Hedera(HBAR)の特徴や歴史、今後の予想【リアルタイムチャートあり】

  • URLをコピーしました!

【HBAR/USD】リアルタイムチャート

Hedera(HBAR)という仮想通貨をご存知でしょうか。これは次世代のブロックチェーンともいわれる新しい分散型台帳「ハッシュグラフ」上で管理されている仮想通貨で、安価・高スピードな処理を実現することから大きな注目を集めています。

この記事ではこのHederaやハッシュグラフについて、その特徴や歴史を解説していきます。又、今後の価格の予想にも触れていきます。

目次

Hedera(HBAR)とは?

Hederaとは、独自の分散型台帳技術を基盤とするプロジェクト「ヘデラ・ハッシュグラフ」の基軸通貨である仮想通貨です。これまでの仮想通貨とは大きく異なる点がいくつもあることから注目を集めています。ここでは、そんなHederaの概要について見ていきましょう。

独自の分散型台帳システムを利用

Hedera(HBAR)のハッシュグラフの速さと環境への良さを表現した図
引用:Hedera(HBAR)の公式ページ

ヘデラ・ハッシュグラフでは、従来のブロックチェーンよりも低コスト・高スピードな処理を可能にする分散型台帳「ハッシュグラフ」が利用されています。そのため、これまでのブロックチェーンよりも効率的に運用ができる仕組みとして注目を集めているのです。

ヘデラ・ハッシュグラフでは、ビットコインの問題点として「大量のエネルギーを消費する」や「トランザクションの処理に時間がかかる」ことが挙げられており、これらを解決することを目指しています。

そこでプロジェクトが開発したのが、「ハッシュグラフ」です。秒間1万件以上のトランザクション処理が可能な高速性と、約0.0001ドルしか手数料がかからない低コストを実現し、次世代の分散型台帳となるのではないかといわれています。

また、エネルギー消費量を大きく抑えることができるシステムであることも大きな特徴です。1トランザクションを処理するのに必要なエネルギーは、ビットコインでは885KWH以上、イーサリアムでは102KWH以上と言われています。しかしハッシュグラフでは約0.00017KWHほどに抑えており、これまでの主要ブロックチェーンから大幅な消費エネルギーの大幅な削減が見込めるのです。

多数の大手企業がプロジェクトに参加

ヘデラ・ハッシュグラフを運営する「ヘデラ運営審議会」には、すでにさまざまな大手企業が参入しているのも特徴です。Google・IBM・LGなどの世界的テクノロジー企業や、野村ホールディングス・新韓銀行といった各国の大手金融機関もプロジェクトへ参入しており、高い将来性が見込めます。今後も参入する企業は増えていくと予想されます。

特に金融機関が参入することで期待されるのは、「送金システムなどへの採用」です。2021年11月には韓国の大手銀行である新韓銀行がHederaのネットワークを使って国際送金のプロジェクトを開発し、低コスト・高速な国際送金を可能にしています。このような金融機関に多く利用されることで、Hederaの需要も増加するのではないかと考えられます。

また、アメリカの大手SaaSプロバイダーであるService Nowや、フランスのゲーム開発会社UBI SOFTも運営に関わっています。分散型台帳は送金だけでなくデータ管理やNFTゲームなどさまざまな分野に応用される可能性があるため、これらの企業が参入することで今後も広く展開していくでしょう。

本日のHedera(HBAR)の時価総額や価格、市場占有率【2023年2月5日時点】

HBARの最新の時価総額や時価総額ランキング、価格、市場占有率(シェア)の情報は以下となります。

仮想通貨(暗号資産)名称 Hedera
単位(ティッカーシンボル) HBAR
価格(2023年2月5日時点 以下項目も同じ) 9.08006164円(0.074571ドル)
時価総額 236,548,954,830円
時価総額占有率(仮想通貨の総時価総額に占めるHBARの割合) 0.1783%
時価総額ランキング 35位
市場流通量(循環している供給量) 26,051,470,161HBAR
2023年2月5日現在

Hedera(HBAR)の特徴は?詳しく解説

ローンチ時点から大きな注目を集め、着々と知名度を高めているHederaですが、さらにどのような特徴があるのでしょうか。ここでは大きくHederaの特徴を3点見ていきます。

HTSによる容易なトークンの生成が可能

2021年2月にローンチされたヘデラトークンサービス(HTS)を利用することで、NFTを簡単に生成することができる点がHederaの大きな特徴です。

NFTとはNon-Fungible Tokenの略で、日本語では「非代替性トークン」と訳されます。NFTはブロックチェーン技術によって暗号化され、複製困難なシリアルIDを付与されたデジタルデータです。デジタルアートの真贋判別が可能なほか、ゲームアイテムやデジタルチケットなどへも応用されており、今後さらに利用分野が拡大すると期待されています。

