Sweatcoin(SWEAT)の特徴や歴史、今後の価格予想を詳しく解説

この記事ではMove to Earnの仮想通貨銘柄のSweatcoinとは何か、Sweatcoinの歴史、Sweatcoinの特徴、今後の価格の予想について解説します。

【SWEAT/USD】リアルタイムチャート

Sweatcoin(SWEAT/Sweat Economy)は体を動かして仮想通貨を稼ぐ「Move to Earn」のゲームです。

Move to Earnのゲームは世界中でプレイヤーが増えてきていますが、今回はSweatcoinとは何か、Sweatcoinの歴史、Sweatcoinの特徴について詳しく解説します。

2022年9月13日に上場しましたが、今後の価格の予想についても解説します。

Sweatcoin(SWEAT)とは?

SWEATcoinの画像

Sweatcoin(SWEAT/Sweat Economy)は歩いて稼ぐことをテーマにした、Move to Earnのプロジェクトです。

Sweatcoinでは歩いた報酬として、Sweatcoinが発行している仮想通貨「SWEAT」をゲーム内で獲得できます。

プレイは簡単で、スマートフォンで専用のアプリをダウンロードしてアカウントを登録、あとは歩いた歩数に応じてSWEATを獲得できる仕組みです。

獲得したSWEATはゲーム内で提供されている商品と交換できたり、慈善団体に寄付したりすることができます。

SWEATは仮想通貨ですが、2022年9月1日時点では世界中のどの仮想通貨取引所にも上場していません。上場していないのでSWEATそのものには市場で価値がついていない状態ですので、ビットコインなどと違い取引ができません。

ただし、SWEATは2022年9月13日に仮想通貨取引所への上場しました。上場後、2022年9月14日には8円程度まで上昇しました。

日本円と取引する場合は日本国内の仮想通貨取引所の口座開設が必要になりますので、今のうちにCoincheckなどの仮想通貨取引所で口座開設しておきましょう。

コインチェック

Sweatcoinの始め方

始め方を解説しますのでご参考としてください。

Sweatcoinを始めるにはまず自分のスマートフォンからSweatcoinのアプリをダウンロードします。

公式サイトの下記画像の部分からダウンロードして始められます。

SweatcoinのDownloadの手続きの画面

SweatcoinはiOSとAndroidのどちらにも対応していますので、自分のスマートフォンに合わせてアプリストアからダウンロードしましょう。

ダウンロードしたらアカウントの作成ですが、自分のAppleIDやGoogleアカウントで登録できます。

Sweatcoinアプリにサインインしたあとはスマートフォンに入っている歩数計算アプリとの連携ですが、画面指示に従って操作すれば自動的にアプリ連携してくれますので難しくありません。

歩数計算アプリとの連携が完了しましたら、早速歩きにいきましょう。

やることはスマートフォンを持って歩きに行くだけです。Sweatcoinアプリは起動しておく必要はありません。カバンやポケットに入れておけば、歩数は自動的にカウントしてくれます。

歩数に応じて自動的に、SWEATがアプリ内ウォレットに保管されます。

なお、仮想通貨をすぐに換金したりできるようにするため、必ず暗号資産の口座開設は済ませておきましょう。日本国内と海外の暗号資産取引所の開設をおすすめしますが(日本国内は必須)、まずは、大手取引所で評判が良く、NFTマーケットプレイスも保有しているので儲けるチャンスが大きいコインチェックで口座を作成するのが良いでしょう。

Sweatcoinの稼ぎ方

Sweatcoinで歩いて稼ぐイメージ
引用:公式サイトより

Sweatcoinで稼ぐにはとにかく歩くことです。Sweatcoinではスピードは関係ありませんので、自分に合ったスピードで毎日続けることが大切です。

Sweatcoinは1,000歩ごとに1SWCを獲得できます。だれでも1日1回、20分間利用できる「デイリー2倍ブースト」があり、使用すると20分間は獲得できるSWCが2倍になります。

Sweatcoinをメインにしっかり稼いでいくのなら、有料のプレミアム会員を検討してもよいでしょう。

1ヶ月550円ですが、年間プランだと2,700円と、年間プランの方がかなりお得です。プレミアム会員になると1,000歩で2SWC獲得できますので、より効率的に稼げます。身近にMove to Earnに興味がある人がいるなら、招待報酬を狙うのもいいでしょう。

