Gala(GALA)の特徴や将来性、今後の価格の予想について詳しく解説【リアルタイムチャート】

Gala Gamesが発行している仮想通貨Gala(GALA)について、概要や歴史、特徴まで解説します。又、将来性や今後の価格の予想についても説明します。この記事を読むとGala(GALA)についての大枠が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

【GALA/USD】リアルタイムチャート

あなたは「ゲームで遊ぶだけでお金が稼げたらいいな」と感じたことはありますか?

ゲームにかなり課金しまくったけど、コンテンツが終了してしまい、今まで課金した金額がすべて水の泡になってしまったケースがある人もいるでしょう。

現代では、世界中でブロックチェーンの技術を利用して、仮想通貨(暗号資産)で稼げるゲームが多く発明されており、特にNFTゲーム市場は大きな展望をみせています。

今回は、Gala Gamesが発行している仮想通貨Gala(GALA)について、概要や歴史特徴まで解説します。又、将来性今後の価格の予想についても説明します。この記事を読むとGala(GALA)についての大枠が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

Galaとは?

GALAのロゴ

Gala Games(Gala) とは、ブロックチェーンゲームをいくつか開発している事業計画の総称です。

この Gala Games(Gala) は、米国のオンラインゲーム会社「Zynga」の創業経営者であるエリックシャーマイヤー氏をはじめ、有名なゲーム業界で結果を出してきた方々が、事業計画の開発チームに加盟しており、界最高のゲームエコシステムを構成することを目標としています。

ブロックチェーンゲームというと、加入の壁が高く、少数の人だけがマネタイズ目的でプレーしていることがほとんどですが、Gala Games(Gala) では「本当にプレーしたくなるブロックチェーンゲーム」を概念としており、ゲーム性も優先事項としています。

なんと、現在毎月100万人以上がGALA上のブロックチェーンゲームをプレーしているほどです。

このGala Gamesのプラットフォームで基軸トークンとなっているのが仮想通貨GALAです。

会社員でGala Gamesで稼いでみようとする人をはじめ、仮想通貨投資をする方は、下記の記事は必ず確認しておいてください。

なお、GALAは海外取引所であるBINANCEやCoin Baseで取り扱いがありますが、送金と最終的な日本円への換金のために、まずはコインチェックで口座開設をするのがおすすめです。

続いて、Galaの概要について解説します。

ファウンダーノード

仮想通貨Galaのネットワークにはファウンダーノードという特有のノード群によって保持されています。

ノードというのは仮想通貨の分野では1つ1つの機械であるコンピューターやルーターなどのことを示します。

GALAはゲーム内の取引を検証、保護するために、最大50000のファウンダーノードを指定しており、かなり厳重にGala Gamesを保護しており、心配することなく、仮想通貨Galaを保護できるのです。

日本語に対応している

Gala Gamesはホームページも合わせてほとんどが日本語に対応しています。

英語の箇所が一部ありますが、知らない英語が表示された時は、Google翻訳などの高性能翻訳サイトを利用して翻訳すれば、英語が苦手な人でも弊害なくゲームをプレーできます。

続いて、Galaの歴史について触れていきます。

本日のGala(GALA)の時価総額や価格、市場占有率【2022年9月24日時点】

Galaの最新の時価総額や価格、市場流通量などの情報は以下となります。

仮想通貨(暗号資産)名称 Gala
単位(ティッカーシンボル) GALA
価格(2022年9月24日時点 以下項目も同じ) 4.99627156円(0.041032ドル)
時価総額 34,860,013,058円
時価総額占有率(仮想通貨の総時価総額に占めるGALAの割合) 0.0311%
時価総額ランキング 111位
上場以来の最高価額(ATH) 0.8367ドル
市場流通量(循環している供給量) 6,977,205,436GALA
GALAのHP オフィシャルHP
GALAの公式Twitter Twitter
2022年9月24日現在

