SheepToken(SHEEP)の特徴や歴史について詳しく解説

今回はSheepToken(SHEEP)とは何か、又、SheepTokenの歴史や特徴について、詳しく解説します。「Sleep to Earn」のNFTゲーム「Sleepagotchi」で発行されるトークンなのです。

SheepToken(SHEEP/シープ)は「Sleep to Earn」のNFTゲーム「Sleepagotchi」のなかで稼げる仮想通貨です。

今後、仮想通貨(暗号資産)やブロックチェーン業界でSleep to EarnのNFTゲームが人気となると、SHEEPの価値も上がっていくのではないでしょうか。

SheepTokenを稼ぐことにより、Sleepagotchi内でさまざまなNFTアイテムを購入できるようになります。

今回はSheepTokenとは何か、又、SheepTokenの歴史や特徴について、詳しく解説します。

なお、Sleep to EarnなどのNFT関連銘柄を手に入れる場合には、日本国内ではNFTマーケットプレイスを有していりと、NFT関連に積極的に関わっているコインチェックの口座は必ず持っておきたいですね。

SheepToken(SHEEP)とは?

SheepTokenはNFTゲーム「Sleepagochi」のアプリ内でトークン経済が持続するように発行されている仮想通貨です。

一例として、Sleepagotchiで睡眠をとることで得られる報酬やNFTアイテムをバーンすることによりSheepTokenが新規発行され、SheepTokenをNFTアイテムのレベルアップのときに使ったり、NightBoxを受け取ったりなどができます。

Sleepagotchiのなかで「SheepToken」を増やしたり減らしたりと回転させることによって、SheepTokenがアプリ内通貨としての価値を維持できるようになっています。

今のところ、Sleepagotchiのなかでのみ使えるゲーム内通貨となっており、仮想通貨取引所に上場しないことはもちろんのこと、市場での流動性もありませんので、他の仮想通貨や法定通貨と交換できませんので、注意が必要です。

SHEEPのコインとしての価格の将来性に関しては、今後、SHEEP又はSHEEPと交換可能な仮想通貨(暗号資産)が日本や海外のどこかの暗号資産取引所に上場することがあれば、価格が非常に高くなる可能性があります。したがって、早めに手に入れることで、先行者利益の獲得を目指している人は多いでしょう。そうなった際の将来的なSHEEPの価格に期待しているプレイヤーは多いでしょう。

ただし、SheepTokenを入手するためには仮想通貨と交換しなければなりませんので、まだ仮想通貨取引所に口座がない場合は、予め準備しておきましょう。

コインチェック

Sleepagotchiの始め方

SheepTokenを稼げるSleepagotchiの始め方について解説します。

Sleepagotchiは現在、アプリが開発段階にありますので、プレイできるのは正式版ではなくアルファ版になります。

アルファ版を始めるためには「Discordに参加してレベルを15以上にあげる」「Discordへ3人招待して招待メンバーのレベルが3以上になり、さらにサーバーブーストを使うこと」が条件です。

Discord内でのレベルの上げ方は、Discordのなかで会話を行うだけです。日本語用のチャンネルもあるため、レベル上げはしやすいでしょう。

2つの条件のうち、他のメンバーを招待するのは少し大変ですので、Discordでレベルを15まで上げる方が効率的かもしれません。

上記の条件以外で、Sleepagotchiの公式ページから「順番待ちリスト」に登録すると、アルファ版のテストユーザー抽選に参加可能です。

ただし、抽選は運まかせな上に選ばれる確率は低いため、アルファ版に参加するためにはDiscordでのレベル上げがより近道であることは間違いないでしょう。

なお、Sleepagotchiの始め方や稼ぎ方については下記のページで解説しています。

Sleepagotchiの遊び方

Sleepagotchiは「目標の就寝時間・起床時間を設定する」→「設定した時間どおりに睡眠をとる」→「設定した時間に起きてアプリを起動」→「SheepTokenやNightBoxを報酬として得る」という流れになります。

つまり、Sleepagotchiは自分が決めた睡眠のスケジュールに従って眠り、NFTアイテムやSheepTokenを獲得していくのです。

寝て稼ぐゲームですので、睡眠時間が長くなれば当然、獲得できる報酬も増えます。可能な限り長く眠るのがポイントです。

Apple Watchなどのウェアラブル端末があれば、装着して睡眠をとるとSheepTokenの獲得量が1.5倍に増えますので、もし持っているなら着用しておきましょう。

