Genopets(GENE)の特徴や将来性、将来の価格の予想を詳しく解説【リアルタイムチャート掲載】

Genoptes(GENE)の概要や、歴史、特徴、遊び方、将来の価格の予想を解説します。Genopetsとはポケモンとたまごっちを融合させたNFTゲームです。キャラクターを育てて、相手とバトルしたり、育成して価値を高めたりします。

【GENE/USD】リアルタイムチャート

遊んで稼げるゲームを知っていますか?そんな夢のような話があるわけ無いと思うかもしれません。しかし最近リリースされたGenopets(GENE)はそれが可能です。歩いたり、モンスターをバトルさせたりして稼げます。楽しみながら稼ぎたい方や仮想通貨を始めてみたい方は必見です。Genopetsは2021年に開発されたかなり歴史の浅いサービスなため、今後は急激に価値が上がるかもしれません。そのため当記事では、Genoptes(GENE)の概要や、歴史、特徴、遊び方、将来の価格の予想を解説します。ぜひ最後まで読んで下さい。

Genopets(GENE)とは?

Genopets(GENE)のロゴ

Genopetsとはポケモンとたまごっちを融合させたNFTゲームです。キャラクターを育てて、相手とバトルしたり、育成して価値を高めたりします。例えば、歩いたり走ったりすることで経験値を得られます。

ポケモンGOと同様に動けば卵を孵化できるように、Genopetsでは、キャラクターの経験値を獲得可能です。4種類のゲーム要素と2種類の通貨を利用してゲームが進みます。ベースとなるブロックチェーンは「ソラナ」です。

なお、Genopetsのゲームで稼いでも、就業規則で禁じられることのある副業扱いになる可能性は低いでしょう。

Genopetsの始め方は後述しますが、最初に日本国内で暗号資産口座の開設しないと、換金したりできないので、作成しましょう。アプリの評判が良く、NFTマーケットプレイスを持っているコインチェックがおすすめかなとは思います。

コインチェック

本日のGenopets(GENE)の時価総額や価格、市場占有率【2022年9月24日時点】

Genopets(GENE)の最新の時価総額や価格の情報は以下となります。

仮想通貨(暗号資産)名称 Genopets
単位(ティッカーシンボル) GENE
価格(2022年9月24日時点 以下項目も同じ) 455.82円(3.743476ドル)
時価総額 1,835,541,637円
時価総額占有率(仮想通貨の総時価総額に占めるGENEの割合) 0.0%
時価総額ランキング 648位
市場流通量(循環している供給量) 4,026,902GENE
2022年9月24日現在

Genopets(GENE)の歴史

Genopetsは2021年の3月に開発を始めた新しいNFTゲームです。2021年の11月にβ版を正式にリリースして以降、4段階に分けて開発を進めています。開発者は、アルバート・チェン、ベンジャミン・ツェ、ジェイ・チャンです。サービス開始から半年ほど経った11月に、通貨価格は1400円から4000円まで急騰しました。しかしその1ヵ月後に仮想通貨の全体市場が大きく下落したことを受けて、ソラナコインの価値も下がりました。ロシアとウクライナの戦争によって仮想通貨全体の市場価値は下がりましたが、2022年の3月からコインが急騰して3000まで戻りました。現在は4段階の開発フェーズのうち1段階が完了しました。残り3段階を数年で完了させる予定です。

Genopetsの特徴は?詳しく解説

Genopetsはまだ開発から浅いため、知らない方も多いでしょう。そのため今回は一つ一つ詳しく特徴を解説します。Genopetsの特徴としては、以下が挙げられます。

  • Play-to-earnとMove-to-earnの融合
  • 4つゲーム要素 (GENE, KI トークン, XP, GENE Crystals) 
  • 無課金でも遊べる
  • 強力なベンチャーキャピタルから資金調達をしている
  • 2種類の仮想通貨を採用(特徴、概要説明)
  • 正式アプリはリリースされていない