Galaの歴史

Galaの歴史は以下の3つです。

  • エリック氏とマイク氏によって創設される
  • 2019年1月にGala Gameとして発展
  • Gala Gameが創設された由縁

ひとつずつ詳しく解説していきます。

エリック氏とマイク氏によって創設される

Gala Games(Gala)はエリックシャーマイヤー氏(以下:エリック氏)とマイクマッカーシー氏(以下:マイク氏)により創設されました。

エリック氏はマイスペースを支援している会社であるインターミックスメディアの元CTOです。

エリック氏は最近のマーケットキャップが約70億ドルの上場したゲームの企業であるZyngaの共同創設者です。

マイク氏は Zynga でもともとクリエイティブディレクターをしており有名なFacebookのゲームのファームビルで高い評価を受けています。

2019年1月にGala Gameとして発展

エリック氏は2014年から暗号通貨業界に参入し、彼は2018年にアキシインフィニティによって開発されたPlay-to-Earnモデルに影響されました。

2019年1月にエリック氏はアメリカ拠点の営利企業でGala gameとして発展し、ビジネスをしているブロックチェーンゲームパートナーを創立しました。

エリック氏は現在、Gala Gameの最高責任者をしており、マイク氏はGala Gameのゲームの代表取締役をしています。 

エリックとマイクはコミュニティに積極的に携わっていますが、Gala Gameの実際の顔はGala Gameで最高マーケティング責任者をしているジェイソン・ブリンク氏(以下:ジェイソン氏)です。

ジェイソン氏は国連でもともとは働いており、ナーレーに参加した主な動機は、Play-to-Earnが発展途上国の貧困から人々を抜け出せるポテンシャルがあるということです。

ジェイソン氏はこれら国際的な機関で起きている壮絶なスケールの腐敗を目の当たりにし、暗号通貨のプロトコルがゆくゆくはそれらに取って代わることを望んでいます。

Gala Gameが創設された由縁

エリック氏とマイク氏に関しては、彼らは中央集権型のゲームの企業と大手テクノロジー企業の利己的な考えを持っていると表現されています。

2人はグループインタビューの中で無料ゲームつまりFree to Play Gameの開発にはユーザー1人当たり最大20ドルのコストがかかるため、ゲームの質よりも利益を重視せざるを得ないと説明しました。

暗号通貨と特にPlay-to-EarnはFree to Play Gameで利益を出すことが可能ですが、同時にNFTアイテムとブロックチェーンの管理体制を通じて、ユーザーをよりコントロールします。

このことにより、彼らが計測できる一方、ゲームの開発者はクオリティに焦点を当てます。

これがエリック氏とマイク氏がGala Gameを創設した由縁なのです。

Galaの特徴は?詳しく解説

Galaの特徴は以下の7つです。

  • 2022年現在9種類のブロックチェーンゲームを開発している
  • GALA貨幣はPlay-to-Earnで稼げる
  • 「Gala Games エコシステム」で資産保有や分散投票のシステムを導入
  • Galaノードに参入するとGALA貨幣やNFTで利益が貰える
  • 海外のイベントをキッカケに国際的な知名度を得る
  • 作家フランク・ミラー氏と共同したNFTを作り上げるなどこれからのNFT販売での展望が期待される
  • 2011年秋ごろにBINANCEに上場

ひとつずつ詳しく解説していきます。

2022年現在9種類のブロックチェーンゲームを開発している

Gala Games(Gala)は、オフィシャルサイトで2022年現在は9種類のゲームを公表しています。

実際にプレーできるのは「Town Star」のみですが、将来的にその他のゲームもプレー可能になるでしょう。

NFT市場も拡大しており、ゲーム内アイテムをGALA貨幣やイーサリアムなどでも買うことできます。

現在、月に100万人以上の利用者がGalaのゲームをプレーしており、NFTの購入価格は通算で2万5千以上にもなります。

Gala Games(Gala)は、数十年前のゲームのように空想のアイテムを手に入れるではなく、例として、マジックの剣をゲーム内で手に入れれば、それが自分の資産(NFT)になることに将来性を感じています。

