Aave(AAVE/アーベ)の特徴や将来性、今後の見通しについて詳しく解説【リアルタイムチャート】

  • URLをコピーしました!

【AAVE/USD】リアルタイムチャート

Aave(AAVE/アーベ)は仮想通貨(暗号資産)の貸し借りができる、レンディングサービスです。

銀行預金などの利率はここ数十年の間に大きく下がってしまい、ほとんど利益が出なくなってしまいましたが、Aaveを利用すると高い利回りを得られるチャンスがあります。

ユーザー目線の独自サービスも開発・展開しており、注目を集めつつあるのです。この記事ではAaveについて、その歴史や特徴はもちろんのこと、将来性今後の見通しに関しても詳しく解説していきますので、読み終えた後はAaveを深く理解できます。ぜひ最後までお読みください。

目次

Aaveとは?

Aaveのレンディングのイメージ図
引用:Aaveのサイト

Aaveは仮想通貨のレンディングがおこなえるプラットフォームです。

Aaveの言葉の意味はフィンランド語で「お化け」のことであり、お化けのように透明性を保ち、オープンなプラットフォームをつくるという、開発者の強い意志を表しています。

Aaveの元となっているのが、2017年に「Stani Kuoechov」氏が設立した「ETHLend」です。2018年に正式にローンチされたことにより、Aaveの傘下にETHLendが入るかたちになりましたが、ETHLend自体の運営は子会社化以降、ストップしています。

レンディングサービス

レンディングサービスとは仮想通貨を定期預金のように仮想通貨取引所に預けることにより、金利を受けられる仕組みのことです。継続収入を得たい人に合った仕組みとなります。

仮想通貨を短期売買の対象とするのではなく、長期で保有する場合、仮想通貨を預けるだけで利息が得られるということで注目されています。

銀行預金と比べても仮想通貨のレンディングの利率の優位性は明らかであり、高額な利息を得られる有望な投資先として、今後ますます人気が高まる可能性があります。

独自トークン

Aaveの独自トークン「AAVE」はAaveの前身である「ETHLend」で使われていた「LEND」から移行、発行されました。

AAVEはガバナンストークンとしての機能もあり、保有している人はAavaの運営に対する投票権を得られます。

他にもAaveで仮想通貨を預け入れるときに、AAVEを利用すると手数料の割引を受けることが可能です。

取り扱いが30種類以上

Aaveで貸し借りできる仮想通貨は30種類以上と、非常に豊富です。

ただし、独自トークンのAAVEはAavaで借りられませんので、AAVEを入手するには購入しなければなりません。信用委託システムやフラッシュローンなど、Aave独自のサービスも展開しています。

Aaveが30種類以上もの仮想通貨を取り扱えるのは、2022年3月に「v3」をリリースしています。

現在は「Ethereum(イーサリアム)」「Arbitrum(アービトラム)」「Avalanche(アバランチ)」「Fantom(ファントム)」「Harmony(ハーモニー)」「Optimism(オプティミズム)」「Polygon(ポリゴン)」の合計7つのブロックチェーンに対応可能です。

aToken

Aaveに仮想通貨を貸し出すと「aToken」という仮想通貨が発行されます。

aTokenをウォレットで保有していると利子が付与されるため、aTokenがウォレットに貯まっていればいるほど、金利を稼げるということです。

aTokenはイーサリアム上のブロックチェーンを基盤としています。

aTokenの金利は需要と供給のバランスによって決まりますので、Aavaでプールされている仮想通貨が多く使われれば供給が多くなることになり、金利が上昇する仕組みです。

しかしAavaのプール内の仮想通貨がそんなに使われなくなると供給が減って需要過多となり、金利は下がっていきます。

Aaveの特徴は?詳しく解説

ここからはAaveの特徴について詳しく解説します。

レンディングサービス

Aaveでは「レンディングプラットフォーム」で仮想通貨の貸し借りができます。

仮想通貨におけるレンディングとは、自分が保有している仮想通貨を貸し出し、利子に当たる仮想通貨を報酬として得られる仕組みです。

銀行預金でもわずかながら金利を得られますが、レンディングも基本的な仕組みは同じですので、銀行預金を想像するとわかりやすいでしょう。

レンディングと同じような仕組みは株式の貸株サービスなどがあります。

仮想通貨のレンディングサービスは、銀行の普通預金や定期預金と比べて圧倒的に高い金利であり、これが最大の特徴です。

仮想通貨で利益を出すためには、安い価格で購入して高い価格で売却することが必要ですが、これだと相場を頻繁にチェックしなければならず、時間のないビジネスパースンにとっては特に難しいといえます。又、売買のタイミングを間違うと反対に損失を出してしまうこともあるのです。

