Binance USD(BUSD)の歴史や特徴について詳しく解説【リアルタイムチャート】

Binance USDはステーブルコインの一種です。Binance USDは、価格変動がないため、投資の対象ではない仮想通貨ですが、仮想通貨取引の利便性を高めるうえで、非常に重要な役割を担う信頼の高いステーブルコインのひとつです。安全性も高いコインと言えるでしょう。

【BUSD/USD】リアルタイムチャート

【BUSD/USD】リアルタイムチャート

Binance USD(BUSD)はステーブルコインの一種です。Binance USDは、価格変動がないため、投資の対象ではない仮想通貨(暗号資産)ですが、仮想通貨取引の利便性を高めるうえで、非常に重要な役割を担う信頼の高いステーブルコインのひとつです。詳しく解説していくので、適宜ご確認ください。

Binance USD(BUSD)とは?

Binance USDは世界最大の取引所であるバイナンスが発行にかかわるステーブルコインです。ステーブルコインとは、法定通貨や金などの比較的価格が安定している資産と同等の価値を持つように、何らかのアルゴリズムで運営されている仮想通貨です。Binance USDがステーブルコイン全体の中でどのような位置づけにあるのかを見ていきましょう。

ドルと価格が連動するドルペッグのステーブルコイン

ドルペッグとはドルと価格が連動するという意味で、基本的には1通貨辺り1ドルになるように設定されている仮想通貨です。1ドルと連動しているので価格が安定していることが特徴です。

価格変動がないため投資対象として扱われていない。

Binance USDは価格変動がないステーブルコインのため、投資対象としては扱われていません。ボラティリティの大きい仮想通貨運用をする際に、価格変動のリスク回避をしたり、他の仮想通貨と交換するための決済用通貨として利用されることが多いです。Binance USDの通貨としての単位はBUSDとなり、1BUSD当たり1ドルになるように設定されています。

このようなステーブルコインが無ければ、ビットコインなど仮想通貨で別の仮想通貨に交換したり、一時的に保管したりすることになりますが、その場合は価格変動のリスクを加味しなければならず、投資家が安心して仮想通貨取引をすることができません。存在することで圧倒的に利便性が高まります。

Binance USDのステーブルコインの中での位置づけ

Binance USDは、ステーブルコインの中では3番目に時価総額が大きな仮想通貨となります。

大手仮想通貨取引所であるバイナンスを中心に決済用仮想通貨として採用されています。一時的に資産を安定して保管しておきたいときにも、Binance USDで保管することが可能です。

また、DEX(分散型取引所)の「パンケーキスワップ」でも、ステーブルコインとして利用されており、今後DEX分野でシェアが高まることが予想されています。

法定通貨を担保にしている「法定通貨担保型」

ステーブルコインは価格を安定させるための仕組みの違いにより次の3つの種類に分類されます。

  1. 「法定通貨担保型」:ドルなどの法定通貨を担保にしている
  2. 「仮想通貨担保型」:仮想通貨を担保にしている
  3. 「無担保型」:担保がなく通貨供給量の調整で価格を安定させる 

Binance USDは、「法定通貨担保型」と呼ばれる分類に属するステーブルコインです。担保があるからこそ、安全性が高いと考えられています。

本日のBinance USD(BUSD)の時価総額や価格、市場占有率【2022年8月13日時点】

BUSDの最新の時価総額や価格の情報は以下となります。

仮想通貨(暗号資産)名称 Binance USD
単位(ティッカーシンボル) BUSD
価格(2022年8月13日時点 以下項目も同じ) 121.76118026円(0.999978ドル)
時価総額 2,147,225,759,993円
時価総額占有率(仮想通貨の総時価総額に占めるBUSDの割合) 1.5288%
時価総額ランキング 8位
上場以来の最高価額(ATH) 1.11ドル
市場流通量(循環している供給量) 17,634,731,821BUSD
2022年8月13日現在

Binance USDの歴史

2019年にBinance USDはリリースされ、現在に至るまで堅調に時価総額が大きくなっています。時系列でBinance USDの歴史を見ていきましょう。

Binance USDが大手仮想通貨取引所バイナンスでローンチ

2019年9月に、大手仮想通貨取引所バイナンスがデジタル資産の発行を行う「Paxos Trust Company」(以下Paxos社)と提携を結びました。この提携により、ニューヨーク州からの承認を受ける形で、法定通貨担保型のステーブルコインである「Binance USD 」が発行されることになりました。

