DEAP coin(DEP)の将来性や今後の価格の予想【リアルタイムチャート】

PlayMiningでNFTを購入できるDEA社発行のトークン。ゲームプレイやステーキングでもDEAPコインを手に入れられる将来性を期待される仮想通貨で、日本の取引所にも上場しました。

【DEP/USD】リアルタイムチャート

【DEP/USD】リアルタイムチャート

DEAP coinは、PlayMiningでNFTを購入できるDEA社のトークンで、ゲームプレイやステーキングでもDEAPコインを手に入れられる将来性を期待される仮想通貨です。

今回は「DEAP coin」について、特徴や将来性や今後の価格の予想に関して詳しく解説していきます。

DEAP coin(DEP)とは?その特徴を解説

DEAP coinのロゴ

DEAP coin(ディープコイン)とは、JobTribes(ジョブトライブス)などのゲームで使用されるユーティリティトークンであり、仮想通貨の銘柄です。

2022年1月にBITPoint(ビットポイント)に上場しましたが、これが日本国内で初めての上場となります。今後の相場価格の情報を期待できる比較的新しく登場した仮想通貨(暗号資産)の1つです。

ゲームをしながら稼げるという点に最大の特徴があります。

中心となるのは「アミュレット」と呼ばれるNFTを使ったカードゲームの要素を持った「JobTribes」というゲームです。なお、JobTribesのゲームでは、このNFTカードのことを「アミュレット」と呼ばれています。

JobTribesはDEPで現在プレイできるゲームの一つですが、今後は増々多くのニューゲームがリリースされることでしょう。JobTribesの中ではスカラーシップが利用できるのも特徴であると言えるでしょう。

PlayMining(プレイマイニング)へ登録して始めていただければと思いますが、登録の手順、手続きは簡単です。メールアドレスを登録するだけでOKという非常にシンプルなものとなっています。その後に電話番号を登録すると、ウォレットの作成もすることができます。

本日のDEAP coin(DEP)の時価総額や価格、市場占有率【2022年8月13日時点】

DEPの最新の時価総額や価格、市場流通量は以下となります。

仮想通貨(暗号資産)名称 DEAPcoin
単位(ティッカーシンボル) DEP
価格(2022年8月13日時点 以下項目も同じ) 1.42342272円(0.011690ドル)
時価総額 9,989,282,021円
時価総額占有率(仮想通貨の総時価総額に占めるDEPの割合) 0.0%
時価総額ランキング 311位
上場以来の最高価額(ATH) 0.0789USドル
市場流通量(循環している供給量) 7,017,790,211DEP
DEPのHP オフィシャルHP
2022年8月13日現在

DEA社は計画的、戦略的に動く会社

DEA社のPlayMiningの画像
引用:DEA社のホームページのPlayminigの画像

PlayMiningゲームは、シンガポールのDigital Entertainment Asset Pte.Ltd(DEA社)が保有するGameFiプラットフォームであるPlayMiningにおいてプレイすることができるので、シンガポール発のトークンだと思われがちですが、吉田直人氏、椎名茂氏をはじめとする日本人のメンバーです。

吉田直人氏は、エンターテインメント業界で活躍してきた方で、イオレ、ザッパラスを上場させてきた経歴もありますので、こちらのDEPに関しても期待している方々が多いのではないでしょうか。

DEA社はデジタルアセットマーケットプレイスのDigital Art Auction(デジタルアートオークション)も運営しています。

その他、Crea(クレア)という投票権を使った、世界で初めてのNFTデジタルアイドルプロジェクトも発表しており、2022年にはこちらへの一般の方の参加も増えるでしょう。

既に、ファイナルファンタジー(FF)のキャラクターデザインなどを行った天野喜孝氏のNFTや人気漫画「神の雫」の原作者の樹林伸氏、樹林ゆう子氏のNFTも登場しており、今後も有名クリエイターが参加することを考えると、DEAP coinの需要は増加するでしょう。

更にメタバースにも参入予定で、複数のクリエイター国で構成される「PlayMining Verse」を2022年にリリース予定です。第一弾の土地(ランドNFT)はクリエイターの中でも漫画家の藤原カムイ氏がデザインしたものです。

こういった有名クリエイターの参加という裏付けがあると、DEAP coinの将来性の高さが感じられます。

スポーツ業界への進出も見通していて、2022年2月23日にはベルギーのサッカークラブKMSKダインゼ(Deinze Football Club NV)がDEA社とパートナーシップを結んでいます。KMSKダインゼがPlayMiningにおけるNFTに投資し、ゲームギルドとしてゲームに参加するのです。1つのクラブが参入したことで、第2、第3のサッカークラブの参画も期待できますし、他のスポーツのクラブがパートナーシップを求めるきっかけにもなるでしょう。

