AstroSwap(ASTRO)の特徴、将来性と今後の価格の予想【リアルタイムチャート】

AstroSwapとは何か、AstroSwapの歴史、AstroSwapの特徴、将来性と今後の価格の予想について詳しく説明します。国内取引所から海外取引所の送金してから買うことができる仮想通貨(暗号資産)です。

【ASTRO/USD】リアルタイムチャート

【ASTRO/USD】リアルタイムチャート

AstroSwap(ASTRO)はバイナンスのスマートチェーン(BEP20)プラットフォームで運用されている仮想通貨です。

今回はAstroSwapとは何か、AstroSwapの歴史、AstroSwapの特徴、将来性と今後の価格の予想について詳しく説明します。

日本国内でまだまだ人気とは言えない仮想通貨(暗号資産)ですが、将来性や将来価格に期待する人は、最後までご覧いただき、購入してみても良いのではないでしょうか。

AstroSwap(ASTRO)とは?

AstroSwap(ASTRO)のホームページの画像
引用:AstroSwapの公式ページ

AstroSwapは最も熱心なブロックチェーンコミュニティのひとつ「Cardanoエコシステム」のために設計されました。

AstroSwapは2022年1月28日にローンチした相互運用可能なDEXです。ローンチ前の1月20日にプレスリリースされましたが、このときすでにAstroSwapに期待する声が高まっていました。

AstroSwapは2021年9月にスマートコントラクトをメインネットとして導入していました。

その導入以来、NFTやdAppsなどのブロックチェーンを利用したエコシステムが大規模に発展しています。AstroSwapは2021年にローンチするはずでした。

当初、Velasで開始されたAstroSwapプラットフォームは、Cardanoにも拡大し、2021年に最も注目を集めたスマートコントラクトプラットフォーム「Solana」にもインフラを展開する予定で進められていました。

しかしKEVとCardanoにいくつか問題が確認されたことにより、2022年1月28日ローンチとなりました。

AstroSwapのプラットフォームでスワップが成立すると、取引手数料の100%をカバーする「VLXリワード」を受け取ることができます。このオプションはAstroSwapでの取引をより効率的にするために設計されました。

AstroSwapのラリーはAstroSwapが複数のブロックチェーンの次世代DeFiとしての地位を固めるため、実装した数々の独自機能をより加速させるためのものです。

AstroSwapのSolanaへの拡張が視野に入ったことで、AstroSwapチームは純供給量の大部分について、ステーキングプールリザーブに割り当てました。

これにより、すべてのステーキング商品において類を見ないAPYを簡単に維持することができます。

AstroSwapはイーサリアムやEVMと100%互換性がありますので、Web3セグメントのなかで最も人気のあるウォレット「Metamask」のユーザーを容易に取り込むことができます。

2022年8月現在のAstroSwapの総供給量は約100億ASTROで、循環供給量は約428,462,821ASTROです。

メインネットにおいて、AstroSwapは間違いなく注目度の高い仮想通貨です

最も重要なことは、投資家とDeFiコミュニティがテーブル上に提示された良いものを利用する準備ができていることです。

相互運用可能なDEXはDeFiに旋風を巻き起こし、世界中のユーザーに最高のレートで魅力的な取引機会を提供しようとしています。

DEXはWagyu Swapチームによって専門的に開発された技術から最大の利益を引き出すトレーダーが、起動プラットフォーム上でサポートされているトークンの高速かつ低料金のスワップを実現することを目指しています。

AstroSwapの割当

AstroSwapは様々なカテゴリーに割り当てられています。

AstroSwapの12%はチームに割り当てられており、45%はステーキングに割り当てられています。

AstroSwapの6%はアドバイザー、10%はプライベートセールに割り当てられています。

AstroSwapの残りの割り当ては10%が流動性のため、2%がADAPad、10%はエコシステム、4%はリザーブ、1%はAirdropです。

AstroSwapの購入先

AstroSwapは取り扱っているプラットフォームから購入することができます。

Gate.ioはトレーダーと投資先が様々な仮想通貨で取引できる、主要な取引および交換プラットフォームです。

Gate.ioでは安全でセキュリティに保護された、非常に透明性の高い取引を実現しています。

Pancakeswapはユーザーがバイナンスのスマートチェーンネットワーク上の多くの仮想通貨とスワップおよび交換するために使用できる、分散型取引所プラットフォームです。

Wagyu Swapはトレーダーや投資家が複数の仮想通貨で取引できる別の分散型取引所です。

このプラットフォームは高速EMVチェーンであるVelasプラットフォーム上に構築されています。

EMVはEuropay,MasterCard and Visaの略で、クレジットカードやデビットカード、プリペイドカードに埋め込まれたチップの使用によって、決済カード取引の安全性を高めることを指します。

