エンジンコイン(ENJ)の特徴と今後の将来性と予想【リアルタイムチャートあり】

ENJINのロゴ
  • URLをコピーしました!

【ENJ/USD】リアルタイムチャート

仮想通貨(暗号通貨)を利用して投資を考えている人であれば、エンジンコイン(ENJ)の名称は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。今、仮想通貨はいろいろな種類が提供されているため、自分の好きな通貨を選んで活用したり、取引することが可能です。ただ、仮想通貨で収益を得ようとするなら、各々の銘柄の特徴や内容について確認し、期待される収益を予想して投資する必要があります。

色々な人気のコインがありますが、その中でも注目されている銘柄にエンジンコイン(ENJ)がありますので、その特徴や将来性、今後の価格の予想などを紹介いたします。

目次

エンジンコイン(ENJ)とは?

エンジンコイン(ENJ)とは「Enjin Platform」というブロックチェーンで使用される仮想通貨です。価格や時価総額などは、下記の表のようになっています。

仮想通貨ランキングではそこまでは高くはないですが、2021年から人気がかなり上がってきたと言えるでしょう。

国内でも取引できるため、エンジンコインを購入して投資したり、専用のプラットフォームで使用することを考えることができるでしょう。

本日のエンジンコイン(ENJ)の時価総額や価格、市場占有率【2022年11月30日時点】

エンジンコイン(ENJ)の価格、時価総額、時価総額ランキング、過去最高価格(ATH)は下記表のとおりです。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの主要通貨の下落につられて安くなっていますので、反対に買い場と考える投資家も多くいるのではないかと思います。

2022年11月時点では先月とあまり価格は変化していません。ただ、チャートの安値の底も固まってきたようにも見えるため、再上昇を期待する投資家も多いでしょう。ただし、ビットコインが更に下落する場合には、もう一段調整する可能性もあるでしょう。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル氏が8月にアメリカの利上げ継続の意思を表明したので、エンジンコイン(ENJ)の価格も一度落ちましたが、これで仮想通貨(暗号資産)価格に利上げの悪条件はほぼ織り込まれたと言えるので、2022年11月以降のエンジンコインの価格が上昇に期待したいですね。

ENJの将来性や今後の価格の予想をする上では、下記の情報は随時チェックしましょう。

仮想通貨(暗号資産)名称 Enjin Coin
単位(ティッカーシンボル) ENJ
価格(2022年11月30日時点 以下項目も同じ) 36.07537992円(0.296273ドル)
時価総額 36,075,379,923円
時価総額占有率(仮想通貨の総時価総額に占めるENJの割合) 0.0356%
時価総額ランキング 93位
上場以来の最高価額(ATH) 4.82USドル
市場流通量(循環している供給量) 1,000,000,000ENJ
ENJのHP オフィシャルHP
2022年11月30日現在

エンジンコインの買い方(購入できる国内取引所)

エンジンコイン(ENJ)は日本国内の仮想通貨取引所にも上場しているため、買い方は簡単です。

取引所で口座開設を行い、そこに銀行振り込み等で入金し、その後に現物取引で購入すればOKです。

現在は、下記のコインチェックとGMOコインで取り扱いがあります。

コインチェックは有名な取引所で、取り扱い銘柄と取引量も安定しているため、仮想通貨(暗号資産)取引をこれから始める人は口座を持っていた方が良いでしょう。新しいメタバースやNFT関連銘柄であるコインが日本国内に上場する場合も、コインチェックから上場する可能性は高いので、機会損失を作らないためにも、保有しておきたいのです。初心者でも扱いやすいサイト構成なので、エンジンコインを買うまでの手続きもスムーズに進むでしょう。

GMOコインに関しても、大手が運営する安心の取引所です。コインチェックやビットフライヤーで口座開設した後にGMOで口座を持つ人が多い印象がありますね。アプリでFXを行う場合は、使いやすい仕様となっています。2021年3月からエンジンコインの取り扱いがあります。

なお、海外の取引所では大手交換業者の「バイナンス」や「HitBTC」などで扱われていますが、海外取引所でエンジンコインを買う場合でも、一度国内取引所で口座開設してから送金する必要があります。

