム内で使用します。

STEPNのエコシステムにはユーティリティトークンである「Green Satoshi Token」と、ガバナンストークンである「GMT」という2種類の仮想通貨が存在します。

GMTは2022年4月のアップデートでレベル上げが必要になり、ユーティリティトークンの機能を持つようになりました。

STEPNをはじめとする「Move to Earn」で稼ぎたいという人は、まずはコインチェックで口座を作成してビットコインなどを取得し、その後にSOLANAなどでNFTスニーカーを購入しましょう。

2022年5月に、LUNA・USTの暴落ショック及びSTEPNの中国撤退に伴ってGSTの価格は暴落しています。2022年9月現在も厳しい価格状況が続いていると言えるでしょう。

新規参入者の投資するお金よりも、既存の参加者の売り圧力が大きい状態が依然として続いているので価格の調整には注意は必要です。

しかし、これまでに稼げる金額が大きすぎたのが事実ですから、適正な価格に落ち着いて、健康を得ながらお小遣い稼ぎを楽しむという意味では、有用なコインではないかと思います。ただし、口座だけ先に作成してSTEPNを始められる準備をして、すぐに始めるのではなく、S国ならGST(SOLANAの)価格がたとえば50円に下がってから買うとか、下がらなくてもチャートで中期的なダブルボトムを確認してから始めるとか、きちんと基準を持ってから参加するべきでしょう。

STEPNのゲーム内容

みお
みお

歩くだけで換金価値のある仮想通貨をもらえるなんて、健康にも良いですし、一石二鳥で嬉しいですね。ゲーム内容も比較的シンプルなものとなっています。

Green Satoshi Tokenを獲得できるSTEPNについて詳しく説明します。

STEPNは運動するだけでGreen Satoshi Tokenを稼ぐことができるスマートフォンアプリです。

運営企業は2021年夏、オーストラリアで創業しました。

STEPNの登録者は全世界で100万人を突破し、1日あたりのアクティブユーザー数も20万人以上います。

歩いたり走ったりして運動することでGreen Satoshi TokenやGMTを獲得することができる仕組みです。

STEPNはNFTスニーカーを購入して、GPS機能を利用して現実世界で歩いたり走ったりすることで稼げます。

STEPNは稼ぐことを楽しみながら運動できるため、自然と運動習慣が身につくことになり、結果的に健康も手に入れられることから、人気が上がってきています。

ただし初期投資として、10万円前後のNFTスニーカーを買う必要があります。

STEPNのユーザーはやり方次第で10分間の運動で約25ドルが稼げたり、1日に4,500ドルを稼ぐユーザーも珍しくありません。

たとえば通勤で自宅から駅まで歩く道のりをSTEPNプレイの時間にしたり、休みの日は時間があるので長めに歩く、といった使い方ができます。

2022年9月現在のGreen Satoshi Tokenの相場だと、毎日コツコツ続ければNFTスニーカーの投資額は1ヶ月か2ヶ月で回収できますが、仮想通貨は価格の変動が激しいため、Green Satoshi Tokenが急落して回収時期が伸びる、という可能性もあります。

今後もGreen Satoshi Tokenの価格に要注目です。

STEPNは日本だけでなく、世界中で利用者が増え続けています。

特に中国国内でユーザー数が顕著に増えており、中国の人口は10億人以上いますから、今後かなりの多くのユーザーがSTEPNに参加してくることが予想されます。

STEPNの人気には、有名スポーツ関連企業も注目しています。大手スポーツメーカーのアシックスは4月、STEPNとのコラボを発表しました。内容はSTEPNのアプリ上でアシックス限定バージョンのスニーカーをリリースするというものです。アシックスはこの発表の際に「STEPNとの長期的なコラボを通じて、世界中の何百万人もの人々を健康にできると信じている」と話しています。