SheepTokenの稼ぎ方

SheepTokenはSleepagotchiのアプリ内でNFTアイテムをNFTマーケットプレイスで売って稼ぐのがメインになります。

Sleepagotchiのアプリ内のマーケットプレイスでは基軸通貨がSheepTokenとなるため、獲得したNFTアイテムを売ることでSheepTokenが稼げます。

Sleepagotchiはゲーム内のバーチャルルーム「MetaRoom」でNFTアイテムを設置することが可能なため、NFTアイテムを求めてコレクターの間で需要が高まると考えられます。

特にレアリティの高いNFTアイテムは価値があり、コレクターの注目を集めて価格も大きく上がることでしょう。

NFTアイテムはNightBoxで毎日獲得できますので、レアリティの高いNFTアイテムを得られる機会は少なくありません。Sleepagotchiを毎日コツコツとプレイすることが、レアアイテムを獲得する可能性を高めてくれます。

SheepTokenを稼ぐ準備

Sleepagotchiを始める前の準備として、仮想通貨取引所で口座を開設する必要があります。

Sleepagotchiをプレイするために必要なNFTの購入にイーサリアムなどの仮想通貨を持っておかなければならないからです。

仮想通貨取引所は世界中にありますが、日本の金融庁に認可されている、日本国内の仮想通貨取引所が安全安心です。

コインチェック

SheepToken(SHEEP)の歴史

Sleepagotchiはまだ正式リリースされていないため、ゲーム内通貨であるSheepTokenもまだ完全に稼働していません。

仮想通貨取引所にも上場していないため、相場はわかりませんが、アルファ版が盛り上がり、正式リリースに向けて人気が高まればSheepTokenそのものにも注目が集まることでしょう。

SheepTokenはゲーム内でしか使えないので、用途は限定されてしまいますが、ゲーム内でSheepTokenを消費してレアなNFTアイテムの購入、NFTアイテムのレベルアップをすることで高い価値のNFTアイテムを所有していることになります。

そのNFTアイテムを外部のNFTマーケットプレイスで売却することにより、稼げるチャンスは広がるでしょう。

もちろん、今後SheepTokenが上場したり、他の仮想通貨と一定の交換割合で交換できるようになることを運営側は目指しているとも考えられますので、そうなった場合は、NFT売買で利益を得るのではなく、保有しているSHEEPの価格が大幅に上昇して大きな利益を得ることになるでしょう。

SheepToken(SHEEP)の特徴は?詳しく解説

SheepTokenの特徴について詳しく解説していきます。

睡眠を取るだけで得られる

Sleepagotchiは事前に就寝時間と起床時間をアプリで設定し、実際の起床時間との差を計測します。

自分で設定した睡眠時間に近ければ近いほど、SheepTokenを獲得できる量が増える仕組みです。

SleepagotchiはiOSの「AppleのヘルスケアApp」と連携し、睡眠データを集めています。

健康志向が広がるなか、Apple WatchやFitbitといった、睡眠時間を追跡できるウェアラブル端末を着ける人が多くなってきました。

SheepTokenはそのようなウェアラブル端末を着けてSleepagotchiをプレイすることで獲得報酬が増えて、より効率的に稼げるようになります。

ウェアラブル端末がなくても、「睡眠モード」をオンの状態にすることで、量は減るものの、SheepTokenを獲得できます。

Sleepagotchiは睡眠をとるだけで仮想通貨が貯まりますので、NFTゲームには運動やゲームをプレイして稼ぐものもあるものの、それらが苦手な人もSleepagotchiは寝るだけなので取り組みやすいはずです。

アプリ内でSheepTokenを獲得するにはNFTキャラクターの保有が条件となっており、NFTマーケットプレイスでSheepTokenを使って購入することになりますので、仮想通貨取引所でSheepTokenと交換できる仮想通貨を購入しておく必要があります。

NFTを売って獲得

Sleepagotchiでは毎朝のログインに対する報酬として、NFTアイテムが排出される「NightBox」を得ることができます。

獲得したNFTアイテムは「MetaRoom」というバーチャル上の自分の部屋に自由に置くことも可能ですが、SheepTokenをより効率的に稼ぐために、このNFTアイテムを利用しましょう。

NightBoxのランクはCommonからSecretまで、6段階でレアリティが設定されています。

NightBoxのレアリティによって、得られるNFTアイテムのレアリティはある程度決まってきます。

仮にSecretランクのNightBoxをゲットしたとすると、他よりもレアリティが何段階か低いNFTアイテムが、一定の確率により排出される仕組みです。

希少価値が高いNFTアイテムを獲得することで、NFTマーケットプレイスなどで高額での取引が可能となり、より多くのSheepTokenが得られる可能性が高まります。

