MyNeighborAlice(ALICE)の特徴や今後の予想【リアルタイムチャートあり】

ALICEのロゴ
  • URLをコピーしました!

【ALICE/USD】リアルタイムチャート

My Neighbor Alice(ALICE)はブロックチェーンベースのゲームで、メタバース銘柄と言えます。
ゲームとしても楽しめて、島を買ったりプレイヤーと交流できます。
ゲーム内のアイテムを売買することで利益を狙えます。MyNeighborAlice の特徴今後の価格の予想見通しに関して解説していきます。

みお
みお

数あるNFTゲームの中でも、MyNeighborAliceは、女性のファンを取り込みやすいと考えられていて、人気が爆発する可能性もありますね!

目次

My Neighbor Alice(ALICE)とは?

My Neighbor Alice(マイ・ネイバー・アリス)とはクロミアのブロックチェーン技術を活用したNFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)ゲームです。将来性が高いと言われている仮想通貨の1つでしょう。

ブロックチェーン技術がベースとなるNFTゲームはデータの改善やアイテムの盗難などの不正行為がいままでのオンラインゲームに比べてきわめて難しいシステムになり、プレイヤーは安心してゲームを楽しむことができます。

My Neighbor Aliceはプレイヤーがメタバース(仮想空間)のなかにある島の土地を購入してアイテムの収集をしたり、クエストをして報酬を得たり、他のプレイヤーとの交流を楽しむゲームです。プレイすることで稼げるゲームを持った仮想通貨は人気が出やすいですね。

My Neighbor Aliceの舞台はLummelunda archipelago(ルンメルンダ群島)と呼ばれる場所で6つの島で構成されています。

先祖代々下記の6つの島を管理してきた一族の現在の管理者がアリス。

・Snowflake Island(スノーフレーク島)
・Sandy Coast(サンディコースト)
・Nature’s Rest(ネイチャーズレスト)
・Medieval Plains(メディーバルプレインズ)
・Lummestad[The Town](ルメスタッド[町])
・Submerged Island’s(サブマージ諸島)

6つの島の土地がそれぞれ区画に分けられており、合計でおよそ100,000の区画が存在します。

プレイヤーは島の管理人であるアリスから直接土地を購入するか、もしくはゲーム内のマーケットプレースで販売されている土地を購入することが可能です。

またプレイヤーは農業、魚釣り、虫取りそして養蜂などのアクティビティを楽しむこともできます。

ゲームのイメージとしては「あつまれ どうぶつの森」に近い内容です。

実際にMy Neighbor Aliceの公式サイトでも「あつまれ どうぶつの森」に影響を受けていると記載があります。

会社員の人で会社で副業禁止規定がある人は、「仮想通貨やNFTへの投資は副業禁止規定に抵触する場合としない場合について触れた記事」についても絶対に確認してください。

My Neighbor Aliceでは土地やアイテムの購入、ミニゲームの報酬などで利用されるゲーム内通貨として「ALICE(アリス)」という仮想通貨を使用します。BJORN TOKENというゲーム内通貨もあります。

なお2022年11月の時点では日本国内の取引所でのALICEの取り扱いはありませんが、時価総額が大きくなってきた時点で国内取引所がALICEを取り扱う可能性は十分にあるでしょう。成長性の高い銘柄とも考えられているので、一発狙っている玄人も多いのではないでしょうか。

ALICEの取引にはBinance(バイナンス)などの海外取引所を利用する必要があります。したがって、ALICEの買い方としては、コインチェックなどの国内取引所で口座開設後にBinance口座を開設し、国内からBTCなどで送金後に板取引で購入することになります。コインチェックもバイナンスも口座開設は無料ですし、難しくないので、将来性に期待するのであれば今のうちに仕込んでおきたい銘柄です。

時価総額や価格

ALICEの時価総額は徐々に大きくなってきています。The Sandboxとコラボしたりもしていますし、NFTゲームが非常に人気になる可能性を秘めているので、早い段階から価格の高騰を予想して、ALICEに目を付けている投資家も多くいるでしょう。

バイナンス(Binance)に上場したことから、ロードマップがしっかりしていて、評価が高いと考えられます。今後注目のメタバース銘柄と言え、フルゲームのヒットで仮想通貨全体のランキングでも上位になるだろうと期待する人もいます。

