DOSEの特徴や将来性、今後の価格の予想について詳しく解説【リアルタイムチャート】

DOSEはMove to EarnのNFTゲーム「DUSTLAND」で使ったり、報酬として得ることができる仮想通貨(暗号資産)です。この記事では、DOSEとは何か、又、DOSEの特徴や将来性、今後の価格の予想について解説します。

【DOSE/USD】リアルタイムチャート

DOSEはMove to Earnのゲーム「Dustland」のなかで使ったり報酬としてもらえたりする仮想通貨です。

2022年中盤時点ではまだまだ時価総額が小さいのSTEPNのような人気が今後出た時に爆発的に儲かるのではないかと予想して購入している投資家もいるでしょう。

今回はDOSEとは何か、DOSEの歴史や特徴、今後の価格の予想について詳しく解説します。

DOSEとは?

DOSEの稼ぎ方の画像
引用:DOSEの公式HP

DOSEはMove to Earnのゲーム「Dustland」のネイティブトークンとして報酬を得られる仮想通貨です。Dustlandをプレイすると、報酬としてDOSEが獲得できます。

DOSEはGate.ioやHuobiなど、DOSEが上場している仮想通貨取引所で売却することができます。

もしくはPancakeswapなどの分散型取引所(DEX)でステーキングすることにより、手持ちのDOSEをさらに増やすといった方法もあります

まずはDustlandについて説明します。

なお、最終的に法定通貨の日本円にするために、日本国内の取引所で口座開設を最初に行いましょう。取引量や取り扱い銘柄数を考えて、コインチェックは持っておきたいところです。

Dustlandとは

DustlandはMove to Earnのブロックチェーンゲームです。

Dustlandはランニングゲームである「Dustland Runner」と、サイクリングゲームである「Dustland Rider」の2種類があります。

Move to Earnとして同じく人気があるゲームとして「STEPN」がありますが、STEPNなどのMove to EarnとDustlandはゲームとしての性格が異なります。

Dustlandの大きな特徴はオーディオフィットネスという新しいかたちのゲームである点です。

たとえばSTEPNはNFTスニーカーを購入し、リアルで一定のスピードで歩いたり走ったりして稼ぐゲームです。

Dustlandの場合、運動だけでなく、ストーリーも楽しみながらDOSEを稼げます。

「オーディオフィットネス」とあるとおり、オーディオを聴きながら運動する仕組みになっていて、Dustlandはゲームのストーリーを音声で聴きながらプレイします。

ユーザーはストーリーを楽しむために運動するようになりますので、だれでも無理なく続けられます。2022年に人気が爆発したSTEPNの次に人気が高まるのはDOSEだと考えて始める人も多いですね。

運動を続けられない人に多いのが「飽きる」ことです。毎日単調な運動を続けることに飽きてしまい、「今日はもういいか」「明日やるから大丈夫」という調子でやめていってしまいます。

Dustlandのようにストーリーに沿って運動ができると、運動が苦手な人、運動が続かない人にとってはとても始めやすいゲームであるといえます。

Dustlandの舞台は太陽フレアによって荒廃した世界です。ユーザーは荒廃した世界で生き残るためにDustlandの秘密を探す旅に出て、Dustlandの秘密を発見できれば未来を救えるというストーリーです。

ユーザーはDustlandの旅の過程で出てくるミッションをクリアするために運動し、ミッションクリアの報酬としてDOSEがもらえます。報酬にはDOSE以外ではNFTも付与されます。

DustlandはこれまでのMove to Earnのゲームと違うため、ユーザーは今後さらに増えることが期待できるでしょう。

Dustlandは「GOLD GYM」や「GYM AESTHETICS」といった大きなフィットネス企業とも提携しています。

人気のブロックチェーンゲームプロジェクトを運営する企業とも提携しています。

OLIVEXが提携している企業でフィットネスメタバースを実現するために提携した企業の「Animoca Brands」「SANDBOX」などと手を組んでおり、SANDBOXではゲーム内の土地が利用可能です。

SANDBOXは世界最大級のメタバースゲームで、その他ではブロックチェーン業界では有名なベンチャーキャピタル「OKX Blockchain Ventures」「SAPRTAN」、ブロックチェーンの運営団体「SOLANA」や「Polygon」も参画しています。

これらのブロックチェーンの業界では名が知れ渡っている著名なパートナーや投資家から投資を受けているという事実が、Dustlandの将来が期待できる要因のひとつとなっています。