チップカードは複製が極めて困難であり、暗号化、トークン化、その他の認証技術などのセキュリティ層と組み合わせると、EMVはカード決済の不正行為を大幅に減らせます。

AstroSwapの購入方法

AstroSwap(ASTRO)を購入するには、まず仮想通貨取引所(暗号資産取引所)に登録する必要があります。登録したら、資金を入金したコインを購入できるようになります。

1.最初に日本国内の取引所で口座開設をします。

2.次にその口座にお金を振り込みます。

3.その後に海外取引所で口座開設します。

4.国内取引所で送金用の仮想通貨を購入し、それを海外取引所に送金します。

5.そこで、AstroSwap(ASTRO)と交換することで、購入することができます。

ここまででAstroSwapの購入が完了です。AstroSwap(ASTRO)の将来価格が上がると予測する人は、こちらで説明した購入方法で手に入れてみてください。

なお、AstroSwap(ASTRO)は下記のような海外取引所で取り扱いがあります。

Gate.io

PancakeSwap

MEXC Global

WagyuSwap

日本国内の取引所としては、コインチェック(Coincheck)がおすすめできます。やはり、大手のマネックスグループが運営していることや、取り扱い銘柄が多いのと、NFTマーケットプレイスを有しているので汎用性が高いところが人気のポイントでしょう。

本日のAstroSwap(ASTRO)の時価総額や価格、市場占有率【2022年8月13日時点】

ASTROの最新の時価総額や価格の情報は以下となります。

仮想通貨(暗号資産)名称 AstroSwap
単位(ティッカーシンボル) ASTRO
価格(2022年8月13日時点 以下項目も同じ) 0.20979996円(0.001723ドル)
時価総額 89,891,485円
時価総額占有率(仮想通貨の総時価総額に占めるASTROの割合) 0.0%
時価総額ランキング 1602位
上場以来の最高価額(ATH) 0.524ドル
市場流通量(循環している供給量) 428,462,821ASTRO
2022年8月13日現在

AstroSwap(ASTRO)の歴史

AstroSwapがどのような歴史をたどってきたのか、詳しく解説します。

高騰

AstroSwapは2021年11月上旬に210倍もの高騰がありました。

AstroSwapがここまで高騰した要因として、AstroSwapが上場以来、ビットコインやイーサリアムを上回るパフォーマンスを発揮していることがあげられます。

ADApadで最初の分散型取引所提供(IDO)が完了した後、最初の数日間の取引で210倍も急騰しました。

IDOはDEXが実施する仮想通貨トークンの販売です。

流動性プールは仮想通貨トークン販売後の流動性を生み出すために、IDOで重要な役割を果たしています。

典型的なIDOでは、仮想通貨トークン発行イベントのとき、ユーザーは新しいトークンと引き換えに資金をロックできます。

高値維持

AstroSwapは2022年1月の仮想通貨市場全体が冷え込んでいるときでも、他の仮想通貨を上回る上昇基調を維持しています。

2022年1月の第1週の終わりにはAstroSwapは20%上昇し、仮想通貨市場全体としておよそ4%下降したなかにおいて、目立った急騰をみせました。

しかし、その後の価格は低迷しており、2022年8月現在は先月より価格を上げましたが、まだ他の銘柄同様に価格は調整局面にあり、再上昇をするのを待っている投資家が多いといったところでしょう。

AstroSwap(ASTRO)の特徴は?詳しく解説

AstroSwapにはどのような特徴があるのか、詳しく解説します。

相互運用性

AstroSwapには相互運用性があり、ユーザーは安価かつ瞬時にトークンを送信することができます。

仮想通貨取引所はMetaMaskを統合する予定ですが、MetaMaskは適応性があり、ブロックチェーンにとらわれることがありません。

バイナンス・スマートチェーン(BSC)やハーモニーなど、ほとんどのEVM互換ブロックチェーンにリンクできます。

MetaMaskは1,000万人以上のアクティブユーザーを抱える、世界最大のウォレットです。AstroSwapはCardano(ADA)とVelas(VLX)に対応しています。

CardanoとVelasはオンチェーンフィーの支払いに必要なベーストークンとなる予定です。

自動流動性ロックと抽選システムは2022年第1四半期にローンチを予定しています。

これらの機能はAstroSwapが高いスケーラビリティと、低料金を誇るVelasブロックチェーンからローンチしているからこそ、実現できるものです。

このネットワークは非常に速い取引処理速度を誇り、この分野では最速の部類に入ります。

特にBlueZillaの技術サポートにより、AstroSwapはVelasおよびWagyu Swapとの共生的パートナーシップを築いており、このDEXは傑出していますので、加速度的に成長していくことでしょう

BlueZillaはまだ初期段階にあるプロジェクト立ち上げのインキュベータです。

BlueZillaはこれまで、様々なIDOプラットフォームを立ち上げており、そのすべてで成功を収めています。

成功したプラットフォームとして、BSCPad、Tronpad、EHTPad、KCCPad、NFTLaunch、ADAPad、VelasPad、GameZoneなどがあります。