今後様々な分野で利用されると考えると、非常に将来が楽しみな仮想通貨です。

ブロックチェーン業界においてかなり綿密に計画されたロードマップを持って活動している会社だと感じられます。仮想通貨業界には詐欺コインと言われるようなものもあるのですが、こういったしっかりとした計画性を兼ね備えた会社が発行しているコインに絞って投資を行っていくべきと言えます。

日本人メンバーが主体となって開発したコインであるからこそ、日本語での案内もしっかりしていて、関連ゲームも始めやすいと言えるでしょう。英語を読めない方であっても丁寧に「PlayMiningの始め方」の説明を受けることができるのです。

仮想通貨投資でどの銘柄に投資するかを検討する場合において、開発者が著名であるとか、創業メンバーが過去に成功実績を持っていることは、非常に重要です。

なお、日本ではBITPOINTで取り扱いがありますので、国内取引所でDEAP coinを買いたい人は、BITPOINTで口座開設をしてから購入すると良いでしょう。

 ビットポイント

DEAP coinで稼ぐ方法

DEAP coinで稼ぐ基本的な方法は以下のように複数あります。どれか1つで儲けると考えるのではなく、総合的に考えて自分に合った方法を複数選択するのが得策でしょう。

DEAP coinで稼ぐ主な方法
  • DEPの売買益 文字通り、仮想通貨(暗号通貨の値上がり益を狙う方法です)
  • NFTの売買益 NFTを購入し、その後に値上がりしたときに市場で売却して利益を稼げます
  • ゲームでDEPを獲得する JobTribesやLucky Farmerをはじめとするゲームで稼ぎます。なお、PlayMinig×Pzzuleは2022年3月28日でサービスを終了。
  • ステーキング DEAP coinを一定期間預けることで、金融商品を購入したように利率に応じた報酬を得られます。

JobTribes(ジョブトライブス)について解説

JobTribes(ジョブトライブス)とは、略して「ジョブトラ」とも呼ばれるDEAP coinを使って遊べるNFTゲームです

おもしろさだけではなく、比較的簡単に稼げることもあって、評価は高いです

NFTゲームとはブロックチェーンゲームとも呼ばれますがNFT(非代替性トークン)のことで、アミュレットというキャラクターカードをJobTribesの世界では使います

JobTribesのアミュレットの特徴としては、色々な職業がキャラクター化されていて、そのキャラクター画像にも、その職業を象徴するアイテムが持たされていたりと、見るだけでも楽しめる内容となっています。

このアミュレットを有名クリエイターが作成してる場合は、爆発的な人気となり、争奪戦となるでしょう。

アニメーター、巫女、衣料品販売員、プロ野球選手、バーテンダー、カカオ農園主からブロックチェーンエンジニアまで、非常に様々な職業のアミュレットが用意されているのです。自分の職業のNFTカードがどんなデザインになっているか、興味がわきますよね。

期間限定イベントなどもあり、たとえば2022年8月2日から9月6日の間には「スーチーパイ&B-idolクエスト」が開催され、挑戦者には報酬として「アイドル雀士スーチーパイ」&「Project B-idol」に関するNFT又はアミュレットを獲得することができます。

JobTribesでどうやって稼げるのかと言うと、そこは至ってわかりやすく、敵とのバトルで勝利を納めることでDEPを報酬としてもらうことができるのです。もちろん、稼いだDEAPコインは仮想通貨市場で売却して実際のお金(フィアット)に帰ることもできます。

報酬として稼げる金額はその時々のレートによって異なるので、ここは注視していきたいところです。

強いキャラクターのアミュレットを手に入れることができれば、それだけ有利にバトルを進めることができるので、稼ぎやすい仕組みとなっています。強力なカードを手に入れることこそが、このゲームの最大の攻略法となっていると言えますね。

初期のカードは強くないのですが、強力なカードをDEAP coinで購入することもできますし、求神という方法で手に入れることもできます。

神」とは、アミュレットをガチャで手に入れるような仕組みです。

色々な宝石をセットすることで、アミュレットの出方が変わってきます。

宝石には、情熱のルビー(赤色)、異彩のクリスタル(黄色)、献身のサファイア(青色)、革新のダイヤ(緑色)の4つがあります。どんな宝石をいくつセットするとどんなアミュレットが出てくるのかは謎ですが、一定の法則性はあると考えられています。