ちなみにDMMビットコインではレバレッジ取引としてエンジンコインの取引が可能ですが、初心者の方がレバレッジ取引をいきなり行うのはハイリスクであり、上級者向けだと言えるでしょう。

エンジンコインの歴史

エンジンコインは2017年10月にシンガポールの企業が作った仮想通貨です。このシンガポールの企業は2009年に創業された「エンジン(Enjin Pte Ltd)」という法人名称であり、当初エンジンコインはブロックチェーン資産発行プラットフォーム「Enjin Platform」で利用する目的で作られました。

しかし、2017年にエンジンコインを裏付けにしてNFT発行することができ、2018年にインターネット上でローチンされました。それ以降、仮想通貨取引所で取引することができるようになり、ゲームのプラットフォーム以外で利用することが可能になって世界中で取引されています。

エンジンコインはユーザーに専門の知識が無くても、新たなブロックチェーンのゲーム作成や管理ができるところも強みです。

2021年の前半には特に強い値上がりをしました。NFT銘柄の筆頭の一つとして、大きく上がったのです。このときは、他のNFT銘柄も相場での強さを見せたのですが、エンジンコインはアメリカの取引所であるコインベースへの上場も重なったので、特に強く上がったのです。

2021年12月には、「playNFT」との提携もしました。EnjinのEfinityブロックチェーンをPlayNFTは活用できるのです。これによりAmazonが運営するTwitchというライブストリーミングサービスのプラットフォームにおいて、ストリーマーが視聴者に対してNFTを報酬として渡すことができます。

ストリーマーとしては、視聴者との関係構築を強化できますし、視聴者はこのNFTを使用してゲームで利用することもできるのです。このことからも、Enjin社は開発と共に、提携関係の強化も順調に進めていると考えられます。

※EfinityはPolkadot(ポルカドット)ベースのEnjinのブロックチェーンであり、NFTを相互利用可能とするプラットフォーム制作を行っています。

下記のページの中には、Enjinが取り組むEfinityのホワイトペーパーなどがあります。数ある世界のメタバースにおいて、相互運用可能な分散型のGatewayを目指しているようです。

Enjinサイト内のEfinityのページの画像
引用:Enjin公式ページより

今現在は、NFT関連銘柄という意味ではSANDなどの方が時価総額は大きいですが、エンジンコインが巻き返す可能性は大いにあるでしょう。

エンジンコイン(ENJ)の特徴は?詳しく解説

エンジンコインは比較的最近発行された仮想通貨ですが、ゲームに利用されていることもあり、需要が増えています。ただ、具体的にエンジンコインにはどのような特徴があるのかわからない人もいると思うので、特徴について詳しく説明いたします。

専門知識が無くてもNFTを作成し販売できる

エンジンコインはブロックチェーンやコーディングなどの専門知識が無くても、ゲームアプリに仮想通貨やスマートコントラクト、NFT(非代替性トークン)を導入することが可能です。そして、作成したNFTはエンジンプラットフォームのマーケットプレイスで販売することが可能です。

エンジニアではない一般人でも楽しめる要素を持っているということです。

エンジンコインのマーケットプレイスでは300万点以上のNFTが取り扱われており、ユーザーがいろいろなNFTを作成して販売しています。NFTの取引にはイーサリアムやエンジンコインなどの仮想通貨を使用するため、NFTを作成して多くのユーザーに購入してもらえれば、仮想通貨を入手することも可能です。

ゲーム内でNFTを作成してオリジナルのアイテムなどを販売する楽しさを感じることができます。ちなみに、1つのNFTを1つのゲームでしか使えないわけではなく、複数のゲームにまたがって利用することもできる点も特徴的でしょう。

エンジンコインのNFT販売のマネタイズの方法は単純に売却益を得るのみではありません。

その販売したデジタルアートNFT等が将来に売られた場合の取引手数料を設定し、以下の画像にあるように、その販売額にパーセンテージを乗じた金額を受け取ることも可能です。販売したNFTが二次的に販売された時も収益を得られるので、著作者に大きな権利、メリットをもたらすと考えることができるでしょう。

