Klaytn(KLAY)の特徴、将来性や今後の予想について解説【リアルタイムチャート有り】

Klaytn(KLAY)の強みは使いやすさと取引処理能力、拡張性、KlaytnブロックチェーンでのNFTを送ることができる点などにあり、将来性や今後の価格について期待が集まっています。この記事では、Klaytnの特徴や将来性、今後の予想について解説します。

【KLAY/USD】リアルタイムチャート

Klaytn(KLAY/クレイトン)は韓国で人気のSNSなどで「カカオトーク」の運営企業「kakao」の子会社である「Ground X」が開発した仮想通貨です。

クレイトンという名称ですが、ティッカーシンボルをそのまま読んでクレイと呼ばれることもありますね。

現在は、日本国内のビットポイント(BITPOINT)に上場しておりますので、ビットポイントのアカウント開設をすると、買うことができます。

この記事では、Klaytn(KLAY)の特徴や将来性、今後の予想について詳しく解説します

Klaytn(KLAY)とは?

Klaytnは韓国の大手IT企業kakaoの子会社「Ground X」が開発したプラットフォームおよび仮想通貨です。

Ground Xは韓国と日本を拠点としてビジネスを展開しており、kakaoの「カカオトーク」の技術をミックスさせることにより、次世代ブロックチェーンをベースとしたサービスを提供しています。

Klaytnの強みは使いやすさと取引処理能力、拡張性などであり、メインネットを立ち上げた2019年6月以降、エンターテインメント、ゲーム、旅行、食品、スポーツ、ヘルスケアなど、さまざまな分野の企業がエコシステムに参加しています。

参加しているのは「マイクロスタートアップ」から「規模の大きい企業」までさまざまで、幅広い種類のユーザーに対して、ブロックチェーン技術を提供しようとする取り組みが進行中です。

ブロックチェーン技術を利用したアプリケーションは通常「分散型アプリケーション(DApp)」と呼ばれているのに対し、Klaytnのブロックチェーン基盤のアプリケーションは「ブロックチェーンアプリ(BApp)」と呼ばれています。

Klaytnのプラットフォームは効率的なハイブリッド設計でつくられており、分散型データとその管理、分散型ガバナンスのパブリックブロックチェーンと、低レイテンシー、高スケーラビリティのプライベートブロックチェーンの機能が両方とも入っています。

このように優れた特性があるゆえに、上場審査が厳しい日本の取引所に上場できたと言えます。ビットポイント(BITPOINT)で買うことができます。

ビットポイント

Klaytnの創設者

Klaytnを支えるGround Xの創設者兼CEOは「Jaesun Han」氏です。Jaesun Han氏は韓国先端科学技術大学卒で、大学では電気工学と計算機科学の博士号を取得しています。

Ground X創設前から実業家としての道を歩んできており、最初にブレイクしたのが韓国初のビッグデータ・クラウドコンピューティング技術の2007年創設のスタートアップ企業「NexR」です。

2008年には「Cloud Computing Researchコンソーシアム」の理事長に就任しました。

さらに2022年にはJaesun Han氏はKTUcloudサービスを技術面でサポートする「KT Cloudware」社のCTOに就任しています。

Klaytnはこのように、実業家としてもエンジニアとしても超一流の創設者によって支えられているのです。

Klaytnの供給量

Klaytnの最大供給量は現時点では定義されていません。

2022年3月時点では、Klaytnの比率として、「Klaytn Gobernance Council」が供給量の34%を受け取り、ブロックチェーンのコンセンサスが54%、残りの12%はKlaytn改善準備金となっています。

Klaytnの購入方法

Klaytnは2022年9月現在、日本の仮想通貨取引所(暗号資産取引所)のビットポイント(BITPOINT)には上場しています。

早めにKlaytn(KLAY)を買いたい場合は、ビットポイント(BITPOINT)のアカウントを開設しましょう。審査も短時間で終わるので、購入するまでに多くの時間はかかりません。