ブロックチェーン革命とゲーム開発機能に特化企業により、今後ますます最高のゲームエコシステムが実現可能になってくることでしょう。

GALA貨幣はPlay-to-Earnで稼げる

Gala Games(Gala)の基軸通貨「GALA」は、ゲーム内のアイテム取り引きで利用したり、プレーで儲けたりすることができます。

例として、Town Starは、2021年秋ごろに稼げるゲーム「Play-to-Earn」に切り替えました。

プレーのやり方は、町づくりや園芸作物を育てたりして、それらを売買したり、店をオープンすることも可能です。

Town Star内の通貨「TownCoin」で利益を得ると、GALA貨幣に引き換えてマネタイズができます。

「Gala Gamesエコシステム」で資産保有や分散投票のシステムを導入

エコシステムとは、ブロックチェーンで新たに成立する金融システムのことです。

Gala Gamesエコシステムは、ゲームユーザーのアイテムやコンテンツ保有の場所として使用・処理されます。

さらに、Gala Games市場に付け加えるゲームや投資するゲームを決めるために、エコシステムを利用して投票に参入できます。

これは全部拡散型となっており、Gala Gamesが処理するのではなく、エコシステムで機械的に収集・選別・管理が発動されるので運営者による改ざんはできません。

ノードとは、ブロックチェーンに伝達できるネットワークのことで、エコシステムの伸びしろに役立ちます。

各ノードの役割に対し、Gala Gamesのノードエコシステムで無作為に利益(NFTなど)を配当しているのがわかります。

また、アクセスしやすいデータの基盤を作成することで、エコシステムの調査や分析をいつでも続行できるため、運営者にも利潤で安全対策はさらに高くなります。

Galaノードに参入するとGALA貨幣やNFTで利益が貰える

Gala Games(Gala)エコシステムのノードに参加すると、GALA貨幣やNFTを利益として得ることができます。

参加するには、2台のPCや業務用メモリなどが不可欠です。日々2~3時間ノードとしてエコシステムに関わることで、多くのGALAやNFTを得ることができます。

Gala Games(Gala)ではノードが日々必要不可欠としているので、関心があればぜひご確認してみてください。

ノードに参加しなくても、GALA貨幣は海外取引所で購入することが可能です。

まずは国内取引所に口座開設して、海外取引所へ送金する必要があります。

海外のイベントをキッカケに国際的な知名度を得る

2021年冬季、Gala Gamesが催すゲーム際の「Galaverse」が、ラスベガスにて開催されました。

色々なゲームの概念を基準にして、イメージされた世界観を現実的に体験できるゲーム祭です。

チケットが完売するほどの盛り上がりで、世界各国からスポットが当たりました。

開催メンバーと直接コンタクトが取れるゲーム際は、ブロックチェーンのプロジェクトでは珍しいです!

限定NFTが配られるのも、愛好家にとっては最高でしょう。

作家フランク・ミラー氏と共同したNFTを作り上げるなどこれからのNFT販売での展望が期待される

Gala GamesにはNFT市場が準備されており、多くの会社との共同制作が予定されています。

2021年秋ごろには、「シン・シティ」「バットマン」で有名なフランク・ミラー氏との共同制作が公表されました。

Gala Gamesが作り上げた共同制作NFTは、コミックアート領域で過去最高額となる84万ドル(約9500万円)で落札されています。

また、2022年冬季には、東京・銀座で開催NFTゲーム際「NFT WEEKS TOKYO」に出展しました。

NFTプラットフォームは2021年から急激に伸びているので、GALAもNFTの流行に乗って成長するでしょう。

米国で大評判の「ウォーキング・デッド」を原作としたゲーム制作にも試行しており、ブロックチェーンゲームの盛り上がりに期待です。

2021年秋にバイナンスに上場

仮想通貨Gala(GALA)は2021年秋に海外の大手仮想通貨取引所のバイナンスに上場しています。

バイナンスへの上場により、Gala Games(GALA)の価格は過去最高値を記録しました。

その他の取引所のHitBTC、Poloniex、OKExなど大手取引所に続々と上場していることから、将来性のある仮想通貨であることが認定されており、信頼性のある仮想通貨と言えます。将来の価格には期待しても良いのではないでしょうか。