エンジンコイン(ENJ)のマネタイズの説明画像(公式HPの画像)

その他、企業のマーケティング方法の1つとして、製品発売前にQRコードで無料NFTを見込み客に配布し、視聴者を増加させるなどの戦略も取ることができます。このような独創的な特徴で、エンジンコインの評判は高まってきたのです。

メルティングという入手方法がある

エンジンコインは独自開発したトークン規格(ERC-1155)というイーサリアム(ETH)ベースのトークンであり、メルティング(メルト)という機能が備わっています。メルティングは同規格のトークンをバーンして内包された新トークンを引き出します。
※「ERC-1155」は、「ERC-20」の複数トークンの管理機能、「ERC-721」のトークンID設定機能による非代替性を備え持った規格です。

メルティングは特殊な方法なため、仮想通貨の機能でも希少であり、エンジンコインならでは特徴と言えるでしょう。

ちなみにバーンは発行中の仮想通貨の存在を意図的に消去して価値を上げる際に利用します。しかし、エンジンコインでいうところのメルティングとは、事実上の機能としては、NFTをエンジンコインに交換することだと言えるでしょう。イメージとしては、NFTを溶かすと、その中からエンジンコインが現れるという形ですね。

こういった今までになかった機能が搭載されていたことも、エンジンコインがここまで上昇してきた理由の1つとなっています。

エンジンコインに交換できると言うことは、価値の裏付けが取れていると言うことでもあるのです。

ゲームで遊びながら稼ぐことができる

ゲームで遊びながら稼ぐことができる「Play-to-Earn」を実現した仮想通貨です。エンジンコインはブロックチェーン技術を活用して作られたNFTなので、上記でも紹介しましたが、レアアイテムやレアキャラクターを出品して販売することができます。

また、NFTによりオリジナルのアイテムやカード、キャラクター、さらにゲーム内の土地や不動産の売買も行うことができます。この取引においてはエンジンコインを使用するため、土地やアイテムの売却で収益を上げることができれば、ゲーム内で資産形成することが可能です。

ゲーム内で得たエンジンコインは仮想通貨取引所で換金することができるため、実際のフィアット(実際の政府発行の通貨)と同様の価値を有するため、遊びながら収益を得ることができると言えます。

したがって、エンジンプラットフォームでのユーザー離れも防ぐことができ、長く遊んでもらうこともできます。エンジンコインの認知度が高まってゲームの利用者が増えていけば、エンジンコインの価値も上がっていくでしょう。

マインクラフトが遊べる

エンジンコインはマインクラフト(Minecraft)で遊ぶことも可能です。マイクラという略称で聞いたことがある人もいるかもしれません。エンジン社がブロックチェーン上でマインクラフトをプレイできるように「エンジンクラフト」をリリースしたことにより、よりゲームの充実度が向上しました。

例えば、マインクラフトではアイテムの売買を行うことができませんでしたが、エンジンクラフトの登場によってプレイ中に作成したアイテムの売買を行うことができるようになりました。2021年には、マイクロソフトがエンジンクラフトを使用してNFTを獲得できるプラウザゲームを開発し、プレイヤーはゲームをより楽しむことができるようになっています。

マインクラフトは人気ゲームで、ユーザー数は1億人以上と言われているため、エンジンコインによる導入でゲーム開発が進んでいくことも期待できます。

Minecraftのゲーム画像

有名企業との提携実績がある

エンジンコインは世界的有名な企業と提携して製品の開発を行なっています。例えば、2019年には当時の新型スマホである「Galaxy S10」に内蔵されている暗号資産ウォレットの対応リストに、エンジンコインも導入されました。このウォレットの他の対応仮想通貨は、ビットコインやイーサリアムなど、有名なものばかりであるため、エンジンコインも同じくラインナップされたことで価値が一時期800%上昇を記録しました。

さらに、エンジンコインはマイクロソフトとも提携して、仮想通貨としての利用幅を徐々に広げています。マイクロソフトやサムスンなど世界的に有名な企業と提携することで、エンジンコインの価値が上昇するようになってきています。

