ビットコインの買い方について初心者にもわかりやすく詳しく解説

初心者にもわかりやすくビットコインの買い方について詳しく解説 仮想通貨の基礎

「仮想通貨取引所で口座を開設したけれど、ビットコインの買い方がわからない…」と手が止まってしまっていませんか。

「仮想通貨の取引ってなにか知識が必要なのではないか」、「初心者だから、できる限り少額で試してみたいけど、最低金額はいくらからビットコインを買えるのか」という風にまだ仮想通貨を購入したことがなければ不安になってしまいますよね。

せっかく口座を開設したのですから、さっそくビットコインを買ってみましょう。最初は仮想通貨取引が難しいと感じるかもしれませんが、一度やり方をわかってしまえばとても簡単です。

初心者でも簡単な操作でビットコインを購入することができますよ。最低取引金額も高くないので安心して取引することができます。

今回は日本を代表する暗号資産取引所の1つであるコインチェックでのビットコインの購入方法について詳しく解説していきます。購入方法は画像付きで初心者の人にもわかりやすいように、詳しく説明しております。

まだ、仮想通貨取引所を開設したことない方はこちらの記事をお読みください。

ビットコインはいくらから購入できる?

まず、仮想通貨の取引はある程度まとまった額が必要なのではないかと心配になりますよね。

安心してください。コインチェックの販売所ではビットコインを500円から購入することができます。最低購入金額が500円なら、気軽に、お試しの気持ちでやってみることもできますね。

500円でも十分少額といえますが、どうしても500円以下の金額で取引をしてみたいという方はコインチェックと同じく国内大手仮想通貨取引所であるbitFlyerの販売所で取引するのもいいでしょう。bitFlyerの販売所は1円から取引可能です。

このようにビットコインの購入は高額を用意する必要はなく、気軽な金額で取引を開始することができます。

ビットコインを買うときの手数料は?

コインチェックではビットコインは販売所・取引所で購入することができます。販売所・取引所のどちらでも手数料は無料です。

ほかの国内仮想通貨取引所では、取引所や仮想通貨によっては一定の手数料が発生することも多いので、口座開設や取引の際にはその点を比較した方が良いでしょう。

販売所で購入する場合には、取引手数料は無料だとしても実質的な手数料であるスプレッドが発生します。スプレッドとは買値と売値の差のことです

例えば、コインチェックの販売所のチャートで1BTC(1ビットコイン)が300万円と表示されているとします。この時、販売所での買値は1BTC=310万、売値はIBTC=290万というように買値はチャートの金額より高く、売値はチャートの金額より低くなります。

この買値と売値の差(310万-290万=20万)がスプレッドです。仮想通貨取引所の利益となる部分です。

あなたが販売所にて310万で1BTCを購入し、すぐに売却したら290万になってしまうということです。

特に短期トレードをする場合にはこのスプレッドについて特に注意する必要があります。

販売所ではスプレッドに注意して買う必要があり、取引所では売却したい人の指定した金額が自分が買いたい金額であるかを確認してから取引する必要があります。

最初に少額でやってみるということであれば、あまりスプレッドを気にする必要はありません。少しずつ慣れてきたらスプレッドも考慮して取引方法を選択することで、自分に合った投資のスタイルが見つけられるでしょう。