こちらのページの上部のリアルタイムチャートの価格となってます。

みお
みお

私も早めにALICEは買い集めてますね。

本日のMyNeighborAlice(ALICE)の時価総額や価格、市場占有率【2022年11月30日時点】

仮想通貨ALICEの時価総額や価格などの最新の基本情報は以下の通りです。直近で仮想通貨市場全体の急落がありました。その後、2022年6月30日にアルファ版のシーズン1がリリースされることが発表され、ここから価格を徐々に上げていくのではないかという期待も大きくなっています。ユーザーが増加していくと、SANDのような値上がりを見せる可能性が大きいでしょう。

仮想通貨(暗号資産)名称 MyNeighborAlice
単位(ティッカーシンボル) ALICE
価格(2022年11月30日時点 以下項目も同じ) 150.16円(1.233209ドル)
時価総額 4,594,903,065円
時価総額占有率(仮想通貨の総時価総額に占めるALICEの割合) 0.0045%
時価総額ランキング 390位
上場以来の最高価額(ATH) 40.93USドル
市場流通量(循環している供給量) 30,600,000ALICE
ALICEのHP オフィシャルHP
2022年11月30日現在

My Neighbor Aliceの歴史

My Neighbor Aliceはスウェーデンのゲーム会社Antler Interactiveが開発しているゲームです。

2021年3月にゲーム内で使われる仮想通貨ALICEがリリースされました。2022年7月からアルファシーズン1をプレイすることができるようになりました。2022年8月以降にはシーズン2をプレイできるようになり、多くの申し込みがありました。

ただ、すでに一部の土地の先行販売やゲームで使用できる服や植物などのNFTアイテムの先行販売などがおこなわれていて、評価は高いです。ランドセールで土地(LAND)を早めに手に入れたいと考える投資家は多いでしょう。

ここではMy Neighbor Aliceに関連するこれまでおこなわれたイベントについて紹介していきます。

動物のNFTオークション

2021年2月22日に6種類255個の動物のNFTが購入できるオークションが開催されました。

愛くるしいデザインの6種類の動物たちはゲーム内でプレイヤーが収益を得る手伝いができるキャラクターでそれぞれ名前がついています。

  • 牛のBerta(ベルタ)
  • 羊のHelga(ヘルガ)
  • 犬のHarold(ハロルド)
  • 豚のMr.Royalty(ミスター・ロイヤリティ)
  • あひるのDr.Hilton(ドクター・ヒルトン)
  • ユニコーンのGertrude(ガートルード)

ゲーム内のクエストでもこれらの動物のNFTがもらえるチャンスはあるようです。

みお
みお

MyNeighborAliceの動物キャラクターはかわいくて、ファンがどんどん増えそうっ

土地の先行販売

2021年5月から9月にかけて3回、土地の先行販売がおこなわれています。2022年の第3四半期(Q3)にもランドセールが行われると告知されてましたが、実際に8月に行われました。Legendary LegendaryのLAND(土地)価格相場は1,300ALICE(約50万円)、Legendary goodの相場は440~480ALICE(約17万円~約18.5万円)、Exelent goodの相場は187~220ALICE(約7.2万円~8.5万円)となっており、goodに該当する土地(ランド/LAND)はより安くなっています。

