キャッシュ(QASH)の今後の価格予想や特徴について詳しく解説【リアルタイムチャート】

仮想通貨「キャッシュ」はQUOINE社のLIQUIDプラットフォームサービスで共通して使えるトークンです。 今回はキャッシュとは何か、キャッシュの今後の価格予想や歴史、特徴について詳しく解説します。

【QASH/USD】リアルタイムチャート

仮想通貨「キャッシュ」はQUOINE社のLIQUIDプラットフォームサービスで共通して使えるトークンです。

キャッシュが注目されたのは2017年11月におこなわれたICOの発行です。当時としては大型のICO案件であったことから、多額の資金調達を受けたキャッシュが話題になりました。

今回はキャッシュとは何か、キャッシュの今後の価格予想、歴史、特徴について詳しく解説します。

キャッシュ(QASH)とは?

キャッシュはQUOINE株式会社の「QUOINE LIQUID」プロジェクトのトークンの名称で、キャッシュを決済の一つとして採用することにより、金融分野での利便性と実用性向上を目指しています。

QUOINE株式会社は仮想通貨取引所の運営だけでなく、仮想通貨を利用した金融プラットフォーム、企業との連携について積極的です。

QUOINE株式会社が運営している金融プラットフォーム「LIQUID」では、決済と送金、入金などのサービスが利用できます。

LIQUIDプラットフォームの開発は引き続き進められています。LIQUIDプラットフォームはインターナルオーダーブックとエクスターナルアグレイトオーダーブックから構成され、仮想通貨取引の流動性を高めることが目的です。

仮想通貨の問題の一つが流動性です。各仮想通貨取引所ではそれぞれ取り扱っている通貨ペアがありますが、仮想通貨取引所はどこも独立して運営されていることで、ユーザーが仮想通貨取引をする上で制約があります。

QUOINE株式会社が開発を進める金融プラットフォームでは多くの通貨ペア間の仮想通貨取引を提供し、さらに仮想通貨取引所間のやり取りを促進することで、仮想通貨をもっと使いやすく、より多くのユーザーが参入できるようにすることを目指しています。

仮想通貨がメディアに多く取り上げられることが増えた一方で、利便性の整備が不十分なことによりユーザーの参入がまだまだ少なく、価格が安定していません。金融プラットフォームの整備は価格の安定への期待も込められています。

LIQUIDグループはどこもよりも早く、仮想通貨取引プラットフォーム構築に着手しました。

LIQUIDグループは2019年に価格が10億円を突破し、代表的なユニコーン企業となりました。今ではシンガポール、日本、ベトナム、フィリピンなど、アジアを中心に事業を拡大しています。

LIQUIDグループの創業者は栢森加里矢氏で、東京大学に入学するまでは南北アメリカを転々としていたマルチナショナルな人物です。

2010年にビットコインに出合ってその可能性に魅力を感じ、2014年にLIQUIDグループを起業、仮想通貨取引領域でアジアを中心に事業展開しています。

キャッシュは2017年11月に大型のICOがあり、当時の日本では最大規模となる約120億円の資金を集めました。このときの大型ICO案件は世界的に見ても大規模なプロジェクトです。

ICOとは「Initial Coin Offering」の略で、新規仮想通貨公開という意味です。クラウドセール、トークンセール、トークンオークションと呼ばれることもあります。企業が仮想通貨を発行して購入してもらうことで資金を調達します。

ICO以前、多くの企業は株式を発行することが資金を調達する手段でした。株式を発行してIPO(株式の新規上場)をおこないますが、株式上場までには多くの審査とコストがかかります。

一方、ICOは株式上場のような面倒な手続きを必要としないため、資金調達がスムーズにできます。

キャッシュはICOの資金調達ランキングで14位と、EOSやTezosなどの有名どころがランキング上位に見られるなかでまずまずの位置にランクインしており、期待の表れといえます。

キャッシュは使い道として、QUOINE社の提供するすべてのプラットフォーム上でサービス対価の決済に利用できます。

また、仮想通貨取引所などの公開市場でクリプトトークンとしても売買できます。クリプトトークンとは既存のブロックチェーン技術を利用して発行された仮想通貨です。

キャッシュの開発状況としては順調に進んでおり、世界的に活躍している優秀な人材も開発に携わっていますので、信頼できる開発チームであるという評価が高くなっています。

2022年時点もプロジェクトは進行中で、今後の開発状況次第ではさらに注目度は増していくことでしょう。

さらに同時並行で海外の証券取引所と本格的に提携を進めています。2017年12月にはジブラルタル証券所グループと戦略的事業提携で合意し、ヨーロッパへの展開も本格的にスタートしました。

キャッシュを発行したQUOINE社は金融庁に認可された仮想通貨交換業者です。つまり、キャッシュは世界で初めて金融庁が認可したICO案件ということです。初めて仮想通貨法の法令を遵守して生まれたトークンで、法律に則っているという安心感から安全に売買と取引ができます。