Sweatcoinでは友だちを招待すると、紹介報酬として1人あたり5SWCを獲得できます。招待できる人数に制限はありませんので、招待する人数が多ければ多いほど、たくさん稼げます。

「デイリーリワード」は毎日最大3回利用できます。クリア条件は30秒ほどの動画広告を視聴するだけです。アプリ広告が多いので、他のアプリで視聴経験がある人も多いことでしょう。

広告を見終わると0~1,000SWC(ランダム)の報酬が獲得できます。

ほとんどの場合、1以下のSWCしか獲得できませんが、たった1,000歩だけで1日3回もチャレンジできるのですから、こんなにやりやすい報酬もないでしょう。

デイリーリワードで獲得できるチャンスは、1日の歩数が0歩、500歩、1,000歩のときです。

なお、本業がサラリーマンの人は、Move to EarnのようなNFTゲームが会社の副業禁止規定に違反しない可能性が高いですが、念のために、下記の副業禁止規定と仮想通貨やNFTゲームの関係についての記事もご確認ください

無料でプレイ

Sweatcoinはアプリをダウンロードするだけですぐに始められ、登録や維持費含めてすべて無料でプレイできます。

有料プランはあるものの、他のMove to Earnゲームと違い、初期投資の必要がありません。

ゲーム内で獲得できる仮想通貨「SWEAT」のうち5%が手数料になりますが、自動的に引かれますので、特に意識する必要もありません。

日々、通勤通学やウォーキングなどで自然と稼げるため、月額550円のプレミアム会員にならなくても十分楽しめます。

日本語にも対応していますので、言語の壁も感じることなくプレイできます。

初期投資にそれなりに費用をかけて稼ぐことを楽しむのもいいですが、Move to Earnの最初の入口としては、無料で始められるSweatcoinは最適といえるでしょう。

Sweatcoin(SWEAT)の歴史

Sweatcoin(SWEAT/Sweat Economy)は2016年に登場したイギリスが発祥のフィットネスアプリです。

ロンドンの起業家『Oleg Fomenko』と『Anton Derlyatka』が開発に携わりました。

体を動かすという行為そのものが何かの価値と交換できれば、人々はモチベーション高く運動できるのではないか、運動を継続できるのではないかという思いで開発されたのが、Sweatcoinです。

2016年にイギリスでリリースされた後、2018年にはアメリカで爆発的な人気となりました。

その後もヘルス&フィットネス部門でトップ10入りしているほどの人気アプリとなっています。

利用者は世界全体で6,400万人以上と、ユーザーはさらに増え続けていますので、今後の価格に期待する投資家も多いのです。

歩くだけで仮想通貨が貯まり、さまざまな商品と交換できるフィットネスアプリという気軽さ、日本語に対応していること、さらにSTEPNに代表されるMove to Earnゲームの人気拡大により、日本国内でプレイする人はますます拡大していくことでしょう。

STEPNやSweatcoinの他にもAgletの人気も高まってきていて知ってる人も増えてきていますし、又、Genopets(GENE)などの銘柄も同様に将来性を期待されています。

2022年9月現在では、Move to Earn銘柄への注目も大きくなってますが、STEPNの次に暴騰する銘柄としてSWEATなどのMove to Earn銘柄は期待されているとも言えるでしょう。

特徴を詳しく解説

Sweatcoinは他のMove to Earnゲームと何が違うのか、その特徴を詳しく解説します。

歩いて仮想通貨を獲得

Sweatcoinではユーザーは1,000歩ごとに1SWCを獲得します。スピードは関係ありませんので、走る必要はありません。毎日無理なく続けられるように、自分のペースで歩くようにしましょう。

Sweatcoinアプリは歩数計測アプリと自動的に連動していますので、アプリを起動していなくても計測してくれます。

自分の1日の歩数がSweatcoinに確実に反映されるように、アプリが入ったスマートフォンは常に持ち歩かなければなりません。歩いて稼いでいることを認識するために、最初にうちは特にときどきSweatcoinアプリを立ち上げて歩数を確認するのがいいでしょう。