Dustlandは他のプラットフォームでの収入源の提供も予定しています。

Dustlandが他のMove to Earnと違うもうひとつの点は、初期費用が抑えられるところです。

たとえばSTEPNの場合ですと、最初に10万円以上するNFTスニーカーを購入しないと、ゲーム内で稼ぐことができません。これから始めようとするユーザーにとって、決して安くない負担額です。

それに比べてDustlandはMove to Earnのゲームのなかでも初期費用が低く抑えられますので、新規ユーザーも入ってきやすいといえます。

本日のDOSEの時価総額や価格、市場占有率【2022年9月24日時点】

Dustlandの最新の時価総額や価格、市場流通量などの情報は以下となります。

仮想通貨(暗号資産)名称 DOSE
単位(ティッカーシンボル) DOSE
価格(2022年9月24日時点 以下項目も同じ) 1.12148495円(0.009210ドル)
時価総額 58,208,619円
時価総額占有率(仮想通貨の総時価総額に占めるDOSEの割合) 0.0%
時価総額ランキング 1649位
上場以来の最高価額(ATH) 0.4051ドル
市場流通量(循環している供給量) 51,903,166DOSE
DOSEのHP オフィシャルHP
DOSEの公式Twitter Twitter
2022年9月24日現在

Dustlandの始め方

Dustlandを始めるにはまず、Dustlandのアプリをインストールします

現在リリースされているDustlandはα版のみで、Androidでしかプレイできません。

iOS版は2022年第二四半期にリリースされました。

なお、登録にはメールアドレスが必要です。

DOSEはDustlandのゲーム内で獲得できますが、DOSEをリアルで使えるように換金するには、日本国内の仮想通貨取引所に口座開設する必要があります。

また、DOSEを取引するのに海外の仮想通貨取引所への口座開設も必要です。

DOSEは現在のところ、日本国内で取引できる仮想通貨取引所がなく、海外の仮想通貨取引所のみDOSEの取引ができます。

Dustlandで稼ぐためにはNFTの購入が必要になりますので、NFT購入用にウォレットも作っておきましょう。

ウォレットはメタマスクなどがあり、メタマスクの場合ですとPC、スマホどちらでも簡単に作れます。

国内の仮想通貨取引所からメタマスクに送金することで、メタマスクを使ってNFTが購入できるようになります。NFTの購入はオープンシーがメインです。

Dustlandの遊び方

Dustlandは運動してDOSEを稼ぐゲームです。

運動した量で報酬が決まりますので、歩けば歩くほど報酬は多くなります。

他のMove to Earnのゲームと違い、Dustlandは歩くスピードが関係しません。スピードが関わらない分、稼ぎ方はシンプルで簡単だと言えます。

あくまで運動した距離で報酬が決まるため、運動が苦手な人でも安心してプレイできます。

ただし、しっかり稼いでいくためには毎日続けてプレイすることがポイントとなります。

Dustlandではミッションをクリアして報酬を得るゲームで、クリアごとにDOSEやNFTがもらえます。

ミッションは随時増えていきますので、プレイできるミッションがなくなるようなことはありません。

DOSEの換金には必要なチケットがあります。「Completion Ticket」と「Kettlemine Postcard」の二種類です。

Completion Ticketはゲームをプレイすることで獲得できますが、1日に獲得できるのは1枚だけです。

Kettlemine PostcardはオープンシーでNFTとして販売されているので、必要な資金さえあれば好きなだけ手に入れることができますが、販売されていないときもありますので注意が必要です。

また、Dustlandで稼いでいくためにはキャラクターのアップグレードは欠かせません。

Dustlandではキャラクターのレベルが得られる報酬に大きく影響します。

キャラクターのレベルが高ければ1日に獲得できる報酬が増えますので、Dustlantで効率よく稼ごうとするなら、キャラクターのレベルアップは必要です。

キャラクターのレベルアップにはゲーム内で獲得したアイテムを使います。つまり、運動すればするほどキャラクターのレベルアップができるということになりますので、レベルアップしたいという欲求がユーザーのモチベーションアップにもつながることでしょう。

Dustlandで遊ぶことで報酬を得るという稼ぎ方については、会社員の人の就業規則の副業禁止規定に抵触するかどうかというとは、趣味だと考えると、抵触しない可能性が高いのではないでしょうか。したがって、会社員にもDustlandはおすすめできると思います。下記の記事は必ず一度は目を通してください。