ただ、Klaytnを取り扱っている海外の仮想通貨取引所を利用して購入することもできます。

海外の仮想通貨取引所は日本の取引所と違い、金融庁の認可を受けていないため、何か問題があった際に対応が難しくなる可能性がありますので、そこが心配な場合は国内の取引所で購入した方が良いでしょう。

海外での取引は自己責任となってきますので、情報を集めてよく検討し、実績と信用のある仮想通貨取引所を選ぶようにしましょう。

口座開設が完了すれば、日本で購入した仮想通貨を海外の仮想通貨取引所に送金し、そこでKlaytnと交換すれば完了です。

日本の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する前に、どの仮想通貨がKlaytnと交換できるのか調べておくようにしましょう。なお、海外取引所としてはバイナンス(BINANCE)はおすすめできます。

仮想通貨(暗号資産)の取引の初心者の人に関しては、やはりビットポイントで購入するのが最もわかりやすい買い方となりますので、そちらの口座開設をしてみましょう。

本日のKlaytn(KLAY)の時価総額や価格、市場占有率【2022年9月24日時点】

KLAYの最新の時価総額や時価総額ランキング、価格、市場占有率(シェア)の情報は以下となります。

仮想通貨(暗号資産)名称 Klaytn
単位(ティッカーシンボル) KLAY
価格(2022年9月24日時点 以下項目も同じ) 24.94579807円(0.204870ドル)
時価総額 75,842,182,175円
時価総額占有率(仮想通貨の総時価総額に占めるKLAYの割合) 0.0677%
時価総額ランキング 64位
上場以来の最高価額(ATH) 602.87円
市場流通量(循環している供給量) 3,040,278,847KLAY
2022年9月24日現在

Klaytn(KLAY)の価格推移

Klaytnは2021年4月、仮想通貨全体が上昇トレンドに乗ったことにより、価格が急上昇しました。

しかし2021年後半、今度は仮想通貨全体が下降トレンドに変わってしまったため、Klaytnも値を下げて推移しています。

今後の傾向としては、カカオサービスの活用による次世代ブロックチェーンサービスのニーズが増えることにより、Klaytn自体の需要も増すと予想されるため、Klaytnの価格は安定し、徐々に価格は上昇していくと考えられます。

なお、2022年9月現在の価格は1.2円前後を推移しています。

Klaytn(KLAY)の特徴は?詳しく解説

Klaytnにはどのような特徴があるのか、詳しく解説します。

簡単に開発できる

Klaytn(KLAY/クレイトン)ではブロックチェーンのスキルがなかったとしても、だれでも自由にトークン、アプリをつくることができます。これはKlaytnの大きな特徴であり、ユーザーにとってのメリットだと言えます。

仮想通貨についての専門家である必要はなく、ブロックチェーン技術に関してもそれほど深い知識はいりません。むしろ、ブロックチェーンに深く詳しい人は少なく、だからこそ、Klaytnが重宝されるのです。

仮想通貨業界では人気を集めている「DApps」の多くはイーサリアムブロックチェーンの上で組み立てられています。

一方、Klaytnについてはイーサリアムを構成する主な要素のひとつ「イーサリアム仮想マシン(EVM)」と互換性があるため、世界中のイーサリアム開発者はKlaytnについても簡単にサービスをつくることができるようになっているのです。

イーサリアム仮想マシンと互換性のある高性能ブロックチェーンとなっていますので、これまでのブロックチェーンプロジェクトやDAppsがKlaytnに移ってくる可能性があります。

つまり、今後はもっと多くのBAppsがKlaytnのブロックチェーン上で展開していくことが考えられるでしょう。

高速処理

Klaytnはさまざまな機能を搭載した高性能なブロックチェーンで、メタバースやゲーム、クリエイターエコノミー向けとしてつくられたパブリックブロックチェーンです。

Klaytnのネットワーク上では高性能を活かして、仮想通貨ウォレットやNFTマーケットプレイスなど、非常に多くの種類の商品やサービスが展開されています。その意味では、KlaytnはNFT関連銘柄の1つと考えても良いでしょう。