Play-to-earnとMove-to-earnの融合

GenopetsはPlay-to-earnとMove-to-earnのシステムが融合したNFTゲームです。

そもそもPlay-to-earnとは

  • プレイ中に獲得したアイテムを売買する
  • 相手とバトルして報酬を得る
  • アイテムを購入してキャラクターを育てて売る

の3つの方法があります。ゲームのアイテムやキャラクターを交換したり交渉して利益を得られます。Move-to-earnはプレイヤーがどれだけ動いたかを計測してそのデータを元に報酬を得る方法です。歩く、走るなど日常の動く速度と距離で報酬が変化します。現在大流行しているNFTゲームのSTEPNは、Move-to-earnのみのシステムを搭載。GenopetsはMove-to-earnとPlay-to-earnの2つの面から仮想通貨を稼げます。

4つゲーム要素 (GENE, XP, GENE Crystals, Habitat)

Genopetsには4つのゲーム要素が組み込まれています。GENEとはGenopetsで使えるGENEトークンです。GENEトークンを保有することで、ゲームの新しいコンテンツや開発の方向性への意見を述べられます。

さらにGENEトークンを保有することで、$KIトークンによるステーキングを得られるでしょう。つまりGENEトークンがGenopetsの価値の指標になります。

2つ目の要素はXPです。歩いたり、走ったりなどの動くことで得られる経験値NFTでキャラクターの育成に使えます。GENE Crystalsは複数の用途があり、

  • 自分のキャラクターの進化
  • キャラクターの能力や属性に影響
  • ゲームを有利にさせる

があります。キャラクターの価値を高めて販売したい方には重要なアイテムです。

HabitatはGenopets内の土地です。土地を入手すれば、キャラクターを高い価値にしやすくなり、$KIトークンは後で後述しますが報酬も手に入る重要な要素です。

$KIトークンを得られる

無課金でも遊べる

Genopetsは無料で遊べます。

他の仮想通貨に関わるゲームは有料がほとんどですが、Genopetsはお試しに遊んでみたい方もプレイが可能。

同じMove-to-earnゲームで有名なSTEPNはシューズを買わなければなりません。

最近では10万円以上が初期投資に必要です。高い初期投資のため初心者が遊ぶには抵抗があるかもしれません。しかしGenopetsなら最初から無料で遊べて、途中から課金をすれば安心して稼げるようになります。

強力なベンチャーキャピタルから資金調達をしている

Genopetsは世界中から多くの資金を調達しています。KonvoyVenturesやPanteraCapitalなどの大きな機関からも資金が投入されました。日本からはサッカー選手の本田圭佑選手が投資をしています。多額の資金を調達できたため、開発への期待が非常に高いです。世界で一番人気のNFTゲーム、Axie Infinityにはまだ及ばないものの、今後はそれに追随するといわれています。

2種類の仮想通貨を採用(特徴、概要説明)

Genopetsでは2種類の仮想通貨を利用しています。ソラナとKIトークンです。

ソラナは2020年に誕生した比較的新しい通貨で現在の時価総額は7位です。イーサリアムより取引を高速で処理でき、スマートコントラクトを搭載しているため拡張性が高いです。今後も大きく伸びると期待されており、イーサリアムキラーと呼ばれています。

2つ目の通貨は$KIトークンです。このコインはゲームをプレイしているときに得られる報酬通貨です。自分のキャラクターの育成やGENE Crystalsに使えます。

正式アプリはリリースされていない

Genopetsはまだベータ版のため、公式版はまだ発展途上です。数年かけて開発を完了させるので、今後正式にリリースされたら大きく価値を伸ばすと考えられています。今のうちに購入すると大きく儲けられるかもしれません。

Genopetsの始め方を解説

Genopetsの始め方を解説します。以下の手順で行いましょう。

1.最初に国内取引所で仮想通貨(暗号資産)の口座開設を行います。

2.続いて、海外取引所を開設し、国内取引所で購入したビットコイン(BTC)を海外取引時に送金します。送金も時間がかからず、誰でも簡単に行うことができます。

3.海外取引所に着金したBTCをSOLに交換します。

4.SOLANAのWEB3.0ウォレットを作成します。こちらのPhantomのHPで簡単に作成できます。

Genopets用のPhantom口座のダウンロードの画像

5.作成したウォレットをGenopetsのHPでと接続すればOKです。

GenopetsとSOLANAのウォレットを接続するページ
引用:genopetsの公式ページ

上記手続きを完了すると、始めることができます。

なお、国内取引所は評判も良く、NFTマーケットプレイスも有しているコインチェックがおすすめです。下記のコインチェックの公式ページから取引所の開設手続きの申し込みをしましょう。