Green Satoshi Tokenはゲーム内で使用できる、STEPNを遊ぶ上で重要なコインです。

STEPNのユーザー数の増加でGreen Satoshi Tokenの需要が増えて、価格上昇を後押しすることでしょう。

STEPNのようなNFTゲームを行う人は、念のために下記の記事もご確認ください。STEPNが副業扱いになるかどうか、確認しておきましょう。基本的に、これを副業扱いにするケースは少ないですが、NFTゲームで懲戒を受けたというご相談はありましたので。

Green Satoshi Tokenの入手方法

Green Satoshi Tokenは日本国内の仮想通貨取引所で直接取り扱っていないため、海外の仮想通貨取引所経由する必要がありますが、海外の仮想通貨取引所に日本円を直接入金することはできません。

海外の仮想通貨取引所を利用する際はまず、コインチェックなどの国内の仮想通貨取引所で口座開設します。

コインチェック

口座開設できたら仮想通貨を購入していきますが、特にこだわりがなければビットコインを購入しておけば間違いないでしょう。

送金先が必要なため、Bybitなどの海外の仮想通貨取引所にも口座開設します。

購入した仮想通貨は口座開設した海外の仮想通貨取引所へ送金します。

送金した仮想通貨でUSDTに交換しましょう。USDTはドルの価格に連動した仮想通貨です。

USDTは常に1USDT=1ドルが担保されていますので、ビットコインなどの仮想通貨のように価格が上下しないという特徴があります。ドルに連動した仮想通貨はUSDT以外にもUSDC、BUSD、USTなどたくさんあり、これらはステーブルコインと呼ばれています。USDTに交換できたら、Green Satoshi Tokenを購入するという手順になります。

STEPNは人気が広がり続けており、現在は初心者でも1日3,000円程度は稼げるようになっています。

しかし、参加者が増えることで、稼げる状況が続くかどうかわかりませんので、少しでも興味が出たら早めに行動に移した方がよいでしょう。

本日のGreen Satoshi Token(GST)の時価総額や価格、市場占有率【2022年9月24日時点】

Green Satoshi Tokenの最新の時価総額や価格、市場流通量などの情報は以下となります。GSTにはsGST(GST-SOL)とbGST(GST-BSC)がありますが、ここではsGST(GST-SOL)について表示しております。

仮想通貨(暗号資産)名称 Green Satoshi Token (SOL)
単位(ティッカーシンボル) GST
価格(2022年9月24日時点 以下項目も同じ) 3.55865678円(0.029226ドル)
時価総額 1,984,629,822円
時価総額占有率(仮想通貨の総時価総額に占めるGSTの割合) 0.0%
時価総額ランキング 636位
上場以来の最高価額(ATH) 9.03ドル
市場流通量(循環している供給量) 557,690,710GST
GSTのHP オフィシャルHP
GSTの公式Twitter Twitter
2022年9月24日現在

Green Satoshi Token(GST)の歴史

これまでのGreen Satoshi Tokenの歴史について、詳しく解説します。

複数の取引所に上場

2022年3月上旬、Green Satoshi Tokenは複数の中央集権的な仮想通貨取引所に上場しました。

MEXC GlobalやHuobi Global、DigFinexなどです。

特にMEXC GlobalとHuobi Globalは仮想通貨取引所の時価総額ランキングでトップ10圏内に位置しています。

世界的にも知名度のある、大きな仮想通貨取引所に上場したことで、Green Satoshi TokenやSTEPNの知名度が広がりました。

Green Satoshi Tokenの価格も上昇し、3ドル台前半から3ドル台後半になりました。

BSC対応

Green Satoshi Tokenは2022年3月28日、STEPNは公式Twitter内で予告しました。

内容はBSCへの対応です。BSCとは「バイナンススマートチェーン」のことで、イーサリアムを筆頭にソラナブロックチェーンやアバランチブロックチェーンなどと同様に、2021年上半期に大きく注目されました。