FTX社がQUOINE社を買収したために、現在はリキッドバイFTX(Liquid by FTX)でキャッシュを購入することができます。

本日のキャッシュ(QASH)の時価総額や価格、市場占有率【2022年9月24日時点】

キャッシュ(QASH)の価格や時価総額、市場占有率、時価総額ランキングは以下のようになっています。

仮想通貨(暗号資産)名称 QASH
単位(ティッカーシンボル) QASH
価格(2022年9月24日時点 以下項目も同じ) 2.71789111円(0.022321ドル)
時価総額 951,261,889円
時価総額占有率(仮想通貨の総時価総額に占めるQASHの割合) 0.0008%
時価総額ランキング 819位
上場以来の最高価額(ATH) 2.49USドル
市場流通量(循環している供給量) 350,000,000QASH
QASHのHP オフィシャルHP
2022年9月24日現在

キャッシュ(QASH)の買い方

キャッシュ(QASH)を購入する手続きとしては、まずはリキッドバイFTX(Liquid by FTX)で口座開設を行いましょう。これは無料で行えるので、作っておいて損はないですね。免許証などの身分証明書があれば、簡単にオンラインで口座作成できます。

その後、銀行口座から暗号資産取引所の口座に入金します。あとは、口座のページにログインをして、取引所または販売所でQASHを購入すればOKです。

キャッシュ(QASH)の今後の価格の予想

キャッシュ(QASH)の今後の価格を予想する上で最も重要なのは、Liquidのプラットフォームとしての技術開発と普及の程度となります。キャッシュの将来性はプラットフォームの進化と人気上昇にかかっていると言えるわけです。

又、ビットコインやイーサリアムをはじめとする仮想通貨(暗号資産)市場全体への投資金額が大きくなることも大切です。

上場以来の最高値(ATH)との差額は大きいので、それだけ上がる余地があると捉えることもできます(割安だと捉えることができる)。一方で、FTX社が今は母体となっているために、今後はLiquidトークン(リキッドトークン)という名称に変更する可能性もあるので、そのタイミングで価格が大幅に上か下に変動する可能性もあるので、注意も必要でしょう。

2022年9月時点でも、まだ引き続き仮想通貨市場は調整ですので、仮想通貨全体の上昇トレンドが始まれば、まずは0.1ドルから0.2ドルという価格になるのではないかと予想しても良いでしょう。

キャッシュ(QASH)の歴史

キャッシュのこれまでの歴史について詳しく解説します。

大型ICO案件

キャッシュは2017年11月、ICOのよる資金調達で当時としては最大規模となる、約124億円を調達しました。

このときの大型ICO案件により、キャッシュは大きな注目を集めることとなりました。

開発状況発表

QUOINEは2020年3月9日、独自ブロックチェーン「Liquid分散台帳(LDL)」の開発状況を、QUOINEの公式ブログに投稿しました。

Liquid LDLは2月にテストネットをローンチしており、6月から9月頃にメインネットをリリースすることを明らかにしました。

QUOINEが公開したロードマップによると、Liquid LDLは金融サービスと金融テクノロジー企業に向けて、ブロックチェーン上で商品を構築できるプラットフォームとされています。

Liquid by FTXはキャッシュをネイティブ通貨として扱い、キャッシュのステーキングにも対応します。

Liquid LDLは開発者の使いやすさを重視しています。イーサリアムで分散型アプリケーションを開発する場合、スマートコントラクト開発用のプログラミング言語を習得しなければなりませんが、Liquid LDLのスマートコントラクトの場合は既存のプログラミング言語に対応しており、開発がしやすくなっています。

金融庁への登録

2021年10月28日、キャッシュを発行するQUOINE株式会社は、「第一種金融商品取引業」の登録を完了させました。

キャッシュの高騰

2022年4月5日、キャッシュが一時前日比25.6%高の10.5円台まで買われました。

高騰した背景には、プロジェクトのアップデート最新情報により、Liquid chainプロジェクトの開発中心とキャッシュとFTTの特別交換レートを用意したことがあります。

特設サイトを利用してキャッシュをFTTに交換した利用者は、通常得られるFTTの数量にプラスして交換数量の10~20%分のFTTが追加付与されるため、アービトラージ需要がキャッシュ価格を押し上げた可能性があります。

FTTはFTXの独自トークンのことで、取引手数料の割引やFTTを保有することによる特典が受けられます。

キャッシュ(QASH)の特徴は?詳しく解説

キャッシュは他の仮想通貨とどう違うのか、詳しく解説します。

仕組み

キャッシュはイーサリアムのERC20という仕様で発行された、QUOINE独自のトークンです。

現在も同じ仕組みで発行されていますが、キャッシュは独自のブロックチェーン完成を目指しており、LIQUIDなども含めて、独自のブロックチェーン上に移行しようとしています。