とはいえ、Sweatcoinをプレイする人が増え続ければ、SWEATのチャートの価格は上がっていくと考えられます。

アプリが使える国が多い

Sweatcoinアプリが使える国は、日本やアメリカを含めて30ヵ国以上あります。

使える国が多い上にiOS、Androidの両方に対応しています。

さらにだれでも無料で始められるため、スマートフォンだけあれば大丈夫という点はSweatcoinの魅力のひとつです。

SWEATの使い道

Sweatcoinのゲーム内仮想通貨「SWEAT」は2022年9月に上場しましたが、Sweatcoin内においてはさまざまな使い方があります。

ハイテクシューズやApple Watch、ヨガなどのいろいろな商品やサービスと交換可能です。

SWEATを商品に交換するにはアプリ内のショップにアクセスし、ショップから交換しましょう。

また、SWEATで人や動物の支援団体に寄付することもできます。

SweatcoinではAFRICAN WILDLIFEやLONELY WHALE他、100以上の慈善団体に協力しています。

日本でも有名なSave the Childrenの公式パートナーでもあり、SWEATで寄付するという文化は世界の中ではスタンダードです。

初期費用無料

Sweatcoinのアプリはダウンロードが無料、登録も無料、プレイする際も有料会員でなければずっと無料でプレイできます。

STEPNの場合はNFTスニーカーを10万円以上で購入する必要があり、確かにSweatcoinよりは多く稼げるものの、初期投資としてかかったNFTスニーカーの費用を回収するには数ヶ月かかります。

他のMove to Earnゲームも初期費用がかかるものが多く、興味はあっても始めるためのお金は出せない人も多かったことでしょう。

しかしSweatcoinについては初期費用がかかりませんので、初めてMove to Earnゲームをプレイする人も気軽に始められます。

Sweatcoinのアプリは一部英語が含まれるものの、日本語対応しているため、日本人ユーザーも始めやすいように設計されています。

アプリをダウンロードして歩くだけという、とてもシンプルな内容になっていますので、仮想通貨やブロックチェーンの知識が不足していても、アプリは問題なく使えます。

Move to Earnの銘柄のおすすめはいくつかありますが、Sweatcoinはそのおすすめの1つと言えます。他の銘柄も見てみたい人は、下記もページもご覧ください。

仮想通貨SWEATの今後の価格の予想

2022年9月に上場したのSweatcoin(SWEAT)ですが、今後の価格の予想が気になる人も多いでしょう

2022年9月13日に上場したばかりですので、今後の価格予想は簡単ではないですが、STEPNなどとは異なり、ユーザーに過度な報酬が払われるわけではないので、徐々に価格を切り上げていくという予想が多くあります。

SWEATの将来性に大きな期待を寄せる人は20円など、非常に大きな価格になると予測するかもしれませんね。

ポイントとして、新規取引所への上場や、仮想通貨市場全体への資金流入が挙げられます。新しい取引所に上場すると、購入可能な人が増えるので価格が上がると予想できますし、仮想通貨市場の上昇トレンドにおいてはSWEATも併せて上がっていくことでしょう。

ちなみに、稼いでも日本円に戻すための暗号資産取引所の口座を持っていない困るので、下記で口座開設だけは早めに行っておきましょう。どんなにSWEATを貯めても、口座開設の審査に落ちるようではいけないので、先に開設して安心しておいた方が良いでしょう。

Sweatcoin(SWEAT)のまとめ

ここまでSweatcoin(SWEAT/Sweat Economy)とは何か、Sweatcoinの歴史、Sweatcoinの特徴について詳しく解説してきました。

Sweatcoinは2022年9月に仮想通貨取引所に上場しましたが、今からSweatcoinを歩いて稼いだり、投資していれば先行者利益を得られる可能性があります。

Sweatcoinのビジョンは人々を健康にすることで社会に利益をもたらすことです。

Sweatcoinのビジョンどおりに順調に進めば、「歩く」ことに価値が生まれますので、多くの人がSweatcoinをプレイするようになり、人々の生産性が上がって医療費は下がることでしょう。

仮想通貨やブロックチェーンの知識が少ないために安全性が懸念されるゲームもありますが、Sweatcoinはユーザーのデータの安全性を最優先に考えていますので、ユーザーは安心してプレイできます。