バイナンスの名前がついているとおり、世界最大の大手仮想通貨取引所バイナンスが独自で開発を手がけているブロックチェーンネットワークです。

世界中に多くのユーザーを抱えた仮想通貨取引所が手がけるネットワークとのコラボレーションの予告は、Green Satoshi TokenやSTEPNに対する期待を一気に高めました。

GST(SOL)の価格にもはっきり表れ、価格は3ドル台中盤から4ドル台後半まで高騰しました。

ただし、当のGST(BSC)は上場後の2022年5月に1度は暴騰してから、大暴落をしてしまい、その暴落はGST(SOL)やGMTを巻き込んでの暴落となりました。

みお
みお

2022年5月の暴落で、含み益がなくなるどころか、反対に大きな損失を抱えた人もいるはずね。仮想通貨の世界の暴落率は大きくなることも多いので、絶対に個人や金融機関から借金をして投資するようなことはしないようにしましょう。

ファンドの投資

Green Satoshi Tokenは2022年4月6日、バイナンスを手がける投資ファンド「Binance Labs Fund」がSTEPN運営会社「FindSatoshiLab」に投資することを、公式Twitter内で発表しました。

Binance Labs Fundは投資額を明らかにしていません。

バイナンスという世界最大の仮想通貨取引所が運営するファンドの投資は、STEPNの今後の拡大の確実性を上げました。投資ファンドは儲けが出ないところ、将来性がないところには見向きもしませんから、Green Satoshi Tokenの信頼度を大きく上げたといえます。

価格もこのニュースに敏感に反応し、4ドル台前半から6ドル台中盤まで価格が高騰しました。

投資家の期待がいかに大きいか、よくうかがえます。

コインベースに上場

2022年4月下旬、アメリカの大手仮想通貨取引所コインベースでGreen Satoshi TokenとGMTが上場することがわかりました。

コインベースが提供している個人トレーダー向けプラットフォーム「コインベース・エクスチェンジ」でもGreen Satoshi TokenとGMTの取り扱いが開始されます。

取引ペアはGMT-USD、GMT-USDT、GST-USD、GST-USDTになる予定です。

Green Satoshi Tokenは新規銘柄や市場取引量が比較的少ない銘柄「Experimental label」の対象通貨です。ただし、市場で取引量が増えた場合は削除されます。

みお
みお

STEPN関連銘柄のGMTも調べておきましょう。GMTも2022年の5月から6月にかけて下落しましたが、GSTほどではないですね。

その分、支えが外れた時の暴落率は大きいかもしれないので、もしも価格が安くなったら私は買うわ。すぐ買えるように、口座開設はコインチェックなどで先に行っておきましょう。

FTXが先物取扱開始

2022年5月2日、仮想通貨デリバティブ取引所のFTXがGreen Satoshi Tokenの現物および先物の取引提供開始することを発表しました。

現物の取引ペアはGST-USDで、先物はDEX(分散型取引所)パーペチュアルプロトコルを動かすためのトークン「PERP」との取引ペアとなります。

Green Satoshi Token(GST)の特徴は?詳しく解説

Green Satoshi Tokenにはどのような特徴があるのか、詳しく解説します。

STEPNのユーティリティトークン

Green Satoshi TokenはSTEPNをプレイする上で欠かせない、ユーティリティトークンです。

ユーティリティトークンとは何らかの機能や実用性を持ったトークンのことで、特定のサービスにアクセスする権利があります。

STEPNで歩いたり走ったり、所持しているスニーカーの種類や数量、速度、移動時間に応じた量のGreen Satoshi Tokenを獲得できる仕組みをMint(獲得)といいます。

また、Green Satoshi TokenがBurn(焼却)される操作として、スニーカーの修理やスニーカーのソケットの解除、ミステリーボックス開封時間の短縮、スニーカーのレベルアップ、待機時間短縮、複数のスニーカーを合成して新たなスニーカーを生み出すMint、Gamアップグレードなどがあります。