Genopetsの遊び方について解説

Genopetsの特徴や将来性を知っても遊び方がわからないかもしれません。Genopetsの基本的な遊び方を解説していきます。

キャラクターを育てて、売る

Genopetsのキャラクター画像

Genopetsでは最初にキャラクターを無料で配信されます。歩いたり、走ったりして経験値を得てそのキャラクターを育てます。他にもGENE Crystalsを使って、経験値を効率的に稼げるでしょう。注意点としては、キャラクターを進化させるにはGENE Crystalsが必須です。

他にもHabitatでは土地の種類や獲得量によってGENE Crystalを取得できるため、購入が難しい方は土地の入手から始めましょう。もし早くキャラクターを育てたいなら、NFTマーケットプレイスで購入をおすすめします。他のユーザーが定期的に販売しているため簡単に手に入ります。

育てたキャラクターで誰かと勝負する

育てたキャラクターで相手と対戦が可能です。対戦すれば、経験値や報酬としてコインが貰えます。ポケモンのバトルと同じ様な流れと考えればよいでしょう。現状$KIトークンは仮想通貨の取引市場に上場していないため、使い方は育成のためのアイテム獲得や経験値獲得のみに限られています。将来的にKIトークン上場すれば、遊び方の幅が増えるので今後のアップデートに期待しましょう。

Habitatを購入し、$KIトークンやクリスタルを稼ぐ

Habitatを購入すれば、$KIトークンを稼ぎやすくなったりGENE Crystalsが入手しやすくなります。Habitatのレベルが高ければ高いほどより良く、多く$KIトークンやGENE Crystalsが入手できるでしょう。時間がなくてヒマじゃないかたや、他のゲームとの兼ね合いで長く付き合えないかたは最初にHabitatを入手すると効率よく利益を作れます。

Genopets(GENE)の将来の価格予想

Genopetsは今後の将来性が高いといわれています。理由はMove-to-Earnへの期待値の高さなどを含め、以下の通りです。GENEへの需要の増加と共に、今後の価格が上がると予想されています。

  • Genopetsは「コロナ禍」に流行りやすい
  • 複数の取引所でIEOを実施!
  • Solanaブロックチェーンのメリットを応用
  • 多額の資金調達
  • Move-to-earnの将来性
  • まだベータ版のため正式リリースすれば上る可能性が高い

Genopetsは「コロナ禍」に流行りやすい

Genopetsはコロナ禍に流行りやすいといわれています。

外出の自粛によって多くのかたが自宅で過ごしています。しかし巣ごもりの期間が長期化するに連れて、体や精神に悪影響を与えました。さらにコロナの影響で仕事の数が激減して、お金に困る人が急増しました。そのためGenopetsのようなMove-to-earnのシステムに注目が集まりました。動けば稼げられる仕組みのため、活用するユーザーは急増すると考えられています。

コロナ禍が収束した後においても、在宅ワークなどが普及して、自宅にいる機会が増えた現代では、Genopetsへの需要はあると言えるでしょう。知名度が上がり、需要も増えれば、GENEの将来の価格が急騰する可能性も予想されます。

複数の取引所でIEOを実施!

複数の仮想通貨取引所でGenopetsはIEOが実施されました。IEOとは企業や機関が取引所を通じてトークンを発行し資金を調達する方法です。IEOが行われたためGenopetsの価値が約50倍にまで上がりました。IEOは過去に期待された銘柄に行われてきた歴史があります。そのため今回のGenopetsへのIEOによって価値が今後急上昇すると期待されています。

Solanaブロックチェーンのメリットを応用

仮想通貨ソラナの応用によって取引の速度がイーサリアムなどの有名通貨より格段に早いです。取引手数料も低いため今後も伸びるといわれています。SOLは最近上場した通貨ですが、2022年9月時点では、すでに時価総額が9位のため、今後は新たな主軸通貨として期待されています。

多額の資金調達

Genopetsは世界中の有名な投資家や機関から資金を得ています。今後のアップデートの際に資金調達を募集すれば、さらに資金を調達ができ、より価値のある通貨になるでしょう。