セットしてから手に入るまでの時間がかかればかかるほど、より強力なレアリティの高いアミュレットが登場する可能性が高くなっています。

これらの宝石を手に入れるためには、ゲーム内のクエストをクリアしたり、PvPアリーナランキング戦で勝利することが要件となります。

まずは、一度プレイしてみて、徐々に内容を理解していくと良いのではないでしょうか。ゲームを覚えるには、実際にやってみるのが一番です。

無課金で1日15分のゲームプレイ時間

JobTribesの中では、ゲーム上のスタミナが消費されていくのですが、これは15分で消費されます。そう、このわずか15分というのが一つのメリットになっていると言えるでしょう。

時間に区切りがあることで、延々とゲームをプレイしてDEAP coinを稼ぐ人がいなくなるので、市場における売り圧力をやわらげる効果があるとも言えます。ちなみに、オートプレイの機能を使うとコンピュータが勝手にプレイしてくれてるのに稼げるので、非常に便利です。

時間制限が存在することにより、稼ぎたいがあまりにNFTゲーム中毒になる人を生み出さないで済むのもメリットだと言えるでしょう。

スカラーシップによる報酬獲得が可能である

DEAP coinはJobTribesのスカラーシップを可能とするコインです。

スカラーシップとは、アミュレットのオーナーが他者に貸し出して、その他者がゲームをプレイしてDEPを稼ぎ、その稼ぎとオーナーとプレイヤーが分ける仕組みとなります。

アミュレットを借りてゲームをプレイする人のことを「スカラー(Scholar)」と呼びます。

スカラーシップのメリットは、出資者とも言えるオーナーは自ら時間を使ってゲームをプレイしなくても収益を得られます

また、スカラーとなる人は元手資金が無くてもゲームをプレイすることで収益を得られるところにあります。

両者がウィンウィンの関係を築ける仕組みです。

「Axie Infinity」を知ってる方もいるかもしれませんが、Axie Infinityの場合は、海外の人にスカラーになってもらってオーナーがNFTを貸し出すケースも多いため、JobTribesでも同じようなことが起きるのではないでしょうか。

その国の所得があまり高くない場合には、ゲームで遊ぶことで月給を上回ってしまうようなことまで生じているので、スカラーシップを海外で行うようなことになると、スカラー希望者からの応募が殺到するかもしれません。

まさに、ゲームで遊びながら稼ぎを得られるという、一昔前では考えられないような仕組みが存在するのです。

なお、JobTribesのスカラーシップにはルールもあり、オーナーは同じアミュレットをスカラーに貸し出せないこと、スカラーは複数のオーナーから委託を受けられないこと、反対にオーナー側は複数のスカラーを持つことができることなど、いくつかのルールがあります。

NFTでアミュレットを強化することができ、このNFTに関しては、お金を出して買うことが可能です。オーナーがアミュレットを貸し出して収益を得ようと考えるのであれば、NFTでアミュレットを強化することが大切でしょう。

NFT(アミュレット)を購入したら税金の確定申告で必要経費になるのか

スカラーシップを利用した場合、オーナーもスカラーも、獲得したDEAP coin(DEP)については、その時の時価で税金がかかります。大変ではありますが、時価を抑えておく必要があります。

スカラーシップのオーナーに関しては、貸し出したアミュレット(NFT)の購入費用に関して、購入時点で必要経費にして節税できるか疑問に思うでしょう。

NFTや仮想通貨に関する税務については法整備がなされていない部分も多いのですが、基本的に購入時点で必要経費にすることは難しく資産計上するのが妥当だと思います。

10万円未満のNFTなら消耗品費として計上できるという考え方をするかもしれませんが、非代替性トークンであるNFTに関しては、そのNFTの売却時に経費とできる形になると思います。 JobTribesでNFTをスカラーシップに利用した人は、確定申告前に税理士に相談してみても良いでしょう。

Lucky FarmerでもDEPを稼げる

こちらの「Lucky Farmer」もPlayMiningで遊べるゲームです。

農場を舞台としたコインプッシャーゲームとなっています。

スロットゲームをもできますし、農場なだけに作物収穫を行って遊ぶこともできます。かわいいデザインの鶏が出てきたりするのですが、デザインがJobTribesと違ってこれもまた良いですね。

DEPを使用してアイテム購入を行うと上記のゲームで役立てることができます。 メダルゲームが元々好きな人にはおすすめできますね。

Cookin’ BurgerでもDEPを稼げる

DEA社のPlayMiningのCookin' BurgerのNFTゲームの画像

2022年には、DEA社のPlayMining上の新しいタイトルのゲームとして、Cookin’ Burgerが発表されました。

ハンバーガーショップを経営するゲームであり、調理の効率性を高めたり、多様なお客さんの好みに対応したりするNFTゲームです。「ショップNFT」というNFTを手に入れることで、ゲームの空間にお店を開くことができ、「デイリーミッション」「週末イベント」「月間ランキング」の成績の評価によって、DEAP coinを獲得したりアイテムを取得できたりします。