Green Satoshi Tokenは機能が多く、STEPNを楽しむために欠かせないトークンです。

発行上限なし

Green Satoshi Tokenは発行上限が無制限となっています。

ただし、現在は運営側が発行枚数を1,000万枚までにコントロールしています。

運営側の流通枚数の制限とSTEPNのユーザー増加により、Green Satoshi Tokenの需要は高止まりしている状態です。そのため、Green Satoshi Tokenの価格は上昇傾向にあります。

STEPNで獲得、使用できるもうひとつのトークンであるGMTについては、60億枚までと発行上限が決まっていますので、GMTもGreen Satoshi Tokenと同じく、STEPNのユーザー数が増えるのと比例して、価格が上昇していくことが予想されます。

マルチチェーン

Green Satoshi Tokenは複数のブロックチェーンに対応している「マルチチェーン」としての機能を持っています。

イーサリアムのスケーラビリティ問題でガス代が高騰したため、2021年はイーサリアム以外のブロックチェーンに資金やユーザーが流れた1年となりました。これはマルチチェーン化といわれ、2021年を象徴するトレンドです。

マルチチェーン化でBSCやAvalanche、Solana、Terraなどのブロックチェーンが知名度を高めました。その背景には、イーサリアムと比べて処理能力が高く、ガス代が低いことがあります。

Green Satoshi TokenはSTEPNのローンチ当初、Solanaブロックチェーンにのみ対応していましたが、2022年4月下旬のアップデートにより、BSC(バイナンススマートチェーン)にも対応しています。

複数のブロックチェーンに対応することで、Green Satoshi Tokenの流動性が上がりますので、Green Satoshi Tokenの価値はさらに高まっていくことでしょう。

STEPNは稼いだGreen Satoshi Tokenを日本円に換金する場合は、海外の仮想通貨取引所を通すか、日本国内の仮想通貨取引所を利用する方法があります。日本国内の取引所としては、有名どころでアプリも使いやすいコインチェックはおすすめできます。

GSTの今後の価格の予想

STEPNにはS国とB国があり、それぞれのsGST(GST-SOL)とbGST(GST-BSC)の価格は異なりますが、ある程度は連動して価格変動すると予想をすることができます。しかし、両者の価格の予想をする上での要素は似たところになるでしょう。

以下のようなところに着目する必要があります。

  • S国とB国の各々のステージでの新規ユーザー数の増加がそのままGSTの価格の上昇につながる
  • 暗号資産市場全体への投資家の増加による上昇トレンドはGST価格の上昇につながる
  • STEPNと大手スポーツブランドとのパートナーシップがどの国のGSTの価格にもプラスの影響をもたらす
  • 新しい暗号資産取引所への上場もまた価格の上昇をもたらす

「GST-SOL」の過去最高価額(ATH)は8.51ドル、「GST-BSC」の過去最高価額(ATH)は45.31ドルとなっています。上記の条件の内、上の3つを満たすと、「GST-SOL」は8.51ドルを超えて10ドルを突破することも予想できますし、「GST-BSC」は45.31ドルを超えて50ドルを突破することを予想する投資家もいるでしょう。

そうなると、上にはチャート上の抵抗線がないので、一段と高くなり、青天井の上昇を見せるかもしれません。

ただし、注意点としては、NFTスニーカーのレンタル制度が制限なく行われた場合にはユーザー数が増えすぎて、市場で短期的に売却する人が増加して価格が上がりにくくなることが予想されます。そうなった場合には、価格についてはそこまで高くはならず、現状の価格を維持したり、もっと低くなることも予想できます。実際にGSTは2022年5月をはじめとして暴落も経験している仮想通貨ですので、一度価格が落ちはじめると他のコイン以上に急落することも考えられます。

2022年9月以降も、価格のボラティリティの大きさには注意して取り組みたいですね。

なお、2022年8月15日には、STEPNはバージョン0.8.5へのアップデートが完了し、8月17日はSMT(マンスリーダウンホール)をしました。今後もアップデートを繰り返し、よりユーザーが使いやすいゲームとなり、人気が再び出てくれると、価格にプラスの影響が出るでしょう。