HederaはHTSによってNFTを簡単に生成でき、さらに取引が高速・安価で行うことができるとあって、今後も認知度が高まっていくでしょう。

充実した開発プラットフォーム

Hederaには、開発環境が充実しているという特徴があります。例えば2022年2月にローンチされた「ヘデラスマートコントラクトサービス(HSCS)です。イーサリアム環境との連携強化や、プログラミング言語Solidityとの統合が可能となり、開発しやすい環境が整っています。

またHederaネットワークは全体がオープンソースとなっているため、誰でもソースコードを参照・利用することが可能です。開発への敷居が低くなっており、誰でも公平に参加できることから、開発者に優しいプラットフォームであるといえるでしょう。

新型コロナウイルス対策への利用

Hederaは、2020年から流行した新型コロナウイルスへの対策に活用されてきた点でも話題を呼んでいます。例えば、ワクチンの保管です。新型コロナウイルスのワクチンは、その保管にあたって大量のワクチン在庫の情報を管理する必要がありました。各ワクチンの保管温度や保管期間など膨大なデータを処理するために利用されたのがHederaの技術でした。ヘデラ・ハッシュグラフによる安全で高速な分散型台帳を用いて、温度計センサーのデータを送信・記録することで低コストなワクチン管理を可能にしたのです。

また、新型コロナウイルスの情報を米疾病対策センターや世界保健機関などから収集し可視化するツール「Acoer Coronavirus Tracker」でもハッシュグラフの技術が用いられています。このようにHederaは、仮想通貨・NFTなどブロックチェーンが現在利用されている分野にとどまらず多方面で活用が進められているのです。

Hedera(HBAR)の買い方について

Hederaは現在、日本国内の取引所では購入することができません。海外の取引所で購入していただく必要があるので、国内・国外の取引所を開設する必要があります。

具体的には次のような流れが必要になります。

STEP
コインチェックなど国内取引所を開設する。

国内取引所の「コインチェック」や「DMMビットコイン」などで口座を開設します。詳しい開設方法については次をご覧ください。

STEP
海外取引所のBinanceの口座を開設する。

HBARを取り扱っている海外の取引所を開設する必要があるので、「Binance」などの取引所を選択して開設してください。Binanceの開設方法は次の記事を参考にしてください。

STEP
国内取引所に入金しビットコインを購入する。

国内取引所で法定通貨を入金した後、ビットコインなど仮想通貨を購入する。

STEP
国内取引所から海外取引所にビットコインを送金する

国内取引所で購入したビットコインを海外取引所に送金してください。

STEP
送金したビットコインで「Hedera」を購入する

送金したビットコインで「Hedera」を購入ができるので、購入しましょう。以上でおススメの能です。

まずは、国内取引所を開設する必要があるので国内取引所を選んで解説しましょう。おすすめの国内取引所はコインチェックとなりますのでまずは、無料で口座を開設してみてはいかがでしょうか。

Hedera(HBAR)の歴史

それでは、Hederaにはどのような歴史があるのでしょうか。ここではHederaの成り立ちや、注目すべき出来事について解説していきます。

2017年 ヘデラ設立、プロジェクト開始

2017年、ヘデラの創設者であるリーモン・ベアード氏は、マンス・ハーモン氏とともにSwirlds社を設立しました。これは従来のブロックチェーンの問題点を解決する分散型台帳「ハッシュグラフ」の商業化を目的とした会社です。彼らは資金調達を行い、ハッシュグラフの開発やホワイトペーパーの宣伝を実施しました。

2018年3月 Hederaのローンチ

2018年3月13日には、Hederaのローンチイベントがニューヨークで開催されました。このイベントでは Hederaの公式WEBサイトやホワイトペーパーが公開されています。現地に1000人以上、ライブ配信で10万人以上の観客が集まり、ローンチ時点から大きな人気でした。

2018年8月 Hederaのメインネットが稼働

2018年8月24日にはHederaのメインネットが稼働し、500億HBARが発行されました。その後、コミュニティ内でのメインネットへの早期アクセスやネットワークテストも開始され、ハッシュグラフのアルゴリズムの安全性が最高水準であることも確認されています。

2019年 メインネットへのオープンアクセスが開始

2019年にはメインネットへのオープンアクセスも開始されました。8月にはネットワークを効率よく参照できるミラーノードソフトウェアが公開、9月には一般ユーザーによるメインネットへのアクセスやアプリケーション構築が可能となっています。

また、12月にはHedera上でのスタートアップ構築を支援するソフトウェアHedera Boostが稼働開始しました。このプログラムはHedera上でのウォレット・取引所などのメインネットと、HBARの利用をサポートする外部ソフトウェアとの統合をサポートするものです。

また同じタイミングで、 Hederaの運営組織である「ヘデラ運営審議会」の初期メンバーも発表されています。ドイツを代表する電気通信事業者であるドイツテレコムや、日本の野村ホールディングスなど、初回から大企業が多数参入するプロジェクトとなりました。