上記の海外取引所で購入するためには、まずは国内のコインチェックなどで口座開設が必要になります。

コインチェック

GALAの将来性と今後の価格の予想

GALAについては、NFTゲームなど暗号資産回りのゲームのユーザーが今後上昇とともに、GALAへの需要も増加すると考えられており、将来性は高いと考えられます。

仮想通貨GALAの過去最高価額(ATH)は0.824ドルとなっています。現在価格との乖離があり、2022年9月時点ではATHよりは大分価格が下がってしまっていますが、それはその他の仮想通貨も同じで、その分だけ割安であると捉える投資家も多いでしょうし、今後、仮想通貨市場の上昇トレンドの到来と共に上がると予想している投資家も多くいるでしょう。

GALAはNFT銘柄、メタバース銘柄とも言えるので、メタバースの分野が今後更に普及するとなれば、その恩恵として、GALAの価格が上がるとも予想できます。メタバースについて詳しく知りたい場合は、メタバースについて具体的に書いた記事もご参考としてください。

新規取引所への上場なども重要ですが、GALA価格が2022年9月現在よりもかなり高くなり、5ドルなどを目指すのであれば、やはり上記に挙げた仮想通貨市場全体への投資資金の増加、NFTやメタバースの人気の上昇は不可欠でしょう。

既にGALAは知名度も高くなっていて、関連銘柄の中でも人気が高い銘柄なので、今後の価格には期待できるでしょうし、割安な内に購入していくのは良い戦略ではないかと思います。

なお、GALAについては、コインチェックなどで口座開設をして、そこから海外取引所に仮想通貨を送金して購入する必要があります。コインチェックからは簡単に送金できますので、そこはご安心ください。

Galaのまとめ

今回の記事では、仮想通貨GALAの概要、歴史、特徴について解説しました。

GALAはNFTゲームのプラットフォーム「Gala Games」で使用されており、Gala Gamesの伸びしろとともに価格を高騰させています。

ゲームで稼ぐ「Play-to-Earn」を活用し、ゲームユーザーや出資者からスポットを集めています。

NFTゲームで展望が見込めるGALAに注目して、買うタイミングを見失いようにしましょう。

Gala Games(Gala)はエコシステムの伸びしろやPlay-to-Earnに力を注いでいるが理解できたかと思います。

国内取引所は、初心者でも利用しやすく、安全なCoin checkがおススメです。

まずは、国内取引所から海外取引所へコインを送らないといけません。

Coin checkから海外取引所へ送金すれば、GALA貨幣や他のアルトコイン取り引きにも利用できるので、ぜひ活用してみてください。

コインチェック
この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
Crypto Guide(クリプトガイド)

おすすめ取引所の比較

取引所名 コインチェック DMMビットコイン ビットバンク BIT Point(ビットポイント) Huobi Japan
取引所画像
銘柄取扱数 18銘柄 6銘柄 14銘柄 14銘柄 22銘柄
販売所取引手数料 無料 無料 無料 無料 無料
取引所取引手数料 無料 Maker -0.02% Taker 0.12% 無料 Maker 0.012~0.150% Taker 0.036~0.150%
レバレッジ取引の有無 2倍 2倍 2倍
最低取引単位 500円相当額 販売所:0.0001 BTC
取引所:-
取引所:-
販売所:0.00000001 BTC
販売所:0.001 BTC
取引所:-
販売所:0.001 BTC
取引所:0.0001 BTC
運営開始日(日本国内) 2014年8月 2018年1月11日 2014年5月7日 2016年3月 2016年9月
公式サイト コインチェック
公式サイト
DMMビットコイン
公式サイト
ビットバンク
公式サイト
BIT Point(ビットポイント)
公式サイト
Huobi Japan
公式サイト
タイトルとURLをコピーしました