全体の約0.03パーセントにあたる土地が3回に分けて売りに出され、すべて抽選方式での販売でした。

抽選に参加するには先に50ALICEを補償金として預ける必要があり、当選者は預けた50ALICEを使って土地を購入することが可能でした。

また落選した場合は補償金を次の販売までそのまま預けるか、引き戻すかを選択できました。

なお1回目の販売のみディスカウントがあり補償金および土地の価格が50ALICEではなく20ALICE(60パーセントオフ)での販売でした。

一回目の土地販売は2021年5月におこなわれ、927区画の土地が販売されました。

二回目は2021年7月に1,000区画、そして3回目は2021年9月に1,000区画が販売されました。

NFTアイテムの先行販売

服や動物などのNETが先行購入できるNFTセールは4回おこなわれています。

第一回は2021年7月30日に開催された「Midsummer NFT Sale」。

バイナンスのNFTマーケットで40,000個の「Mystery Basket(ミステリーバスケット)」が販売されました。

中身がわからないバスケットの中には化粧品やアバターが着用できるアイテムなどゲーム内で使えるNFTアイテムがランダムで1つ入っていました。

購入者の関心を集めたのは約0.15パーセントの確率で入っているとされた超レアな動物のNFTでした。

40,000個のバスケットが売り出されましたが、1分もかからずに完売するほどの人気でした。

「Fall Harvest Party」と名付けられた2回目のセールは2021年9月24日に開催されました。

50,000個の「Harvest Basket」が用意され、そのうちの47,500個が前回と同じくバイナンスのNFTマーケットで販売されました。

初回のセールではすぐに商品が売り切れ、多くの人が購入できなかったことをふまえて2,500個のHarvest Basketは販売されず、後日プレゼントとして配布される予定です。

また、このセールではひとり40個までの制限付きでの販売となりました。Harvest Basketも前回と同様に中身がわからないBasketを販売する形式でした。

ハロウィンをモチーフにした三回目のセール「Fright Night on Alice’s Farm」は2021年10月31日に開催されました。

4回のセールの中で一番多い70,000個が用意され、そのうち67,900個がバイナンスのマーケットで販売されました。

残り2,100個は前回同様、後日プレゼントとして配布される予定です。このセールではひとり45個までの制限つきでの販売となりました。

4回目のNFTセール「Winter Holiday in Snowflake Island」は2022年1月10日に開催されました。

50,000個が用意され、そのうち49,500個が販売されました。

残り500個は過去2回と同様に後日、プレゼントとして配布される予定です。このセールではひとり40個までの制限つきでの販売でした。

過去3回のセールでは開始すぐに完売したことにより多くのユーザーから不満が出たため、第4回のセールでは販売方法を抽選方式に変更して販売されました。

関連モバイルゲームとテスト版Pre Alpha

2022年にリリースされたMy Neighbor Aliceですが、より多くの人に興味を持ってもらうために My Neighbor AliceのNFTがもらえるモバイルゲームがリリースされ、その後に正式なアルファ版も無事にリリースされました。

現在は注目が集まり始めている初期段階と言えるでしょう。

Alice’s Mysterious Seed

2021年7月13日にMy Neighbor Aliceに連動するモバイルゲーム「Alice’s Mysterious Seed(アリスのミステリアスな種)」がリリースされました。

このゲームは購入した種(Seed/シード)を植えて実がなるまで世話をするミニゲームです。

種は1ALICEもしくは40CHR(CHROMIA:クロミア)で購入が可能。

プレイヤーが毎日、水をあげるとともに音楽を聞かせることにより種が発芽し植物が成長していきます。実際のゲームとしてはふたつのシンプルなコンテンツになっています。

水に関しては水滴が画面の上から落ちてくるのでバケツを操作して水を集めていくゲームです。

十分な水を集めることができると種に水をあげることができます。音楽に関してはいわゆる音ゲーのタイプです。

上から流れてくる音符に対してタイミングよく木琴のような楽器の4つある音階のうちのひとつをタップしていくことにより最終的に種に音楽を聞かせることができます。

14日間欠かさずミニゲームをすることにより、もらえるのがNFT化されたフルーツです。

もしプレイヤーがミニゲームを前回から36時間以内にプレイしない場合、成長途中の植物は枯れてしまい、種の状態にリセットされてしまいます。

ただ、リセットされた種を使ってもう一度育てることは可能です。

このゲームでもらえるフルーツはMy Neighbor Alice本編のゲームで使用することができます。

なお、今のところMy Neighbor Alice本編をスマホでプレイできるように対応する予定はないようです。

Pre-AlphaからAlphaへ

2021年8月31日から9月30日の期間でMy Neighbor Aliceの世界のほんの一部が体験できるテスト版「Pre-Alpha」が公開されました。

このテストゲームへの参加条件は仮想通貨ALICEを保有していることのみでした。

1ALICEを補償金として預けることで後日プレイができるシステムとなり、先行販売で土地を保有しているプレイヤーは1ALICEとともに土地も預けることにより優先的にプレイすることができました。