他のMove to Earnゲームに初期投資がかかるものが多いのに対して、Sweatcoinは初期投資が無料ですので、資金を失うなどのデメリットはなく、気軽に始められます。

STEPNと比べると日本の知名度は低いものの、世界中で6,400万人以上が登録しているアプリであり、世界20ヵ国でアプリダウンロード数No.1を記録しています。

Move to Earnの可能性はさらに高まっていくことが期待されます。

体を動かすだけで報酬を得られるという気軽さから、世界中で今後さらに浸透してくことでしょう。

STEPNやSweatcoinだけでなく、Move to Earnのゲームはどんどん増えています。

Genopets、Fitmint、THE SNKRS、STEP、Dustland、DEFYなど、大きく注目されている分野のゲームですから、参入するゲームはまだまだ増えると予想されます。

ひとつのゲームに集中する必要がないのも大きなポイントです。

Move to Earnのゲームは同時起動で併用してプレイできますので、スマートフォン1台で効率的に稼げます。

Move to Earnの普及拡大とともに、Sweatcoinの人気はさらに向上していくことでしょう。

有名スポンサーから出資を受けているのもSweatcoinの将来が明るい点です。

特にOKEXは世界大手仮想通貨取引所OKXの投資部門であり、最先端のブロックチェーン技術を支援しています。つまり、Sweatcoinに対して出資する魅力が十分であると考えているのです。

NEAR上の有望プロジェクトに出資しているNEARやSPARTAN、GSRなども出資しており、世界中で名前が知れ渡っているスポンサーからの出資はSweatcoinの将来が高く評価されている証明でもあります。

また、世界的な投資企業やWeb3に特化したベンチャーキャピタルからも出資を受けています。

Sweatcoinはこのまま歩くだけのMove to Earnにとどまりません。Sweatcoinは将来的にいろいろなスポーツを融合させ、SweatEconomyとしてひとつになることを目指しています。

水泳やサイクリング、ワークアウト、パドリングなど、Sweatcoinは取り込めるスポーツはすべて取り込み、世界中でSweatcoinを使う人々をもっと増やそうと力が入っています。

Sweatcoinのアプリはとてもシンプルな作りとなっていますので、プレイできるスポーツが増えたとしても、複雑になることはないでしょう。

仮想通貨取引所に上場したSweatcoinのゲーム内仮想通貨「SWEAT」についても、Sweatcoin自体でプレイヤーが増えれば、SWEATを保持する量も増えますので、価格が上がると予想できます。

利益を得るだけなら続けにくい仮想通貨への興味も、運動と健康が一緒に手に入るのだとしたら、間違いなくモチベーションにつながることでしょう。

Move to Earnは世界中で人気が出ているとはいえ、日本のメディアで取り上げられることがほぼないように、日本での人気はまだまだこれからです。

まずはSweatcoinをプレイしてみて、SWEATを貯めたり、商品に替えたり、寄付したりして、仮想通貨を使うことを楽しんでみましょう。将来性が十分に高い仮想通貨だと言えますので、今から触れておいて損はないでしょう。

先に日本の暗号資産取引所の口座は作成して、最終的に日本円に戻せるようにしておいてください。

コインチェック
この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
Crypto Guide(クリプトガイド)

おすすめ取引所の比較

取引所名 コインチェック DMMビットコイン ビットバンク BIT Point(ビットポイント) Huobi Japan
取引所画像
銘柄取扱数 18銘柄 6銘柄 14銘柄 14銘柄 22銘柄
販売所取引手数料 無料 無料 無料 無料 無料
取引所取引手数料 無料 Maker -0.02% Taker 0.12% 無料 Maker 0.012~0.150% Taker 0.036~0.150%
レバレッジ取引の有無 2倍 2倍 2倍
最低取引単位 500円相当額 販売所:0.0001 BTC
取引所:-
取引所:-
販売所:0.00000001 BTC
販売所:0.001 BTC
取引所:-
販売所:0.001 BTC
取引所:0.0001 BTC
運営開始日(日本国内) 2014年8月 2018年1月11日 2014年5月7日 2016年3月 2016年9月
公式サイト コインチェック
公式サイト
DMMビットコイン
公式サイト
ビットバンク
公式サイト
BIT Point(ビットポイント)
公式サイト
Huobi Japan
公式サイト
タイトルとURLをコピーしました