DOSEの使い方

DOSEはDustlandをプレイすることで得られる報酬で、ゲーム内のミッションをクリアすることで獲得できます。

DOSEはDustlandのネイティブトークンとして、ゲーム内のさまざまなところで使用します。

DOSEを日本円に換金することもできますが、DOSEは仮想通貨であると同時に、Dustlandを効率よく進めるためのアイテムでもあります。

Dustlandを遊び続けようとするなら、DOSEは換金メインではなく、Dustlandで使うアイテムとして保持しておくのもいいでしょう。

DOSEは大手仮想通貨取引所に上場済です。

リリースされたばかりで間もないブロックチェーンゲームの場合、そのゲームのネイティブトークンが上場していないことが少なくないため、せっかく獲得しても売却できない事態もあり得ます。

DOSEの場合は大手仮想取引所に上場しているため、売却できないといった心配はありませんので、安心してDustlandをプレイでき、DOSEを稼ぐことに集中できます。

DOSEが上場している仮想通貨取引所は「Huobi」「Gate.io」「Pancakeswap」などです。

DOSEを換金して稼ぐなら、国内取引所をまずを開設すること

DOSEをゲーム内で稼いだら、それを換金する必要があります。DOSEは、Huobi GlobalやGate.io、Uniswapなどの海外取引所で取り扱いがあるのですが、最終的に日本円にするには、日本国内の取引所で口座開設をしておく必要があります。

国内ですと、やはり大手で有名なコインチェックなどがおすすめできます。アプリなども使いやすいと評判です。

DOSEの歴史

DOSEはこれまでどのような歴史をたどってきたのか、詳しく解説します。

ロードマップ

DOSEのロードマップはホワイトペーパーにて2022年まで公開されています。

2022年の第一四半期はKettlemine NFTの事前登録とKettlemine NFTのエアドロップが開始されました。2022年第二四半期はDustland Runnerのα版がAndroidでのみリリースされました。

DOSEのステーキング機能、Dustland Riderのα版、Dustland RunnerのiOS版、ユーザー向けのNFTマーケットプレイスのリリースも進められています。

2022年第三四半期はDustland Runnerのマルチチェーン対応なども予定されており、今後も続々と新しい機能が実装されていくことでしょう。

増資

Dustlandを開発元でOLIVEXはオーストラリア証券取引所に上場しており、NFTが世界中の投資家の注目を集めるなか、2021年11月に約7.4億円の増資をおこないました。

増資で得た資金は、2022年3月末にリリースしたDustlandへの開発費にあてられています。

Dustlandはロンドンのゲーム開発会社「Six to Start」のゾンビランがベースとなっています。

Six to Startは2021年3月にOLIVEXに950万ドルで買収されました。

OLIVEXは今後もボクシングやボートなど、より多くのスポーツをMove to Earnとしてゲームに取り入れて、ユーザー人口の拡大を狙っています。

コインチェック

DOSEの特徴は?詳しく解説

DOSEは他の仮想通貨と違ってどのような特徴があるのか、詳しく解説します。

ブロックチェーンプロジェクト

DOSEはDustlandに特化してつくられていますが、DOSEをネイティブトークンとするMove to EarnのゲームDustlandの運営元であるOLIVEXはフィットネスメタバースを実現するために、さまざまな企業と提携しています。

OLIVEXのブロックチェーンプロジェクトには「Animoca Brands」や「SANDBOX」といった人気のブロックチェーンゲームも参加しており、実際、DustlandはSANDBOXゲーム内の土地を利用することができます。

Move to Earnのなかでも新しいかたちのフィットネスメタバースは今後ますます注目されるでしょうから、参加したいと手を上げるブロックチェーンゲームは増えることでしょう。

運営元OLIVEX

ここまで頻繁に登場してきたOLIVEXという企業ですが、OLIVEXは元々、モバイル企業としてスタートしています。

OLIVEXは設立以降、次々と革命的なゲームを世に送り出し、まずは遊んで稼げるをコンセプトに「Play to Earn」を実現しました。

OLIVEXの創業者でCEOは「キース・ランジャン」氏です。キースは遊んで稼ぐ「Play to Earn」から体を動かして稼ぐ「Move to Earn」型のゲームを開発しました。

キースは真のゲームのチャレンジャーとして、プレイヤーと開発者、双方がWin-Winな世界の実現を目指しています。

OLIVEXがゲーム開発を続ける上で長期的な目標にしていることは「Animoca Brands」の「SANDBOX」のなかにフィットネスゲームのエコシステムを構築することです。

OLIVEXが目指すエコシステムが実現すれば、プレイヤーが他のユーザーやフレンドと交流しながら資産を構築し、トレードが行えるようになります。

つまりブロックチェーンゲーム間での流動性が高まりますので、DustlandのネイティブトークンであるDOSEの価値も高まり、DOSEがより注目される仮想通貨となることでしょう。