Binance USDの時価総額が急成長、DeFiでの活用が狙いか

2020年9月にBinance USDは時価総額3億6300万ドルとなり、市場で3番目に大きいステーブルコインに成長しました。これは大手仮想通貨取引所バイナンスが分散型金融(DeFi)の分野の進出したことが要因となります。具体的には次のような動きがありました。

バイナンススマートチェーンのローンチ

バイナンスはDeFiへの活用を想定した「バイナンススマートチェーン」をローンチさせました。

バイナンススマートチェーンを使用すると、DeFiプロトコルをその上で実行できます。イーサリアムブロックチェーンよりも低いガス代で利用することが可能な上、プラットオームを通じてBNBをステーキングすることが可能です。

DeFiプロトコルCREAMがバイナンススマートチェーンを追加

DeFiプロトコルであるCREAM(Cream finance)は、バイナンスのスマートチェーンに移行することを発表しました。これによってCREAMは、手数料の安さで、他のDeFiとの差別化をすることができました。

バイナンスがローンチプールのプラットフォームを提供開始

バイナンスはLaunchpoolプラットフォームを発表しました。これによって、バイナンスユーザーがBinance USDのような資産をファーミングすることが可能になりました。

Paxos社が裏付け資産の内訳を公開

Binance USDを運営するPaxos社が、裏付け資産の内訳を2021年7月に公開しました。この時点で既に公開されているUSD CoinやTetherに続く形での発表でした

Paxos社は、Binance USDが、他のステーブルコインとの比較で、規制に準拠した信頼の高いステーブルコインであることを証明するためにUSDCとUSDTと比較をする形で裏付け資産について説明しました。

Binance USD の裏付け資産は96%が現金及び現金相当物で、残り4%が米国債ということでした。USDCが61%、USDTが2.9%であることを考えれば確かに信頼性が高いといえるのではないでしょうか。

すでに説明した通り、Binance USDは、米ドルを担保に発行されるステーブルコインですので、裏付け資産はかなり大事になってきます。

仮想通貨の時価総額順位で6位にランクイン

2022年8月時点でのBinance USDは、時価総額が急成長して179億ドル程度です。全体におけるBinance USDの時価総額の順位は第6位となっています。そのほかのステーブルコインも、Tetherが3位(時価総額680億ドル)、USD Coinが4位(時価総額550億ドル)となります。

ステーブルコインの時価総額が急成長していますが、これは仮想通貨全体が下落局面にあり、資産を価格変動から逃がすためにステーブルコインに資金が一時的に集まっている現象のためと推測されます。

Binance USD(BUSD)の特徴は?詳しく解説

Binance USD(BUSD)は、ステーブルコインの命でもある信用力が非常に高いです。そのような投資家の支持を集めた要因をいくつか解説していきます。安全性が高いからこそ、安心してBUSDで保有しておくことができ、その後に購入したい銘柄が出てきたときに、他の仮想通貨と交換できるのです。

バイナンスと関わりの深いステーブルコイン

既に触れたとおりBinance USDはバイナンスとPaxos社が協力して2019年に発行したステーブルコインとなります。

そのため、Binance USDはバイナンスと関わりが深いステーブルコインになっています。バイナンスは世界最大手の取引所で、そのシェアも圧倒的です。ステーブルコインは他の仮想通貨との交換用で利用されることも非常に多いため、バイナンスが後ろ盾にあることはかなり有利に働きます。

ほぼ100%準備金を米ドルで賄っている

バイナンスが発行するBinance USDは、ほぼ100%の準備金を米ドルで賄えています。すでに述べたとおりですが96%が現金または現金同等物ということになるので、USDCやUSDTと比較しても優れています。特にUSDTにはテザー疑惑があり、取り付け騒ぎが懸念されていますが、Binance USDであれば、このような心配は非常に小さいでしょう。