一方、レンディングであれば仮想通貨を預け入れるだけでよく、預けるだけで金利による収入が得られるため、普通に仮想通貨を売買して利益を出そうとするよりも低リスクでやりやすいというメリットがあります。

信用委託システム

Aaveには「信用委託システム」としての機能があります。

信用委託システムとは仮想通貨をAaveに預けて、その仮想通貨を担保にして得た権利を他の人に譲渡することで、譲渡した側がさらに利益を得られるようにしている仕組みです。

本来、担保で得た権利を自分で利用して他の仮想通貨を借りようとする場合、知識や注力する時間が必要となります。

しかし信用委託システムを利用すると、信用できる他者に権利を譲渡し、譲渡された人が担保された権利を活かすことで自分も利回りを受けられるのです。

このシステムは自分と譲渡先との信用関係によって成り立つため、相手が信用するのに十分な存在であるかどうかを見極めなければなりません。

しかし、Aaveは借り手となる相手が企業やNGO、仮想通貨取引所などになるよう、システム的にあらかじめ決めています。

そのため、投機を目的とするなど、信用できない個人、詐欺集団などが委託先となるような心配は薄いといえるでしょう。

フラッシュローン

Aaveでは「フラッシュローン」が利用できます。

フラッシュローンとは1つのトランザクションのなかで「借り入れ」と「返済」をおこなうことにより、担保がなくても仮想通貨を借りることができる仕組みのことです。

通常のDeFiですと、仮想通貨の借り入れと返済は別々のトランザクションで処理されるため、処理ごとに手数料が発生してしまいます。しかし、Aaveのフラッシュローンの場合、借り入れも返済も1つのトランザクションで終わるため、手数料が抑えられる上に担保も必要としません。

フラッシュローンがなぜ担保を必要しないかというと、スマートコントラクトによって処理の自動化を実現しているからです。スマートコントラクトであらかじめ取引方法がプログラムされていますので、人が介在する不利益が発生しないのです。

仮にAaveのフラッシュローンで仮想通貨が返済されなかった場合、トランザクション自体が無効となるため、貸し手が損をするようなことはありません。

フラッシュローンは裁定取引でも力を発揮します。

裁定取引は「アービトラージ」ともいわれますが、フラッシュローンで借り入れと返済が1つのトランザクションで処理されるため、ユーザーは新たに仮想通貨を保有する必要なく取引への参加が可能です。

本日のAave(AAVE)の時価総額や価格、市場占有率【2023年2月5日時点】

AAVEの最新の時価総額や時価総額ランキング、価格、市場占有率(シェア)の情報は以下となります。

仮想通貨(暗号資産)名称 Aave
単位(ティッカーシンボル) AAVE
価格(2023年2月5日時点 以下項目も同じ) 10,893.21円(89.461806ドル)
時価総額 153,520,105,791円
時価総額占有率(仮想通貨の総時価総額に占めるAAVEの割合) 0.1157%
時価総額ランキング 42位
市場流通量(循環している供給量) 14,093,193AAVE
2023年2月5日現在

Aaveの歴史

Aaveの独自トークン「AAVE」は2020年11月、30ドルを割るほどの安値でした。しかし、2021年2月から始まった仮想通貨バブルにより、価格を大きく上昇させており、520ドルを超えるところまで急上昇しています。さらに、DeFi市場も注目され始めたことも要因となって、2021年5月に600ドルを超えてきました。

仮想通貨バブルはビットコインを筆頭に収束に向かい、仮想通貨市場全体が大幅に下落、AAVEも同様に影響を受けたため、一時200ドルを割ってしまいます。その後は若干回復して、200~400ドル台で落ち着いていたものの、2021年後半からは下落傾向です。

2022年6月はさらに大きく下がり、100ドル台から50ドル付近まで急落してしまいました。しかしその後は上昇トレンドに転じ、2022年8月に100ドルを突破しています。その後は価格が落ちてきて2022年12月には64ドル程度になっています。

このように、AAVEは仮想通貨市場の影響を大きく受けてしまうものの、AAVE自体に特に悪いところはないため、仮想通貨市場が再び上昇し始めればAAVEの価格も上昇する可能性があります。

価格が落ちている状態だと割安で手に入れられるため、投資チャンスではあるものの、価格の波の激しさを考慮して慎重に見極めることが必要です。

Aaveの購入について

AaveのガバナンストークンであるAAVEは2022年12月現在、日本国内の仮想通貨取引所に上場していません

そのため、AAVEを購入する場合は日本の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入し、それを海外の取引所に送金してAAVEと交換するか、Aaveに仮想通貨を預ける必要があります。