2,000万人のユーザーがプラットフォームを利用している

使用されるプラットフォームは「Enjin  Platform」であり、オンラインゲームの通貨として使用することが可能です。このプラットフォームは2020年の時点で世界中で2,000万人を超えるユーザーがプレイしており、NFTの作成や購入をしています。

このオンラインゲームではアイテムの購入や家の購入などはエンジンコインが必要になるため、2,000万人のユーザーがエンジンコインを取引していることになります。つまり、エンジンコインはプラットフォームのユーザー数が増えることで需要が高くなる可能性もあるでしょう。プラットフォームに対する評価が仮想通貨の価格にダイレクトに結びつくと言っても過言ではないのです。

エンジンコイン(ENJ)の将来性とは?

ここまでで特徴を説明しましたが、さっそく取引所でエンジンコインを購入することを考える人もいるでしょう。ただ、仮想通貨として「将来性はどうなの?」と気になる人もいるでしょう。つまり、エンジンコインの今後の普及度合いや、それに伴って価格が伸びるかどうかという点です。

エンジンコインの将来性の見込みを高く評価して売買益で儲けることを考える人もいれば、ゲームをプレイしてエンジンコインを稼ぐことを考える人もいるでしょう。

エンジンコインの将来性を決定する要素は複数あるので、ここで紹介します。

価格推移としては、2021年の1月から4月の暴騰があまりにすさまじく、4月には350円を超えました。その後は一旦の調整を入れてから再び2021年後半に上昇して11月に最高値の560円をつけています。現在は再度の調整に入っています。2022年中の過去最高価額の更新は難しいと思いますが、2023年以降は、その後のビットコインの半減期の期待から仮想通貨市場に多くの資金が入ってくる可能性があり、その場合にはエンジンコインも大きく価格が上がる可能性があります。

下記のポイントを満たすことができれば、ATH(上場以来最高値)の560円の大幅な更新の見通しも立つと予想できます。

人気ゲームとして価値が上昇するか

エンジンコインの将来性については、人気ゲームとして価値が上昇するのかがポイントです。エンジンコインは、エンジン社が提供しているプラットフォームのゲーム内で利用することができる通貨です。プラットフォームの利用ユーザーは2,000万人以上となっていますが、エンジン社はマインクラフトへの導入など利用できる幅を広げています。

今でも、いろいろなゲームに進出して幅を広げていますが、今後もゲームへの進出を行うことでエンジンコインを利用するユーザ数が増えれば仮想通貨としての価値も上昇することが予想できます。

エンジンクラフトの利用者を増やすために、機能の改善なども行い、よりゲームとしての認知度を上げられるかによって、価値の上昇も決まるでしょう。

新たなゲーム開発の情報などのファンダメンタルズ情報もいち早く手に入れて、ENJの売買に役立てたいものです。上記の公式HPだけではなく、エンジンコインTwitter公式ページをチェックしておくのも良いでしょう。

大手企業との提携を増やせるか

エンジンコインの今後の将来性は、大手企業からバックアップを受けられるかによって変わってくるでしょう。既に述べた通り、エンジンコインはこれまで、アメリカのマイクロソフトや韓国のサムスンなど認知度がある大企業と提携してきました。

大企業と提携するなら周りの評価が変わり、信頼を得ることができます。特にIT企業であるマイクロソフトは規模も大きく、大手IT企業がインターネット上で取引される仮想通貨を支持したことで、信頼性を大きく向上したはずです。

2022年6月にはアメリカのHealth Hero社と共同でNFTを活用したウェルネスプログラム「Go!By Health Hero」の開発開始を発表し、Well-being NFT(W-NFT)をユーザーが獲得して、マーケットプレイスで売買できる仕組みを作成するようです。こういった提携の話は価格へポジティブな影響を及ぼしますし、実際にこういった新たな仕組みが普及することでもエンジンコインの価格を押し上げるでしょう。

今後も提携企業数を増やすことができれば価値が大きく上昇して、仮想通貨ランキングでも上位に入ることができる期待を持てます。仮想通貨(暗号資産)の価格が伸びる理由の1つには、大手企業とのパートナーシップが常にあり、こういった事象が生じると、あらゆるコインが急騰する傾向にあるのです。