取引所と販売所の違い

仮想通貨取引所での仮想通貨取引には取引所で取引する方法、販売所で取引する方法の2種類があります。

取引所

仮想通貨取引所を介して、個人と個人が仮想通貨を取引します。

販売所

個人が仮想通貨取引所と仮想通貨を取引します。

それぞれにメリット・デメリットがあるので自分に合わせた取引を選びましょう。

取引所のメリット・デメリットは以下の通りです。

  • 販売所より安く取引できることが多い
  • 指値注文ができる
  • 取扱銘柄が取引所より少ない
  • 注文が成立しない可能性がある

このような特徴から、取引所での取引は中・上級者向きといえます。

販売所のメリット・デメリットは以下の通りです。

  • 購入が簡単
  • すぐに取引が完了する
  • 取引所より購入金額が高くなる

このような特徴から、取引所と比べて初心者向きです。

取引所・販売所のメリット・デメリットを詳しくみていきましょう。

取引所のメリット1: 販売所より安く取引できることが多い

販売所でのデメリットとなっていた購入金額ですが、取引所の方が安いことが多いです。先ほど解説した実質的な手数料となるスプレッドが販売所にはあり、これが大きくなってしまっていることがあるためです。取引所で売買する場合は、仮想通貨取引所運営会社が決めた金額ではなく、個人間で買いたい金額・売りたい金額での取引なので、コストを抑えることができます。

取引所のメリット2:指値注文ができる

販売所では仮想通貨取引所運営会社によって価格が決められているので、ユーザー側で指定して注文することはできません。

一方、取引所では「いくらでどのぐらい買うか」を指定することができます。今は買わないけれど、この価格になったら買いたいという価格で注文することができます。価格を決めて注文を出すことを、指値注文と呼びます。

取引所のデメリット1:取扱銘柄が販売所より少ない

取引所は販売所より取り扱い銘柄が少ないです。例えばコインチェックの場合、主要なアルトコインであるイーサリアムの取り扱いがありません。そのためコインチェックでイーサリアムを購入したい場合には販売所で購入することになります。

取引所のデメリット2: 注文が成立しない可能性がある

販売所で購入する場合、仮想通貨取引所運営会社との取引になるため、注文をしたら必ず成立します。一方、取引所の場合には「いくらでどのくらい買う」という注文をだします。その注文が成立するかどうかはその取引相手が見つかるかどうかということになります。出した注文が成立しない場合には、注文の内容を変更したり、相場が注文の内容に近づくまで待ったりする必要があります。

例えばビットコインの現在価格よりも5万円安い価格で購入する指値注文を出しても、実際には5万円下がらずに、そのまま上がっていった場合には、その注文の取引は成立しないままになってしまうのです。

販売所のメリット1:購入が簡単

今回解説してきた通り、販売所での購入はとても簡単です。日本円の入金を済ませれば、あとは日本円でいくら購入したいかを入力して、購入ボタンを押すだけです。挫折するようなポイントもなく、初心者でも簡単に取引することが可能です。

販売所のメリット2:すぐに取引が完了する

取引所での取引の場合、取引の内容によってすぐに注文が成立することもあれば、全く成立しなかったということもあります。販売所であれば、仮想通貨取引所との売買となるため、すぐに取引が成立します。購入の操作を完了させれば、すぐにウォレットに反映します。

販売所のデメリット:販売所より購入金額が高くなる可能性が高い

同時刻に仮想通貨を購入しようとした場合、販売所での仮想通貨の価格より、取引所での仮想通貨の価格の方が高くなります。取引所のメリット1で説明の通りで、スプレッドが存在するためです。

ビットコインの具体的な購入方法

仮想通貨初心者が初めて購入するということであれば、コインチェックの販売所で購入するのがおすすめです。アプリが見やすく、操作も簡単であり、少額からすぐに確実に購入できるのが販売所の良いところです。時間があって、取引所での購入方法を勉強してから買っても良いですが、早めに欲しい場合には販売所を使うのもありでしょう。

3つの手順を踏むことで簡単にビットコインを購入することができます。

  • コインチェックで口座開設をする
  • コインチェックに入金する
  • ビットコインを購入する

初めての方でもわかりやすいように、それぞれを詳しく解説していきます。

コインチェックで口座開設をする

ビットコインを購入するにはまず口座開設することが必要です。まだ口座開設をしていない方は、こちらの記事を参考にして早速口座開設してみましょう。初心者の方にもわかりやすいように画像付きで詳しく解説しています。