参考までに、他の主要ステーブルコインであるUSDCとUSDTの担保資産の内訳を次の通り紹介します。

USDCの裏付け資産の内訳

現金および現金同等物:61%

国外の銀行が発行するCD(Certificates of Deposit):13%

米国債:12%

コマーシャルペーパー:9%

社債:5%

地方債と米エージェンシー債:0.2%

USDTの裏付け資産の内訳

コマーシャルペーパー:65.39%

受託者向け預金:24.12%

現金:3.87%

リバース・レポ・ノート:3.6%

トレジャリー:2.94%

有担保貸付(関連会社への貸付はなし):12.55%

社債、ファンド、貴金属:9.96%

その他の投資(デジタルトークンを含む):1.64%

引用:USDC、USDT、ともにコインテレグラフより

バイナンススマートチェーンにおける基軸通貨

Binance USDはバイナンススマートチェーン上での基軸通貨のような位置づけにあります。様々な決済を行う際に、他のステーブルコインよりも優先的に利用されます。

例えば、DEX(分散型取引所)のパンケーキスワップはバイナンススマートチェーンで運用されています。これを利用する人は、Binance USDで送金する方がガス代を安く抑えることが可能となります。

バイナンススマートチェーン上のDEXをメインに利用しているのであれば、Binance USDは価格変動などからの回避資産として保有しておくべき仮想通貨です。

ニューヨーク州が認可している

Binance USDは既に述べたとおり、ニューヨーク州の金融サービス局(NYDFS)から認可を受けています。認可を受けているということは、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)によって、裏付け資産などの安全性を今後も監視されることになるため安心できます。

認可を受けた主な要因は、払戻しをできるだけの準備金があることです。ほぼ100%が米国ドルで担保できているというのは非常に優秀です。

ほぼ100%米ドルで担保できている要因は、大手仮想通貨取引所バイナンスの後ろ盾があることも大きいでしょう。USDTのTether社やUSDCのcircle社などステーブルコインが主要な事業である会社は、ステーブルコインのために集めた資金である程度の資産運用をする必要に迫られます。Binance USDの運営母体であるバイナンスは、取引所運営をはじめ様々な事業や資産を所有しているため、Binance USDのために集めた資金で資産運用をせずとも問題ありません。

時価総額はステーブルコインの中で第3位

Binance USDはステーブルコインの中で、TetherとUSD Coinに次いで時価総額が第3位となっています。ここまで大きく成長したのは、母体であるバイナンスの成長が大きく影響しています。

中央集権型取引所として圧倒的なシェアを誇るバイナンスですが、バイナンススマートチェーンをローンチしたことで、分散型金融の分野でも覇権を握る可能性があります。そうなれば、Binance USDのステーブルコインでのシェアは今後ますます高まっていくことでしょう。

Paxos社とバイナンスの提携により生まれた

Paxos社は法規制と上手に付き合いながら、ステーブルコインをリリースしてきた実績のある会社です。Binance USDにおける役割は、担保としての米国ドルのカストディアンとして管理や保管を担っています。このように実績のある会社のノウハウとバイナンスという強力な資金力を持つ団体の掛け合わせで、信用の高いステーブルコインとしての地位を築いています。

Binance USD(BUSD)のまとめ

Binance USDは、米国ドルに連動して価格が設定されているタイプのステーブルコインです。

USDTやUSDCと同じく発行母体企業が存在している点で、運営母体の揺らぎとともにカウントリーリスクが懸念されますが、大手仮想通貨取引所バイナンスの資金力とステーブルコイン発行会社のPaxos社のノウハウがかけ合わさっているという点でその心配は非常に小さいのではないかと思います。

今後バイナンスがサービス拡充をして、ユーザーがさらに拡大していけば、Binance USDはますます普及していくことが予想されています。

また、価格変動がないので、投資の対象ではありません。日本の取引所でお目にかかる日は暫くなさそうですが、今後バイナンスやバイナンススマートチェーン上で取引をする方は、知っておくと取引をするうえで利便性が圧倒的に高まりますので、本日紹介した内容は押さえておきましょう。

なお、BUSDの買い方としては、まずは日本国内の仮想通貨取引所(暗号資産取引所)の口座を開設して、そこからBinance口座に海外送金してから購入する必要があります。

この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
Crypto Guide(クリプトガイド)
タイトルとURLをコピーしました