Klaytnは高速処理により、4,000TPS以上の速さを誇っています。「TPS」は1秒あたりのトランザクション処理件数を示す数字です。

同じ仮想通貨として有名なビットコインやイーサリアムの処理速度が15TPS程度に留まっていますから、Klaytnの処理速度がいかに優秀かがよくわかります。

特にイーサリアムはブロックチェーン上にDAppsを開発できると有名ですが、処理能力の弱さが指摘されており、送金の遅延やガス代の高騰など、スケーラビリティ問題が懸念され続けています。

ガス代は1万円を超えることも珍しくないため、これが高い壁となって参入に二の足を踏んでいる人は少なくありません。

Klaytnはトランザクション処理能力やネットワークの応答性、拡張性が柔軟であること、さらに手数料補助など、高機能なユーザーファーストのブロックチェーンとなっています。

そのため、Klaytnのブロックチェーン上では「Play to Earn」ゲームなどのさまざまなBAppがつくられているのです。

パートナーシップ体制

Klaytnの開発には世界でも有名な韓国の財閥「LGグループ」や新韓銀行などの大手企業が参加しており、パートナーシップ体制がとても充実しています。今後も企業提携を進めていくと思われます。

Klaytnは韓国国内では今、勢いのあるブロックチェーンプラットフォームのひとつであり、今後の成長が期待されているのです。

Klaytnのガバナンス評議会は、Klaytnのガバナンスについてさまざまな事案を決める権限を有している評議会となっています。

Klaytnの信頼性を確保できるよう、ガバナンス評議会の初期メンバーは信頼できる組織に限られていると、公式発表でも説明されています。

ブロックチェーンの業界では機能は優れているものの技術自体がほとんど使われないものもあります。

しかしKlaytnのガバナンス評議会には大手企業が数多く参加していますので、Klaytnの優れた機能を活かした大規模な開発が期待でき、これからもいろいろな場面でKlaytnが使われていくことでしょう。

2022年6月にはNFTマーケットプレイスのOpenSeaとも提携し、NFTエコシステムへの投資を進めています。

ウォレットサービス

Klaytn(KLAY/クレイトン)のウォレットの画像
引用:Klaytnの公式サイト

Klaytnの開発元「Ground X」では「Klip Wallet」という仮想通貨ウォレットを展開しています。上記画像のKaikasとMetaMaskの間にあるのがKlipです。

Klip WalletはKlaytnとKlaytnとの互換性のあるトークンについて、ポートフォリオを管理できるというメリットがあります。

Klaytnブロックチェーン上で開発されたものの一元管理が可能ですので、NFTを送ることもできるのです。

Ground Xの親会社「kakao」が展開するメッセージサービス「カカオトーク」の機能の一部として実装済みで、カカオトークを利用して手数料を払うことなく、KLAYやNFTを他の人に送ることができます。送金手数料がかからないというメリットをユーザーは享受できるのです。

ユーザーの多いカカオトークを利用することで、Klip Walletは他のウォレットよりも普及しやすいといえます。

Klaytn(KLAY)の将来性や今後の価格の予想

ここでは、Klaytn(KLAY/クレイトン)の将来性今後の価格の予想を行います。

「Ground X社」が開発したコインであり、同社はカカオトークで有名になったKaKao社の子会社ですので、Klaytn(KLAY)の信用力は高く、将来を期待できると思います。以下のような要素が今後の価格の上昇にとって重要になってくるでしょう。