DOSEの発行枚数

DOSEの発行枚数は無制限ではなく、50億枚と決まっています。50億枚のうち約55%はDustlandのゲームで得られる報酬として付与されることになっています。

DOSEは最終的に、2026年までにすべてのDOSEがリリースされる予定です。

DOSEの将来性や今後の価格の予想

DOSEは2022年時点ではまだまだ時価総額も小さい草コインという位置づけになります。しかし、先行するMove to Earn銘柄が好調であるため、今後DOSEの人気が高まった場合には、非常に大きな利益を得られる可能性があります。このような将来性に期待して投資している人もいるでしょう。

DOSEの過去最高価額は0.4051ドルとなっており、2022年中盤の現在価格と比較してもそこまで大きな金額の開きはありません。つまり、この0.4ドル付近を超えることは難しくないとも考えることができ、そこを超えると、チャート的には抵抗がほぼなくなるので、かなり価格が上がる可能性があるでしょう。

今後の価格が0.5ドルや1ドルになる可能性は十分にあると予想できます。

1ドルを超えると3ドルや5ドルに向かうと予想する投資家もいると思いますが、それを実現するためには、「仮想通貨市場への資金流入による全体的な上昇トレンド」と「Dustlandユーザーの増加」が大切になってくることでしょう。

新しい暗号資産取引所への上場なども上昇原因とはなりますが、やはりビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)をはじめとすと仮想通貨全体の時価総額の上昇や、ゲームユーザー増加などが重要で、これらは長期目線でDOSE価格を上げる理由になるでしょう。

DOSEはNEXT STEPN(ネクストステップン)と呼ばれることもあるので、持っておくとおもしろい銘柄の1つではないかと思います。

DOSEのまとめ

ここまでDOSEとは何か、DOSEの歴史、DOSEの特徴について詳しく解説してきました。

DOSEをネイティブトークンとするDustlandの運営元、OLIVEXの時価総額は2億オーストラリアドル近くになっています。

Move to Earnの注目、流行によるメタバースや仮想通貨ブームに乗っているといえます。

OLIVEXは10億人の新たなユーザーをフィットネス系ゲームに取り込み、NFTゲームや仮想通貨トークンを獲得させることを目指しています。

OLIVEXは他国の上場も視野に入れており、上場した国では注目を集めることは確実ですから、DustlandのネイティブトークンであるDOSEの注目も高まることでしょう。

DOSEはDustlandのネイティブトークンのため、価格がDustlandのアップデートに影響を受けます。

Dustlandは今後もリリースや機能の実装を控えていますから、DOSEへの需要が高まって、結果として価格上昇につながる可能性があります。

DOSEの最近の動向としては、2022年4月に価格が約26円と、それまでの最高値を更新しました。

まずはMove to Earnゲームのなかでも特に初期投資がほとんどかからないDustlandを始めてみて、実際にDOSEを稼いでみましょう。楽しみながらDOSEを稼げるという経験は他のMove to Earnのゲームではなかなか体験できるものではありません。

今後もDOSEの動きを注視していきましょう。興味がある人で、仮想通貨(暗号資産)について初心者の人は、取り扱い銘柄が多く、又、NFTマーケットプレイスも有しているコインチェックで口座を作成しておくと便利です。コインチェックからは、海外取引所への送金なども簡単に行うことができます。

コインチェック
この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
Crypto Guide(クリプトガイド)

おすすめ取引所の比較

取引所名 コインチェック DMMビットコイン ビットバンク BIT Point(ビットポイント) Huobi Japan
取引所画像
銘柄取扱数 18銘柄 6銘柄 14銘柄 14銘柄 22銘柄
販売所取引手数料 無料 無料 無料 無料 無料
取引所取引手数料 無料 Maker -0.02% Taker 0.12% 無料 Maker 0.012~0.150% Taker 0.036~0.150%
レバレッジ取引の有無 2倍 2倍 2倍
最低取引単位 500円相当額 販売所:0.0001 BTC
取引所:-
取引所:-
販売所:0.00000001 BTC
販売所:0.001 BTC
取引所:-
販売所:0.001 BTC
取引所:0.0001 BTC
運営開始日(日本国内) 2014年8月 2018年1月11日 2014年5月7日 2016年3月 2016年9月
公式サイト コインチェック
公式サイト
DMMビットコイン
公式サイト
ビットバンク
公式サイト
BIT Point(ビットポイント)
公式サイト
Huobi Japan
公式サイト
タイトルとURLをコピーしました