上記記事で詳しく解説していますので、ここでは簡単にお伝えします。

口座を開設まではたったの4ステップです。

  1. コインチェックの口座開設サイトへアクセス
  2. メールアドレス・パスワードの登録
  3. 各種重要事項を確認
  4. 本人確認

口座開設に必要なものはスマホ(またはPC)・メールアドレス・本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)だけです。基本的にはオンラインで完結し、面倒な書類作成や押印・署名などはありません。

コインチェック公式ホームページにアクセスし、メールアドレスやパスワードを入力します。コインチェックからメールが届くので、そのメールに表示されているアドレスにアクセスすると管理画面が表示されます。

管理画面では各種重要事項を確認し、同意・承認するボタンをクリックします。

本人確認では電話番号認証・基本情報の入力(氏名や生年月日、住所など)・本人確認書類の提出(撮影)を行います。

画面に沿って入力・撮影していけば10分程度あれば作業は終わります。本人確認書類を提出してから最短1日で審査が完了します。

口座開設・口座維持費はかかりません。まだ開設していない方は取引したくなった時にすぐ対応できるよう、開設しておきましょう。

コインチェック

コインチェックに入金をする

ここからはアプリを使った方法を紹介します。コインチェックのアプリはとても使いやすく、2019年〜2021年ダウンロード数No. 1を獲得しています。(対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak)コインチェックを利用するならアプリもセットで使うことをお勧めします。

口座開設が完了したら日本円をコインチェックに入金しましょう。この入金したお金を元手としてビットコインを買うことができるのです。

ここで必要な作業は2つです。

  • コインチェックの入金先銀行口座情報を確認する
  • インターネットバンキング等を利用しコインチェックの口座へ振り込む

まずコインチェックの入金先となる銀行口座の情報を確認します。

ビットコイン購入用の口座の確認画面

アプリを開き、画面下部にある「ウォレット」をタップします。

画面の真ん中に、「日本を入金すると暗号資産を購入できます」と記載がありますので「日本円」をタップします。

JPY残高(日本円残高)が表示されました。残高の下にある入金ボタンをタップします。

JPY残高の表示画面

入金方法を選択します。銀行入金、コンビニ入金、クイック入金の3つの入金方法があります。コンビニ入金・クイック入金は手数料が高いので銀行振り込みがおすすめです。(2022年7月13日〜コンビニ入金・クイック入金は一時停止中。再開時期は2022年8月時点では不明)

銀行の選択画面

銀行入金先は、「GMOあおぞらネット銀行」か「住信SBIネット銀行」を選べます。それぞれの銀行の口座を持っている方は入金手数料が無料となります。

銀行入金でGMOあおぞらネット銀行か住信SBIネット銀行のどちらかを選んでタップすると振込先が表示されます。

振込先の情報

コインチェックへの入金振込先がわかったらご自身の名義のインターネットバンキングなどで振り込みを行いましょう。この手続きに関しては、コインチェックのアプリではなく、ご自身が普段利用していている銀行のサイトなどへログインして振り込みを行います。

入金が反映すると登録しているメールアドレスに「入金が完了しました」というメールが届きます。アプリの通知をオンにしていればアプリからも通知がきます。

入金完了の確認の画面

また、アプリでちゃんと入金されているかも確認してみましょう。

通常(年末年始などを除く)、全国銀行資金決済ネットワークのモアタイムシステムに参加している銀行からは、24時間振込みができます。ある程度メジャーな銀行は参加しているでしょう。ご自身が利用している銀行がモアタイムシステムに参加しているかはこちらで確認ができます。

振込が完了したら、コインチェックによる確認後、アカウントへ入金が反映されます。筆者の場合、住信SBIネット銀行から振込を行ったところ、5分程で反映しました。銀行側・コインチェック側のメンテナンス時間や確認時間によって入金の反映までに要する時間は変わります。