カカオトーク上での多様な利用方法

カカオトーク上での利用方法が増加し、Klaytn(KLAY)の利便性が向上することで、需要が高まることが期待されます。

カカオトーク自体のユーザー数は韓国国内に非常に多くいるので、韓国国内からの投資を更に集めることで、Klaytn(KLAY)の今後の価格上昇に期待できるでしょう。既にKakao社が5億を超えるユーザーを抱えていることから、カカオトークのユーザーのKlaytn(KLAY)への重要を喚起することができれば、価格が急騰することも考えられます。Klaytn(KLAY)の将来性へのポテンシャルの高さをここに感じることができるでしょう。

NFTマーケットの拡大

NFTエコシステムに投資するKlaytn(KLAY)は、NFT関連銘柄の1つであるとも捉えられるでしょう。したがって、NFTが今後普及していってマーケットを広げるのであれば、それはKlaytn(KLAY)の将来価格にもプラスの影響をもたらすでしょう。

Klaytn(KLAY)のNFTプラットフォームであるクラファースペースの知名度が上がれば、それもKlaytn(KLAY)の価格に有利に働くでしょう。NFTプラットフォームは数多くあるため、ユーザーにメリットをもたらし、他のNFTプラットフォームとの差別化を更にしていくことも重要なポイントになると考えられます。

新規取引所への上場による韓国国外のユーザーの獲得

新規取引所、特に韓国以外の国の取引所への上場は、Klaytn(KLAY)の今後の価格にとって、非常に大きなポイントになります。

韓国で有名な仮想通貨(暗号資産)ではありますが、今後はより多くの投資を世界中から集めることで、時価総額が大きくなっていくでしょう。そのためには、まだ未上場の国の取引所での上場をすることで、その国で話題となり、資金を集めることができます。

なお、日本ではビットポイント(BITPOINT)が取り扱いを始め、それを機にKlaytn(KLAY)の存在を知った日本人は多いはずです。

仮想通貨(暗号資産)市場への投資の増加

Klaytn(KLAY)の価格は、ビットコイン(BTC)の価格の影響をかなり大きく受けています。これは他のアルトコインも同様なのですが、ビットコインの価格は仮想通貨(暗号資産)市場全体へ影響を及ぼすのです。

ビットコイン価格が上がると仮想通貨市場全体への投資が増加しますし、ビットコイン価格が下がると仮想通貨市場から資金が抜けていく傾向があります。

したがって、Klaytn(KLAY)の今後の価格の見通しを立てるのであれば、ビットコイン(BTC)の価格の予想・見通しも立てておきたいものです。

仮想通貨KLAYの今後の価格の予想

Klaytn(KLAY)については、2022年9月現在はドルベースですと0.23ドルですが、TNLの今後の予想を参照にすると、2022年中に0.54ドルとなり、2023年は0.79ドル、2024年に1.14ドル、2025年に1.7ドルという予想が立てられています。

結構先ですが、2030年には15.1ドルと、強気な予想になっています。

カカオトークという優位性があったり、NFTマーケットへの期待なども考えると、こういった金額になっても何ら不思議ではないでしょう。もしも、仮想通貨市場全体への投資が大きくなった場合には、将来価格はこの予想を大幅にこえた値段になるとも考えられます。

ビットポイント

Klaytn(KLAY)のまとめ

ここまでKlaytnとは何か、Klaytnの歴史、Klaytnの特徴について詳しく解説してきました。

Klaytnは今後どうなっていくのかみてみましょう。

親会社の信頼性

Klaytnの開発元であるGound Xの親会社kakaoは、モバイル業界でスタンプやゲームで大成功しており、韓国最大級といわれるポータルサイト「ダウム」と合併し、上場しました。

kakaoはO2O(オンライン・ツー・オフライン)サービスの展開を掲げており、タクシーの配車アプリ、ヘアサロンの予約サービスのほか、韓国最大級の音楽配信サービス「MelOn」も買収しており、自社サービスのなかで経済を回せるようにしています。