有名投資家が投資するということは、それだけ将来性を期待されているということです。今後において仮想通貨GENEの価格が上がることを予想して投資している人が多いとも言えるでしょう。

Move-to-earnの将来性

仮想通貨市場は日々進化しており、通貨のシステムを理解してない人が多いのが現状です。しかし今後NFTゲームや仮想通貨への投資が増せば、遊ぶ人の数が多くなるでしょう。例えば、NFTゲームで流行中のSTEPNは世の中に認知されたため、多くの人が遊ぶようになて価値が急騰しました。同じようにGenopetsも正式版を発表すれば、確実に認知されるでしょう。今後アップデートや認知のされかた次第で大きく変わります。

基本的に重要なのはMove-to-Earnの今後の人気の上昇であり、それはGENEの将来性にも大きく影響することになります。

下記の記事では、GENE以外のおすすめのMove to Earn銘柄に関しても紹介しております。

まだベータ版のため正式リリースすれば価格が上がる可能性が高い

Genopetsはフェーズ1が終わったところで、フェーズ4が完了するには数年の年月が必要です。そのため今後も新たな機能が追加されれば価値が急上昇するでしょう。

2022年9月現在までの過去最高価額(ATH)は37.83ドルではありますが、今後の価格としては、まずはその価格を抜けてくることが投資家に期待されており、超えると上に抵抗はないために、50ドルなどまですぐに上昇する可能性もあります。2022年9月時点では、米国の利上げなどの悪材料がほとんどGENE価格にも織り込まれていると考えられるので、今後は上昇トレンドになるのではないでしょうか。

もちろん、その時点での主要な仮想通貨であるビットコイン(BTC)の価格の影響も大きく受けるでしょうが、上昇トレンドにあれば、GENEの価格は今後において100ドルになってもおかしくはないでしょう。GENEの将来の価格に期待する投資家も多いと言えます。

Genopetsのまとめ

今回はGenopetsに関して解説をしました。特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • Move-to-earnとPlay-to-earnの融合
  • 無料で始められる
  • 複数のトークンや通貨を使用
  • 開発途上で今後のアップデートに期待

Genopetsの開発段階はまだ数回のフェーズがあるため、今後も機能や利便性が向上するでしょう。多くの投資家から資金を調達して開発をされているため、開発が滞るの可能性も低いと考えられます。今後GENEの価値が大幅に伸びる前に、ゲームを始めてみるのはいかがでしょうか。こちらの記事でGenopetsの始め方や遊び方も解説いたしましたので、是非プレイしてくださればと思います。

将来性が期待されるコインですので、買っておいても良いかなと思います。

もしかしたら多大な利益を得られるかもしれません。Genopetsを始めるためには、ソラナコイン(SOL)が必要なため、ウォレットの作成と海外での仮想通貨取引所に登録しましょう。まずは最初に日本国内で暗号資産取引所の口座開設をするのは必須となりますので、そこから始めましょう。

コインチェック
この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
Crypto Guide(クリプトガイド)

おすすめ取引所の比較

取引所名 コインチェック DMMビットコイン ビットバンク BIT Point(ビットポイント) Huobi Japan
取引所画像
銘柄取扱数 18銘柄 6銘柄 14銘柄 14銘柄 22銘柄
販売所取引手数料 無料 無料 無料 無料 無料
取引所取引手数料 無料 Maker -0.02% Taker 0.12% 無料 Maker 0.012~0.150% Taker 0.036~0.150%
レバレッジ取引の有無 2倍 2倍 2倍
最低取引単位 500円相当額 販売所:0.0001 BTC
取引所:-
取引所:-
販売所:0.00000001 BTC
販売所:0.001 BTC
取引所:-
販売所:0.001 BTC
取引所:0.0001 BTC
運営開始日(日本国内) 2014年8月 2018年1月11日 2014年5月7日 2016年3月 2016年9月
公式サイト コインチェック
公式サイト
DMMビットコイン
公式サイト
ビットバンク
公式サイト
BIT Point(ビットポイント)
公式サイト
Huobi Japan
公式サイト
タイトルとURLをコピーしました