取り扱いについて

キャッシュを日本国内で取り扱っている仮想通貨取引所はQUOINEXのみです。

キャッシュは金融庁が認可した仮想通貨としてホワイトリストに入っているため、安心安全に運用ができます。

実際のところ、金融庁から認可を受けずに運営している仮想通貨取引所が多いなか、FTX Japanは交換業者として認可を受けている点で安心です。

前身のQUOINE株式会社は設立が2014年で設立当初は法定通貨で仮想通貨を購入できるサービス「Quoinex」を展開していました。

さらにその後は仮想通貨どうしの取引を可能にするサービス「Qryptos」をローンチしましたが、2018年にQuoinexとQryptosを統合し、Liquidをローンチしています。

LIQUIDは仮想通貨取引所として実績が認められてきており、海外の大手仮想通貨取引所がFTXに注目しています。

2022年にはFTXの子会社として『FTX Japan』に社名変更し、世界規模の仮想通貨取引所とタッグを組んでいますので、キャッシュの価値はさらに高まっていくことでしょう。

LIQUIDプラットフォーム

LIQUIDの目的は仮想通貨市場における非流動性の解決です。世界中の仮想通貨取引所をLIQUIDを介してつなげることにより、通貨ペアを気にすることなくどの国の通貨とでもスムーズな取引の実現を目指しています。

LIQUIDは世界中の通貨をつなぐ、新たな金融サービスなのです。

非流動性が解決されれば、投資家の利便性は大きく高まりますので、仮想通貨市場がさらに拡大していくことが期待できます。

LIQUIDプラットフォームの今後の開発状況はキャッシュの価格動向と合わせてぜひ注目していきたいポイントです。

キャッシュ(QASH)のまとめ

ここまでキャッシュとは何か、キャッシュの歴史、キャッシュの特徴について説明してきました。

キャッシュはLIQUIDプラットフォームで利用できる仮想通貨です。これからキャッシュがさらに需要を増やしていくにはLIQUIDプラットフォームの開発が進み、さまざまなサービスを提供していく必要があります。

プラットフォームは実際のところ、開発状況が市場に随時公開されているため、今後も順調に開発が進んでいけば需要は増えることでしょう。

モバイルアプリについても開発中となっていますので、正式版がリリースされれば利便性はさらに高まっていくことでしょう。

ユーザーの利便性向上はLIQUIDプラットフォームを利用する人が増えることにつながりますので、キャッシュの価値が高まる可能性があります。

仮想通貨市場ではビットコインの価格と連動することが多いのですが、キャッシュもその例外に漏れることなく、ビットコインと価格が連動しています。キャッシュの値動きを追っていくと、ビットコインと連動しているのがよくわかります。値上げや値下げの幅はもちろん違いますが、値動きが始まるタイミングはほぼ同じです。

キャッシュがさらに価格を高めていくためにも、ビットコインの上昇は必須といえます。

仮想通貨は何やっているかわからないと敬遠する人も多いでしょうが、キャッシュについては開発状況を随時確認できますので、投資家から信頼を得やすく、投資対象としても検討しやすくなっています。

今後も信用を積み重ねることで投資家の数が増えていけば、価格に大きく影響し、キャッシュの価値がより高まっていくことが期待できます。

仮想通貨市場はこれからも伸び続けていきますので、キャッシュが活躍する場面はさらに増えていくことでしょう。

キャッシュの活躍を増やすために、仮想通貨市場の拡大だけでなく、LIQUIDプラットフォームの開発もさらに進める必要があります。

仮想通貨市場の拡大とLIQUIDプラットフォームの開発、この両輪がしっかり回っていけば、キャッシュは今後も期待できる通貨です。

キャッシュの時価総額は仮想通貨市場全体でみるとまだまだですが、それだけに伸びしろは十分です。今後もキャッシュの動向に注目していきましょう。

キャッシュ(QASH)を扱っている取引所

この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
Crypto Guide(クリプトガイド)

おすすめ取引所の比較

取引所名 コインチェック DMMビットコイン ビットバンク BIT Point(ビットポイント) Huobi Japan
取引所画像
銘柄取扱数 18銘柄 6銘柄 14銘柄 14銘柄 22銘柄
販売所取引手数料 無料 無料 無料 無料 無料
取引所取引手数料 無料 Maker -0.02% Taker 0.12% 無料 Maker 0.012~0.150% Taker 0.036~0.150%
レバレッジ取引の有無 2倍 2倍 2倍
最低取引単位 500円相当額 販売所:0.0001 BTC
取引所:-
取引所:-
販売所:0.00000001 BTC
販売所:0.001 BTC
取引所:-
販売所:0.001 BTC
取引所:0.0001 BTC
運営開始日(日本国内) 2014年8月 2018年1月11日 2014年5月7日 2016年3月 2016年9月
公式サイト コインチェック
公式サイト
DMMビットコイン
公式サイト
ビットバンク
公式サイト
BIT Point(ビットポイント)
公式サイト
Huobi Japan
公式サイト
タイトルとURLをコピーしました