BlueZilla labsはまだ初期段階にあるブロックチェーンプロジェクトのインキュベーションとビジネスの加速を専門としています。

SpaceChainとの提携

AstroSwapをホストするVelasは、SpaceChainと提携し、SpaceXのFalcon9ロケットでライトノードを宇宙へ送り出しました。

VerasブロックチェーンはAIを搭載した分散型ブロックチェーンで、Velas NetworkはVelasPadやBitOrbitなど、多様な分散型アプリケーション(dApps)をホストしています。

VelasブロックチェーンはEthereum Virtual Machine(EVM)機能を追加したSolanaブロックチェーンコードベースを使用しています。

SpaceChainプロジェクトの目的は、ブロックチェーンのセキュリティをより強固なものとし、品質基準を高めることにあります。

AstroSwapはこのプロジェクトと同時に、フェラーリとも提携して、F1の巨大レーシングカーにブランドを大々的にプロモーションしました。

このプロモーションにより、AstroSwapのブランドの露出が大幅に増えて、AstroSwapエコシステム、AstroSwapの保有者にも恩恵をもたらすことでしょう。

Cardanoへのブランチアウト

AstroSwapが展開するVelasブロックチェーンの相互運用制を踏まえて、DEXは最先端のプロダクトを提供するために、Cardanoへのブランチアウト(拡張)を計画しています。

CardanoはProof of Stake(PoS)のブロックチェーンプラットフォームです。

PoSは多くの仮想通貨でも使われている技術で、先駆的な技術を組み合わせて、DEX、システム、社会でセキュリティと持続可能性を提供しています。

DEXはSwapzブリッジを仮想通貨取引所をレイヤー2として動作させることができるようになります。

Cardanoは世界的にみても最も革新的なブロックチェーンとしてその名を知られています。

Cardanoの提供するものにもかかわらず、当初、DEXと称されるものの立ち上げは混乱し、数時間におよぶ取引の遅延が特徴としてありました。

AstroSwapのローンチは、これらの問題を解決しています。

AstroSwap(ASTRO)の将来性と今後の価格の予想

ここでは、AstroSwap(ASTRO)の将来性と、今後の価格の予想を見ていきたいと思います。基本的には、技術面やサービス面の向上と、世界的な認知度の向上がカギを握っていると考えています。

将来性

AstroSwap(ASTRO)の高いスケーラビリティと低料金のVelasブロックチェーンから始まっていることから、将来性には期待して良いでしょう。

既に技術面では優れているのですが、まだまだ知名度が時価総額トップクラスの銘柄ほどはありません。フェラーリとの提携によるブランディング効果が大きかったように、今後も世界的な企業との提携が発表されていけば、加速度的に時価総額を大きくする可能性があります。

既に技術面では非常に高い評価を得ていると考えられるので、あとは一般の人に認知されることで、その性能に気が付いてもらえることができ、それはASTROの価格にもポジティブな影響をもたらすでしょう。

ASTROの今後の価格の予想

2022年8月現在までのASTROの過去最高価額(ATH)は0.524ドルとなります。

現在価格と比較して、こちらはかなり高い価額です。暴騰時の価格でもあるため、この価格まで戻すのは中々難しいですし、もしも戻るとしたら、投資家の利益はすさまじいものになるでしょう。

価格が割安であると捉える投資家もいます。まずは0.01ドルというところを目標としていくのかなと思います。そこを超えると、暴騰して、今後の価格がかなり高い水準までいく可能性も予想できます。

将来価格に期待する場合は、まずは国内のコインチェックなどで口座開設して、そこから送金して購入しましょう。

コインチェック

AstroSwap(ASTRO)のまとめ

ここまでAstroSwapとは何か、AstroSwapの歴史、AstroSwapの特徴について詳しく解説してきました。

AstroSwapが他の仮想通貨と違う理由は、AstroSwapが提供しようとしているものからすると、そのメインネットの立ち上げがDeFiを圧倒しているからです。

AstroSwapは活発なコミュニティをもち、BlueZillaによってサポートされています。

また、AstroSwapの開発者はオープンで、AMAを通じて常にコミュニティと関わっています。

AstroSwapの開発者はさらに、ユーザーがまたAstroSwapの報酬を獲得するための定期的なコンテストを開催しています。

これらのことから、AstroSwapは強力な買い手でもあり、保有者間で信頼が高まっていることがわかります。

AstroSwapはこれから少しずつ注目度が上がってくることでしょう。

今のところ、日本国内でAstroSwapの情報を追うことは難しいですが、海外から発信される情報を集めて、チャンスを逃さないよう、AstroSwapに注目していてください。

チャンスが来たら買えるように、コインチェックで先に口座作成をしておくと良いでしょう。他のビットフライヤーなどの取引所も良いですが、個人的には送金が簡単だったり、アプリが使いやすいと評判のコインチェックが良いかなとは感じています。

コインチェック
この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
Crypto Guide(クリプトガイド)
タイトルとURLをコピーしました