入金に関する注意点

入金時は、コインチェックに登録してある名前と同じ名義の銀行口座から手続きをする必要があります。

家族名義などの本人以外の名義で振り込んでしまった場合には、入金が反映されず自身で組戻し手続きをしなくてはいけません組み戻しをすると組戻手数料も発生しますので注意しましょう。その誤った名義で振り込んだ金額を組み戻してからまた入金するのは時間が多少かかるので、ビットコインを買える時期が遅くなってしまいます。

住信SBIネット銀行の口座へ振り込む場合には振込名義を「ユーザーID あなたのお名前」にする必要があります。コインチェックの住信SBIネット銀行の口座情報を表示した時に、振込人名義のコピーボタンがありますので振込み名義はコピー&ペーストして間違わないようにしましょう。

もし、入力を忘れてしまった場合には、アプリ下部メニュー「アカウント」→「FAQ/問い合わせ」→「日本円入金のお問い合わせ」のフォームを送信することで手続きしてもらえます。この場合、時間がかかるので、入力し忘れないことが大切です。

ビットコインを購入する

入金が完了したら早速ビットコインを販売所で購入してみましょう。アプリを開くと販売所のページが出てきます。もし他のページが表示されている場合には画面下部のメニュー1番左の販売所をタップします。

アプリで表示した販売所の画面

販売所で購入できる仮想通貨が表示されますので、ビットコインをタップします。すると、ビットコインのチャートが表示されますのでその下に購入ボタンがあるのでタップします。

販売所でビットコインを選択する画面

金額の欄に日本円で購入金額を入力し、「日本円でBTC(ビットコイン)を購入」をタップします。確認メッセージが表示されるので、そのまま購入をタップすれば購入が完了します。

いくら分のビットコインを買うかを入力する画面

購入したビットコインを確認するには、下部メニューにある「ウォレット」をタップします。こちらの画面で、コインチェック上で所有する暗号資産・入金してある日本円を確認することができます。今回購入したビットコインも既に反映されています。

ビットコインの買い方に関するQ&A

ここでは、ビットコインの買い方に関するよくある質問に関してQ&A形式で書いていきますので、必ず確認して、安全に取引を行うようにしてください。

どのタイミングでビットコインを買うべきか?

ビットコインの価格変動は大きいので、高くなったところで買うよりは、少し価格が下がったタイミングを待って買った方が有利なことがあります。

押し目と呼ばれるのですが、チャートは上昇トレンドにあっても、価格が1日の中で、又、1週間の中でも下がるタイミングがあるので、押し目を狙って買った方が良いでしょう。

又、一気に全額を購入するのではなく、分散して投資していった方が良いので、投資資金の30%分を今日買って、明日はまた30%を購入するなどして、取得価額を平準化させておくと安心です。

クレジットカードでビットコインは買えるの?

日本国内の暗号資産取引所では、クレジットカードでビットコインを買うことはできません。

海外取引所のバイナンスなどではクレジットカードで入金してビットコインを買うことはできますが、手数料も高いですし、あまりおすすめできません。

販売所で買ったビットコインを取引所で売ることはできるの?

販売所で買ったビットコインを取引所で売ることはできますのでご安心ください。

反対に、取引所で買ったビットコインを販売所で売ることもできます。初心者の人は最初は販売所で買うことが多いとは思いますが、売るときまでには仮想通貨取引に慣れてきてる可能性が高いので、取引所の板取引で売ってみるのはおすすめです。

ビットコインや仮想通貨取引で、反対に借金を負うことはあるの?

一般的な現物取引をしている限りは、借金を負うことはありません。

あくまでも、投資した元本の金額が減少する可能性があるだけで、それを超えた損失が生じるものではないのです。

もちろん、最初の投資元本を人から借金して投資するようなことは避けましょう。

又、レバレッジを使ったハイリスクハイリターンなビットコインの買い方もありますが、初心者がレバレッジ取引をすると大きな損失を被ることがあるので、レバレッジ取引も避けましょう。

海外取引所でビットコインを買う方法は?