2020年 多数の大企業が参入

初回から多くの大企業が参加したヘデラ運営審議会ですが、2020年に入るとさらにGoogle・LG Electronics・University College Londonなど有名企業・団体が参入しました。ここからさらにHederaの知名度は高まり、その高速性も相まって、1日のトランザクション処理数はイーサリアムを上回ることとなりました。

2020年 複数のサポートソフトウェアが公開

2020年には、Hederaネットワークをより利用しやすくする複数のソフトウェアが公開されています。まずは7月に稼働開始したHederaプレビューネットです。これはHederaのコードや機能への早期アクセスを提供するもので、8月にオープンソース化されるHederaテストネット・メインネットに先立って公開されました。

また同じく7月には、昨年リリースされたミラーノードソフトウェアがベータ版に入り、9月にはHedera上での取引照明が確認できるHederaステートプルーフソフトウェアもアルファ版となっています。これらのソフトウェアの公開やアップデートによって、よりHedera上の利用や開発がスムーズに行えるようになりました。

2021年 ヘデラトークンサービスがローンチ

2021年2月には、ヘデラトークンサービス(HTS)がローンチされました。これはHederaネットワーク上でハッシュグラフを利用したトークンの構築・管理・送金などを可能とするプラットフォームです。2020年10月にプレビューネットで公開されていたものの正式版となっています。

ブロックチェーンよりも安価・高速で、かつ安全性も高いヘデラ・ハッシュグラフを誰でも利用できるとあって大きな注目を集め、同年にはHederaがメインネット上で累計10億トランザクションを達成しました。

2021年9月 NFTチャリティオークション実施

2021年9月には、Hederaネットワーク上でNFT(非代替性トークン)のチャリティオークションを実施。ヘデラトークンサービスを利用してNFTを生成・管理しており、実際にハッシュグラフ上で安全性の高いトークン運用ができることを示しました。

また、このような注目度の高いイベントを行ったこともあり、韓国の大手金融機関である新韓銀行や、仮想通貨チェーンリンクを運営するChainlink labs、世界トップクラスの収益を誇る電力会社のフランス電力など、さらに多くの有名企業もヘデラ運営評議会へ参入しています。

2022年2月 ヘデラスマートコントラクトサービスがローンチ

2022年に入ると、Hedera上での開発がより行いやすくなる「ヘデラスマートコントラクトサービス(HSCS)が公開されました。1月にはテストネットで、2月にはメインネットで公開されたこのプラットフォームは、オープンソースで誰でも利用できるものです。

特徴としては、イーサリアムの仮想マシンである「イーサリアムバーチャルマシン(EVM)」への互換によるイーサリアム環境との連携のしやすさや、ブロックチェーン開発に利用されるプログラミング言語「Solidity」との統合などが挙げられます。またHederaトークンやHederaネットワーク上のNFTも大きくサポートしており、開発のしやすさにより磨きがかかりました。

2022年8月 Hederaネットワーク全体のオープンソース化

2022年8月には、ハッシュグラフのアルゴリズムやHederaネットワーク全体がオープンソースとなり、開発者ツールなども公開されました。オープンソースであることでプログラムの信頼性も高まり、多くの開発者に参照されることで開発もスムーズに進むようになっています。

Hedera(HBAR)の将来性と今後の価格の予想

大手企業との提携状況を見ると、Hedera(HBAR)の将来性に関しては高く評価されていることがわかります。

今後の仮想通貨としての価格については、以下の要素が重要になります。

・活用場面の増加
・企業とのパートナーシップの増加
・新たな暗号資産取引所への上場
・仮想通貨(暗号資産)市場全体の上昇トレンド

まずはHedera(HBAR)とそのハッシュグラフの普及や企業とのパートナーシップの増加により、良いニュースが流れると、当然投資家の注目も集めるので、価格が上がると予想されます

又、新たな取引所へ上場することで知名度が高まりますし、その取引所でアカウント開設している投資家の資金も呼び込めるのでチャートの価格が高まると見通せます。

なお、仮想通貨市場全体の時価総額の増加による上昇トレンドは必須で、こちらは全ての仮想通貨の今後の価格に影響を与えますので、大変重要な要素です。

Hedera(HBAR)のまとめ

現在主流となっているブロックチェーンとは大きく異なる特徴を持つヘデラ・ハッシュグラフと、その基軸通貨であるHederaについて解説しました。今後も広い分野への活用が見込まれ、多くの大手企業が運営に参入しているHederaは、さらに知名度を上げていくのではないかと期待されます。

知名度が高まった場合には、仮想通貨HBARとしての価格も上がると予想されますので、割安のうちに購入しておくのも良いでしょう。ただし、仮想通貨(暗号資産)は価格変動も大きいので、無理のない金額で投資しましょう。

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
目次