なお、預けたALICEや土地は後日返還される仕組みとなっていました。

プレイヤーは限られたエリアの中でアリスや他のキャラクターと会話したり、簡単なクエストを体験できるイベントでした。

「Pre-Alpha」の目的は運営側がシステムに問題がないかをテストし、プレイヤーからフィードバックをもらうためのものでした。

その後、アルファ版が2022年にリリースされ、ここで更に多くのユーザーが増えるのではないかと期待されています。プレイヤーからの評価も徐々に出てきてますが、楽しむことのできるゲームとなっているようです。

My Neighbor Aliceの特徴は?詳しく解説

My Neighbor Aliceは18歳-39歳を中心としたゲームを楽しむ18歳以上の男女をターゲットにしています。

既存の多くのゲームが男性をメインターゲットに作られているのに対してMy Neighbor Aliceはあつまれ どうぶつの森と同じく、女性のプレイヤーをより意識したコンテンツです。

運営側はMy Neighbor Aliceをプレイする6割が女性、4割が男性になると想定しています。

そんなMy Neighbor Aliceの特徴についてここから詳しく解説していきます。

みお
みお

NFTゲームというと、ほとんど男性がプレイするイメージだったけど、6割が女性ということは、初めてNFTゲームをプレイする層を一気に取り込もうとしてるのかもっ

いろいろな方法で稼ぐことができる

My Neighbor Aliceでは複数の稼ぐ方法が用意されています。Play to earnやステーキング、土地の活用やNFT売買など様々です。もちろん仮想通貨ALICEそのものの価格が上がっても儲かるのです。

土地を売ることで利益を得ることができますが自分の土地で作物を育て、他のプレイヤーに売ることも可能です。

もし、水やりなど作物を育てる作業がめんどうなら他のプレイヤーに土地を貸し、レンタル料をもらうこともできます。動物もゲーム内での収益化に重要な役割を果たします。

ゲームの中で動物は材料をもとに新しいものを作り出す能力があり、その能力は動物によってさまざまです。動物によってはより珍しいものを作り出せる種類もいます。

例えば、所有する土地でプレイヤーが綿を栽培し収穫したら、綿から糸を作り出す能力がある動物がいたり、その糸を生地にできる動物がいたり、そして特別な動物はその生地に色を付ける能力があったりします。

いくつかの動物の力を借りてできた生地をゲーム内のマーケットで売ることもできますし、その生地を使ってオリジナルの服を作ることも可能です。

もし土地や動物を持っていない場合は土地や動物を持っている他のプレイヤーから依頼される仕事をして報酬を得ることができます。

他のプレイヤーの作物に水をあげたり、動物にエサをあげたりすることで報酬を得ることができます。

また土地だけではなく動物など他のNFTも売ったり貸し出したりすることが可能です。

貸し出したNFTは「スマートコントラクト」と呼ばれる機能によって借り手がNFTを転売することや破壊することができない仕組みになっています。

またレンタル期間が終了すればすぐに所有者のもとに返還される仕組みにもなっています。

ステーキングを行うことも可能でステーキング報酬(Staking Rewards)まで獲得できるので、稼げる方法が多岐に渡っていると言えるでしょう。

ALICEのトークンの機能性を示した図
引用:ALICE公式ページ
みお
みお

NFTゲームを楽しむだけでなく、多様な稼ぎ方があるのもALICEの特徴ですねっ

アイテムを使ってアバターを自分好みに変更できる

My Neighbor Aliceでは0からアバターを作成するのではなく、何種類かの既存のアバターの中から自分の好きなものを選びゲームをスタートします。

プレイヤーは服などのアイテムを手に入れてアバターを好きなように変更して楽しむことが可能です。

スタート時にはある程度の割合で他のプレイヤーと同じアバターになることが想定され、それがアイテムを購入して自分のアバターのオリジナリティーを出す動機づけになっています。

服の着せ替えや化粧品などのアイテムは女性がよりゲームに入り込みやすい要素のひとつです。

他のプレイヤーと交流することができる

公式サイトによるとゲームの究極の目的は「誰もが遊び、友人を見つけ、共に働くことができる、もうひとつの美しい世界を作ること」です。

この目標を達成する手段として、仮想空間であるメタバースの中で他のプレイヤーと交流ができるチャット機能や他のプレイヤーと競争するゲームだけではなく、同じゴールに向かって協力してプレイするクエストなどが用意されています。