日本でいうと「楽天」が数々の企業を買収し、楽天内でいろいろなサービスを使ってもらうことでいわれている「楽天経済圏」というものに近いかもしれません。

kakaoの経営基盤と技術がしっかりとしていることで、Klaytnに対してはブロックチェーンプラットフォームの開発に力を入れることができ、さらに成長を加速させることにつなげられるでしょう。

高性能なブロックチェーンの開発

Klaytnには、有名なサービスであるカカオトークが提供しているサービスと連携し、高性能なブロックチェーンサービスを開発していくことが期待されています。

Klaytnのブロックチェーンは今でも、他の仮想通貨よりも高速処理を実現していますが、さらに開発が進むことでKlaytnのブロックが波及する間隔を1秒未満に短縮できると考えられており、1秒あたりの最大トランザクションをさらに増やすことが可能といわれています。

開発元のGround XはKlaytnの高速処理を活かして、ブロックチェーンサービスをアジアに展開し、存在感を高めようとしているのです。

Klaytnの開発プロジェクトは多数の企業が注目しており、エンターテインメントやゲーム、SNS業界など、合わせて10社以上が参加しています。

既存のブロックチェーンサービスを発展させることで、より利便性の高いサービスが開発されていくことでしょう。

BINANCE上場

Klaytnのブロックチェーンは高性能とはいえ、仮想通貨のなかではメジャーとはいえないコインです。

しかし、海外の大手仮想通貨取引所「BINANCE」には上場を果たしています。

BINANCEは新規上場の際の審査が非常に厳しいことで有名ですので、BINANCE上場によりKlaytnの将来性や実用性をBINANCEが認めたということになるのです。

世界の仮想通貨取引所のなかでも特に大きいBINANCEへの上場は、Klaytnのブランディングにもなっています。

BINANCEのユーザーは世界中に数多くいますので、BINANCEがKlaytnの保有量を増やすことで価格上昇が期待できるでしょう。ちなみに、日本国内の取引所としては有名大手取引所のコインチェックを利用して、海外取引所はBINANCEを利用するという組み合わせで仮想通貨取引をする人は多いですね。

日本の更なる上場にも期待

ここまで説明してきたように、Klaytn(KLAY/クレイトン)は今後もさらに期待できる仮想通貨ですが、2022年9月現在、Klaytnは日本の仮想通貨取引所ですと、ビットポイント(BITPOINT)に上場しています。

しかし、これから日本の他の仮想通貨取引所にも上場するようなことがあれば、Klaytnがもつ優れた特徴から、更に注目が高まることは間違いありません。

早く購入するならビットポイントの口座開設が必要ですので、口座開設をしてみると良いでしょう。

ビットポイント

Klaytn(KLAY)を扱っている取引所

この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
Crypto Guide(クリプトガイド)

おすすめ取引所の比較

取引所名 コインチェック DMMビットコイン ビットバンク BIT Point(ビットポイント) Huobi Japan
取引所画像
銘柄取扱数 18銘柄 6銘柄 14銘柄 14銘柄 22銘柄
販売所取引手数料 無料 無料 無料 無料 無料
取引所取引手数料 無料 Maker -0.02% Taker 0.12% 無料 Maker 0.012~0.150% Taker 0.036~0.150%
レバレッジ取引の有無 2倍 2倍 2倍
最低取引単位 500円相当額 販売所:0.0001 BTC
取引所:-
取引所:-
販売所:0.00000001 BTC
販売所:0.001 BTC
取引所:-
販売所:0.001 BTC
取引所:0.0001 BTC
運営開始日(日本国内) 2014年8月 2018年1月11日 2014年5月7日 2016年3月 2016年9月
公式サイト コインチェック
公式サイト
DMMビットコイン
公式サイト
ビットバンク
公式サイト
BIT Point(ビットポイント)
公式サイト
Huobi Japan
公式サイト
タイトルとURLをコピーしました