日本での上場予定は今のところ未定ですが、DeFi市場の拡大とAaveへの注目度の高まりにより、日本でも上場する可能性は考えられます。

もし、日本の仮想通貨取引所に上場すれば、日本国内でAaveに対する注目が集まり、価格の上昇が期待できることでしょう。

AAVEの購入手順

STEP
コインチェックなど国内取引所を開設する。

国内取引所の「コインチェック」や「DMMビットコイン」などで口座を開設します。詳しい開設方法については次をご覧ください。

STEP
海外取引所のBinanceの口座を開設する。

HBARを取り扱っている海外の取引所を開設する必要があるので、「Binance」などの取引所を選択して開設してください。Binanceの開設方法は次の記事を参考にしてください。

STEP
国内取引所に入金しビットコインを購入する。

国内取引所で法定通貨を入金した後、ビットコインなど仮想通貨を購入する。

STEP
国内取引所から海外取引所にビットコインを送金する

国内取引所で購入したビットコインを海外取引所に送金してください。

STEP
送金したビットコインで「Aave」を購入する

送金したビットコインで「Aave」を購入ができるので、購入しましょう。以上でおススメの能です。

まずは、国内取引所を開設する必要があるので国内取引所を選んで解説しましょう。おすすめの国内取引所はコインチェックとなりますのでまずは、無料で口座を開設してみてはいかがでしょうか。

Aaveの将来性や今後の見通し

ここからはAaveの将来性今後の見通しについて解説していきます。DeFi市場の拡大や、ガバナンストークンAaveへの期待の高さからすると、今後の価格が過去最高価額を更新していく可能性は十分にあると見通せますし、将来性も高いのではないでしょうか。

DeFi市場の拡大

世界中からDeFiに対する注目が集まっていることで、市場が急速に拡大してきています。仮想通貨を長期保有する方などは、その保有期間中にDeFiで収益を生もうとするのが合理的であり、それを実行する人が増えているのです。

DeFiは取引の透明性およびセキュリティが高く、さまざまな場面で活用されていますので、仮想通貨にかかわっている人だけでなく、一般的にも認知され始めてきているのです。

Aaveのレンディングサービスは特に、ボラティリティの激しい仮想通貨では比較的、リスクが低い運用方法であることが注目されており、ユーザーは今後も増え続けることでしょう。

また、Aaveはイギリスの金融行動監視機構から「電子マネー機関」として営業ライセンスを取得しました。

これにより、2020年8月よりAaveの独自トークンAAVEが電子マネーとして利用できるようになっています。

Aaveの電子マネー機関の営業ライセンス取得により、イギリス国内のユーザーは仮想通貨取引所を間にはさむことなく直接、Aaveを利用して法定通貨を仮想通貨に交換可能です。

ユーザーにとって利便性の高くなったことで、DeFi市場はますます拡大し、Aaveの注目度も高まっていくことでしょう。結果的には仮想通貨(暗号資産)AAVEの価格も上がっていくという見通しを立てることができるでしょう。もちろん、投資は自己責任ですし、生活費を投資するようなことはしてはなりませんが。

AAVEへの期待

Aaveの普及はガバナンストークンであるAAVEの価格動向にも直結します。

Aaveへの需要が高まってくれば、ガバナンストークンAAVEの価格も上昇しやすくなり、逆にAAVEの価格が上昇すればするほど、Aaveへの注目度が高まります。

AAVEの価格は仮想通貨市場の影響を受けやすく、ピーク時よりも価格は大きく下落しました。これは、仮想通貨全体に言えることでありますし、2023年以降に、ビットコインの半減期に向けて、多くの仮想通貨の値上がりが起きるという予想も多いですし、その場合にはAAVEの価格も上がるでしょう。

ただし仮想通貨市場が再び盛り上がり、その影響を受けてAAVEの価格も上昇してくると、Aaveにも注目が集まることでしょう。将来性に期待できるコインだということがわかります。

Aaveのまとめ

Aaveは銀行預金に代わる資産運用として利用できることが浸透してきています。

今後もさらに広がっていくと考えられており、分散型取引所であるAaveへもより多くのユーザーが集まってくることで、ガバナンストークンであるAAVEの価格上昇も期待できることでしょう。

他の仮想通貨と違い、AAVEは仮想通貨のボラティリティの高さを活かした短期売買に利用するのではなく、長期保有でこそ力を発揮するトークンです。

仮想通貨の価格変更の激しさの一因は投資家、投機筋の短期売買でしたが、AAVEについては価格暴落の可能性は低いといえます。

Aaveではレンディングサービスにより仮想通貨の貸し借りができますので、Aaveで仮想通貨を借りる人がさらに増えていけば、それに必要となるAAVEへの需要も高まるため、AAVEの価格上昇にもつながっていくことでしょう。

仮想通貨の新たな可能性を示しているAaveに今から注目していきましょう。

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
目次