ALICE(アリス)の将来性や今後の価格の予想

ALICEの将来性は、ゲームの普及がカギを握っています。アルファシーズン1やその次のバージョンが人気となると、評判が広がるので一気に知名度が高まると共に、今後の価格が上がることが予想されます。コインベースへの上場も視野に入れて開発されていて、実際に上場となった銘柄ですし、今後に日本の取引所にも上場して欲しいですね。

主要なメタバース銘柄と認識され、又、仮想通貨市場の拡大と共にメタバース銘柄の人気も高くなって、時価総額が数千億円~1兆円超に達するようなことがあると、現在の数十倍の価格になるでしょう。そうなると今後の価格は日本円にして10,000円から数万円に達してくる可能性もあるでしょう。

これまでのチャートの価格推移を見る限り上昇するときは急激に伸びるので、事前のかかくが割安の段階で仕込んでおり、NFTゲーム関連の公式発表等で価格が急騰するのを待つのも、ALICEへの良い投資戦略でしょう。

近いうちに、アクシーインフィニティのように人気が爆発して伸びることを予測して購入している人もいるでしょう。

こういった知名度がまだ高くない銘柄を買うメリットは、世間で認識されて相場が高騰した際に仮想通貨を売却することで利益を享受することです。又、先行して土地や他のNFTを購入することで、NFTの値上がりによる利益も得られるのです。コインとしてのALICEも土地(土地)も価格が割安の時点で手に入れておいた方が、今後価格が伸びた後の利益の期待度が上がるでしょう。

なお、アメリカのパウエル議長が2022年8月26日に利益の継続に言及してALICEをはじめとする仮想通貨の価格が下落しましたが、これでアメリカの金利の上昇はALICEの価格にほとんど織り込まれたと考えられるので、2022年11月以降のALICEの価格の上昇を予想する人も多いでしょう。

購入の際はコインチェックなど国内取引所からBinanceに送金して買いましょう。Binanceは売買の手数料も安いですし、チャートも見やすく、便利な取引所です。

ALICEの価格予想ではテクニカル分析も行いたい

ALICEの長期的な価格予想に関しては今後のロードマップや、NFTゲームの普及への期待という視点で行うと良いと思います。

ただ、買うポイントに関しては、できるだけ低い価額で買いたいものです。その際には、テクニカル分析を少しして、今後にチャートがどう動くかは予測してから購入すると良いでしょう。ALICEのようなアルトコインはビットコインなどよりボラティリティが大きいので、買うタイミングによって結構価格が変わってくるのです。

初心者の人や、テクニカル分析をしたことがない人は、下記のページの分析手法に関しては、ざっと頭に入れておきましょう。投資の基礎の基礎と言える分析方法を記事にしています。

My Neighbor Aliceのまとめ

近年世界中でNFTゲームへの関心が高まってきていますし、メタバースへの関心も高まっています。

土地(LAND)を持つゲームで使用される仮想通貨はより高くなっていくのではないでしょうか。

あつまれ どうぶつの森にインスパイアされたNFTゲームMy Neighbor Aliceはキャラクターのビジュアルを含めて女性のプレイヤーを意識したコンテンツになっています。女性を意識しているとは言え、半分弱は男性がプレイするゲームとなるのではないでしょうか。

2022年についにリリースされたMy Neighbor Aliceですが、ゲーム内で使えるNFTのオークションやセールのイベントは大変盛り上がり、ゲームに対するユーザーの期待を感じ取ることができます。

My Neighbor Aliceの特徴は下記の3つになります。

  • 多様な方法での収益化
  • アバターのカスタマイズ
  • 他のプレイヤーとの交流

もしMy Neighbor Aliceが「あつまれ どうぶつの森」のようなヒット作になれば仮想通貨ALICEの値動きがより注目されることになるでしょう。こうなった場合には、メタバース銘柄ランキングの中でも時価総額が最上位に迫ってくるのではないでしょうか。

みお
みお

NFTが関連する仮想通貨に投資するなら、やはり、マーケットプレイスを持っていて、NFTやメタバースに積極的なコインチェックで口座開設するのがおすすめですねっ

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
目次