日本の国内取引所で最初に仮想通貨を購入し、その仮想通貨を海外取引所に送金します。

その後に、その仮想通貨とビットコインを交換することができます。

ただし、そもそも海外送金手段としてもビットコインが使われることが多いので、ビットコインは日本国内で買う人が多いでしょう。送金したビットコインを海外取引所で繰り返し売ったり買ったりして利益を得る人はいます。

初心者は、最初にいくらのビットコインを買うべき?

いくら分を買うべきかは、その人の資産によって変わってくるので一概に言えません。しかし、初心者の人は最初は取引に慣れる必要があることからも、コインチェックで最低額の500円で仮想通貨取引をしてみても良いでしょう。

資金的な余裕があり、かつ、取引に慣れてきたら、数十万円や100万円以上のビットコインを買ってみると良いでしょう。

知人に代わりにビットコインを買って投資してもらっても良いですか?

ビットコイン投資をうたった詐欺などもあるため、知人であっても、人にお金を預けて投資してもらうことは避けましょう。

また、それが詐欺ではなく、知人名義の口座で実際に運用してたとしても、損失が生じた場合に、人間関係に悪い影響が及ぶ可能性があるので、必ず自分で口座開設してビットコインを買いましょう。他人名義の口座で投資をして利益が出たとしても、税務上、どちらに税金がかかるかという問題も生じてしまうでしょう。

あくまでもこの記事にあるビットコインの買い方と同じ手順で買ってください。

初心者がビットコインを買うのにおすすめの取引所はどこ?

コインチェックやビットフライヤーといった大手有名取引所が良いでしょう。大手ですと、過去の世界中のハッキングの例からしても、万一ビットコインがハッキングで盗難にあった場合にも、取引所が補償してくれる可能性が高まるためです。

その中でも、下記の理由からコインチェックがおすすめです。

1.最低金額500円から仮想通貨取引ができる
2.NFTマーケットプレイスを持っているので、NFT関連への投資にも対応でき、儲けるチャンスを多く持てる
3.アプリが見やすく、評判が高い
4.慣れてきて取引所で取引をする場合には、取引手数料が無料である(ここは非常に大きいメリットです)
5.マネックス証券などを保有するマネックスグループが運営している仮想通貨取引所なので、セキュリティ面や対応面での安心感が大きい(倒産リスクなども極めて低い)

ビットコインの買い方のまとめ

この記事では、ビットコインの買い方を解説してきました。取引所で口座開設後に入金を行うと、すぐにビットコインを変えることをご理解いただけたかと思います。

やはりまずは、少額でいいのでやってみて慣れることがことが1番です。いくらからビットコインを買えるかわからなかった人も、最安値で500円から買えるとなると、安心して低リスクで取引できると思われたのではないでしょうか。

慣れてきたら、取引所で板取引で直接他の個人間でビットコインの取引をしてみましょう。成行注文と指値注文の方法にはきちんと理解して、間違いのないように取引することも大切です。取引所の板取引の場合には、何度か取引して慣れる必要があるのですが、スプレッドという実質的な手数料がない分、お得な買い方だと言えますので。

取引していくうちに「もっと購入に関するコストを抑えたい」「NFTを購入したいから、送金手数料がかかない取引所がいい」という要望がでてくるでしょう。その際に自分に合う取引所や取引方法などがわかってくるはずです。

最初に口座を作るのであれば、コインチェックかビットフライヤーという日本を代表する大手取引所がおすすめですが、NFTマーケットプレイスを有していること、買える仮想通貨の銘柄数が多いこと、取引所の取引手数料が0円であることを考えると、最初はコインチェックで口座開設するのが良いかなと思います。

コインチェック

この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
仮想通貨の基礎
Crypto Guide(クリプトガイド)
タイトルとURLをコピーしました