レアリティの高いNightBoxの獲得率を上げるためには、Sleepagotchiのアプリ内で設定した睡眠時間にできるだけ近い睡眠をとったり、毎朝のログインを欠かさないなど、Sleepagotchiをしっかりプレイすることが必要です。

トークン経済

SheepTokenはSleepagotchi内のトークン経済を持続させる仕組みに貢献しています。

たとえば睡眠による報酬、NFTアイテムのバーンでSheepTokenを新規で発行して、NFTアイテムのレベルアップのときやNightBoxを受け取るときにSheepTokenを使用します。

このようにSheepTokenを増やしたり減らしたり、Sleepagotchi内で回転させることによって、SheepTokenはアプリ内通貨として価値を保っています。

この仕組みはNFTアイテムにも使われており、同じくSleepagotchi内で需要と供給のバランスが調整されることにより、価格の急上昇や急落を抑えています。

バーンはトークン経済圏を守るために、非常に重要な役割を担っていると考えることもできるでしょう。

SheepToken(SHEEP)のまとめ

ここまでSheepTokenとは何か、SheepTokenの歴史、SheepTokenの特徴について、詳しく解説してきました。

2022年始めに「Move to Earn」を代表するゲームとなった「STEPN」が大流行しました。その前には「Play to Earn」の「Axie Infinity」などの人気が出てきています。

Web3の注目が高まっていくのと比例して、「何かをしながら稼げる」という認識も浸透してきています。

「Move to Earn」「Play to Earn」のどちらも現在は人気が落ち着いてきていますが、STEPNのプレイに必要なNFTスニーカーは一時期、最低でも日本円で10万円以上の価格でした。

つまり、人気のあるゲームのNFTアイテムは価格も上がっていき、SheepTokenにも同じことがいえるでしょう。

Sleepagotchi自体がまだ正式リリースされていないため、今後の展開で不明な点はあるものの、「Sleep to Earn」はこれから人気が出ると期待されており、実際、「SleeFi」など他のゲームもどんどん登場してきています。

Sleepagotchiにとっては競争相手が増えたともいえますが、競合に負けまいと切磋琢磨してくれれば、「Sleep to Earn」全体の人気も確実にアップします。

リアル経済でもそうですが、お金は人が集まるところに流れてきますので、「Sleep to Earn」全体の盛り上がりはSleepagotchiにとっても歓迎すべきところでしょう。

日本国内ではNFTを実際に買ったことがある人は1万人前後といわれており、NFTに対する盛り上がりはまだまだこれからです。

今はまだ、投資目的やコレクションの意味合いが強いため、普通の人には少し買いにくいのかもしれません。

興味が薄い人にとっては、今のNFTの盛り上がりが一部に限定されているように見えることでしょう。

そんな状況もおもしろいNFTゲームが出れば、流れは変わるはずです。

Sleepagotchiでは数多くのNFTアイテムが登場する予定であり、SheepTokenを稼げば稼ぐほど、よりレアなNFTアイテムを購入できたり、NFTアイテムのレベルアップができたりします。

SheepToken自体はゲーム内トークンにすぎませんが、SheepTokenを使って価値の高いNFTアイテムを購入し、それを外部のNFTマーケットプレイスで売却して稼ぐチャンスは十分あります。

Sleepagotchi正式リリースまで仮想通貨取引所を開設したり情報を集めたりと、稼ぐチャンスを逃さないようにしっかり準備しておきましょう。

この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
Crypto Guide(クリプトガイド)

おすすめ取引所の比較

取引所名 コインチェック DMMビットコイン ビットバンク BIT Point(ビットポイント) Huobi Japan
取引所画像
銘柄取扱数 18銘柄 6銘柄 14銘柄 14銘柄 22銘柄
販売所取引手数料 無料 無料 無料 無料 無料
取引所取引手数料 無料 Maker -0.02% Taker 0.12% 無料 Maker 0.012~0.150% Taker 0.036~0.150%
レバレッジ取引の有無 2倍 2倍 2倍
最低取引単位 500円相当額 販売所:0.0001 BTC
取引所:-
取引所:-
販売所:0.00000001 BTC
販売所:0.001 BTC
取引所:-
販売所:0.001 BTC
取引所:0.0001 BTC
運営開始日(日本国内) 2014年8月 2018年1月11日 2014年5月7日 2016年3月 2016年9月
公式サイト コインチェック
公式サイト
DMMビットコイン
公式サイト
ビットバンク
公式サイト
BIT Point(ビットポイント)
公式サイト
Huobi Japan
公式サイト
タイトルとURLをコピーしました