取引所での需要が増せるか

価格を上昇させるためには、国内取引所での需要増加もポイントです。エンジンコインは海外の取引所でも次々と上場されるようになってきており、日本国内でもコインチェックやGMOコインでは取引可能となっています。

そのため、取引所での需要も増えてきていますが、まだ浸透しているわけではありません。海外や国内を見てもビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などはどの取引所でも上場されており、これら時価総額NO.1、NO.2の仮想通貨と比較すると、エンジンコインは今後も上場する取引所を増やす必要があります。

特に、日本国内では全ての取引所で売買できるわけでは無いため、今後国内取引所にどのくらい上場できるかもポイントになるはずです。日本の取引所への上場の審査基準は非常に厳しいため、上場は簡単ではないですし、海外取引所と比較するとNFT銘柄やメタバース銘柄の上場数は非常に少ないのが現状です。エンジンコインの今後の上場には注目したいですね。

エンジンコイン(ENJ)を取引する上での注意点とは?

エンジンコイン(ENJ)の取引をするのであれば、もちろん投資ですからリスクもあるため、下記の事項に注意しましょう。

時価総額が高くはない

エンジンコインの時価総額は徐々に高くなってきていますが、まだ時価総額が高いというわけではありません。ビットコインの時価総額と比較するなら、エンジンコインとは数字ではかなりの差があります。

時価総額が低いということは相場の安定性が低いということであり、少額の資金変動で価格が大きく変動するため、値動きが激しくなります。そのため、高騰したときは大きな収入となりますが、暴落するとオーバーシュートするので大きな損失となるでしょう。価値変動に注意しておく必要があります。
※オーバーシュートとは投資家の恐怖指数が一気に高まったりして、必要以上に価格が暴落することです。反対に、投資家にとっての良い買い場でもあると言えますね。

なお、市場感応度が非常に高く、仮想通貨市場全体の相場状況により、最も大きな影響を受けるコインの1つがエンジンコインでもあります。

今後、チャートが上昇していって時価総額が大きくなると、ボラティリティがもっと狭くなり、安定してくるかと思います。

長期的な計画が必要

エンジンコインは上場してからそこまでの期間が経過していないため、社会浸透するには時間がかかると予想できます。

どんなものでも同じですが、上場し始めたものは認知度が向上するまで時間がかかり、長期的な計画が必要です。運営会社の計画、ロードマップに対して将来性を感じたのであれば、最低でも数ヶ月の中期目線、できれば年単位の長期目線で投資したいものです。

ゲーム市場がメインともなっているため、ゲームをしない人に知ってもらうのが難しいので、その点を考慮して購入を検討しましょう。

エンジンコイン(ENJ)のまとめ

エンジンコイン(ENJ)の特徴や将来性について内容を紹介してきました。

エンジンコインはゲーム内で使用されるNFT銘柄として注目度が上昇しているので、今後の値上がりを予想する人も多くいます。仮想通貨(暗号資産)の世界では、ブームのようなものがあるのですが、まさにNFTは現在のブームでしょう。

ただ、このブームは一過性のもので終わるとは考えにくく、メタバースの開発が今後進む中でNFTへの需要、しいてはエンジンコインのようなNFT銘柄への需要も伸びるでしょう。エンジンコインは、開発が着実に進んでいる点からも安心感が高い銘柄と言えるでしょう。

Efinityの開発も進むと、エンジンコインの実用性は高まり、ステーキング報酬の獲得も可能となるでしょう。Efinityの開発が進むと、エンジンコインの価格も伸びると予測されています。

今後の値上がりを予想するのであれば、エンジンコインを現段階で仕込むのは良い選択だと言えます。ただ保有するのではなく、実際にNFT制作にもトライしてみて、オンラインゲームを楽しみながら稼げるとなお良いですね。

国内取引所でエンジンコインを買うにしても、海外取引所で買うにしても、まずは国内取引所の口座は必要となるので、作成してみてはいかがでしょうか?

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
目次