しかし、歩いて健康になりながら稼ぐという基本的な考え方に戻るのであれば、手に入れたい仮想通貨だと言えるでしょう。

Green Satoshi Token(GST)のまとめ

ここまでGreen Satoshi Tokenとは何か、Green Satoshi Tokenの歴史、Green Satoshi Tokenの特徴について詳しく解説してきました。

Green Satoshi TokenはSTEPN内で使用するトークンですから、Green Satoshi Tokenの今後の動向はSTEPN次第といえます。

Green Satoshi TokenはSTEPNの新規参加者の増加に影響を受けることになるでしょう。ユーザー数が増えることにより知名度が上がれば、価格が上がるとも考えられます。ただし、過度にユーザーが増えて、売り圧力が大きくなる可能性があることも頭には入れながら投資したいものです。

STEPNを新たにプレイする人が増えれば、Green Satoshi Tokenが求められるイベント利用者も増えます。

Green Satoshi Tokenが使われる場面が増えれば、Green Satoshi Tokenの需要と価値は上がっていくことでしょう。

STEPNはMove to Earnのゲームとして現実世界で歩いたり走ったりしてGreen Satoshi Tokenを稼ぐゲームですが、稼ぐためにはNFTスニーカーへの初期投資が必要になります。

スニーカーは1つ十数万円もしますので、だれでもすぐに出せる金額ではありません。スニーカーのなかには数百万円するものもありますが、価格が高額だからといってスニーカーの性能がいいとは限りません。

安い買い物ではありませんから、購入する際は慎重に検討しましょう。

スニーカーという高額な初期投資もあり、STEPNの新規参加者は急激には増えないことが予想されます。

ただ、STEPNはスニーカーのレンタルシステムを予定しています。

レンタルなら新規ユーザーの初期投資を抑えられますので、今よりも参加しやすくなるでしょう。

スニーカーのレンタルシステムとは、スニーカー所有者からスニーカーをレンタルし、レンタルした人が稼いだGreen Satoshi TokenやGMTをスニーカー保有者とレンタルした人で折半する仕組みです。

レンタルシステムによりSTEPNに参加する障壁が下がれば、多くのプレイヤーが参加でき、Green Satoshi Tokenの価値はさらに上がります。

Green Satoshi Tokenはこれからますます伸びていくことが期待できますので、今からしっかりチェックしていきましょう。

STEPNを始めてGSTを稼いだり、GSTを市場で購入したい場合には、コインチェックなどの日本国内の有名取引所の口座開設を行い、その後に海外口座でSOLANA(SOL)を購入してスニーカーを買ってGSTを稼いだり、又は海外取引所で直接GSTを購入すると良いでしょう。

コインチェック
この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
Crypto Guide(クリプトガイド)

おすすめ取引所の比較

取引所名 コインチェック DMMビットコイン ビットバンク BIT Point(ビットポイント) Huobi Japan
取引所画像
銘柄取扱数 18銘柄 6銘柄 14銘柄 14銘柄 22銘柄
販売所取引手数料 無料 無料 無料 無料 無料
取引所取引手数料 無料 Maker -0.02% Taker 0.12% 無料 Maker 0.012~0.150% Taker 0.036~0.150%
レバレッジ取引の有無 2倍 2倍 2倍
最低取引単位 500円相当額 販売所:0.0001 BTC
取引所:-
取引所:-
販売所:0.00000001 BTC
販売所:0.001 BTC
取引所:-
販売所:0.001 BTC
取引所:0.0001 BTC
運営開始日(日本国内) 2014年8月 2018年1月11日 2014年5月7日 2016年3月 2016年9月
公式サイト コインチェック
公式サイト
DMMビットコイン
公式サイト
ビットバンク
公式サイト
BIT Point(ビットポイント)
公式サイト
Huobi Japan
公式サイト
タイトルとURLをコピーしました