こちらのゲームの特徴として、スカラーシップ機能が搭載されていることでしょう。オーナーとプレイヤー(スカラー)が出資者とゲームプレイヤーという役割を分担して双方が稼げるというメリットがあるのです。

双方間で行う契約に関しては、しっかりと内容を明確にした上でスカラーシップに取り組みたいですね。

DEAP coinの将来性と価格の予想

DEPの今後の将来性に関しては、吉田直人氏のこれまでの実績や、審査が非常に厳しいと言われている日本の仮想通貨取引所(暗号資産取引所)に上場したことから、期待できます

特に、日本人が開発したコインと言うこともあり、日本で上場を果たしたということには大きな意味があり、日本での認知度をどれくらい上げられるかもポイントになると思います。口コミやネットの評価が高まって認知されると、価格は更に伸びるとも予想できます。

なお、日本以外ではインドネシアでは人気があるようです。インドネシアや台湾で人気の取引所であるbitrueにもDEPは上場しています。

インドネシアは人口も多いため、期待が持てるでしょう。日本とインドネシアとの間でのスカラーシップなども成立してくるのではないでしょうか。他の国でも更に人気が出ると予測すると、同時にDEAP coinの今後の価格は上がるだろうと予想できるでしょう。

又、JobTribesをはじめとするDEA社のPlaymMining上のゲームがどれくらい世界で普及するかというところを予測することが、DEPの価格の将来性の予想につながるかもしれません。

ゲームプレイで獲得されたコインは、やがては市場で売却されるので、売り圧力になっていくでしょう。特に新たなゲームが生まれたり、ゲーム性をかなり高めない限りは、DEPという仮想通貨に対する需要が減少してしまうというリスクがあります。

ゲームで稼げるという特徴的な部分こそ、Play-to-Earnゲームに関連するコインのメリットでありながら、デメリットにもなってしまうということです。

そんな中で、ゲームで稼ぎだされたDEPがどんどん売られてしまうと価格が下がっていってしまいます。

しかし、時価総額がかなり大きくなるまでは、需要の方が多いのではないかとも思われます。値上がりを予想するのであれば、極力、まだDeap coinに投資する人の割合がそこまで大きくない、価格が割安の時期に購入した方が良いかもしれません。なお、板取引で購入した方が、安い価格で買うことができます。

そうなった場合、DEPの今後の価格も上がっていく可能性は高くなります。

今後は、有名デザイナーや漫画家、イラストレーターのNFTがどれくらい登場するかによって、ゲームの人気であったりDEAP coinの価格に大きく影響するでしょう。

順調にファンが増えて行くと、まずは過去最高値の10.6円を超える可能性が高いのではないでしょうか。チャートの日足の終値でこの金額を超えると、11円、12円というところが見えると思います。もちろん、BTCをはじめとする仮想通貨市場全体が高騰している場合には、15円も見えてきて時価総額も大きくなっているでしょう。

仮想通貨(暗号資産)の相場の値動きの激しさは有名ですし、価値が大幅に下落してしまうこともあるので、分散投資をしていくことは非常に重要です。

DEAP coinに興味を持っている方は、まずは口座開設してみて、PlayMining上のJobTribesを実際にプレイしてみることで、どのようなゲームなのかを体験してみるのも良いのではないでしょうか?。

ビットポイント

なお、DEAPcoinに関しては、LCA CAME GUILD、Garuda Guild Games、Sakura Guild Gamesのようなゲームギルドなども存在しますので利用してみても良いでしょう。LCA GAME GUILDのTwitterでは最新情報も頻繁に発信されています。

LCA GAME GUILD(LGG)の画像

DEPを購入するときは一気にお金を入れない

仮想通貨を購入する場合、一気に大金をいれて購入すると相場が動いてしまうこともあります。

まだ時価総額がそこまで大きくなく、取引数量もさほどない場合には、コツコツと買うことが大切です。

DEPに関しては、まだこれから成長していくことが期待されるコインという位置づけですから、国内外のいくつもの取引所に上場しているとは言え、まだ時価総額が大きいとは言えません。

したがって、一気に買ったりすれば、高値掴みをしてしまうこともあるでしょう。ここは大きな注意が必要で、仮想通貨の取引をしたことがない初心者の方は十分にご注意ください。

又、DEPのチャートは上下のボラティリティーが大きいため、数回に分けて購入することで、取得費の平均化をはかったり、価格が急上昇している局面ではなくて押し目で買うようなスタンスが大切だと言えるでしょう。

取引では、いくらで売るかも大切ですが、いくらで買うかはもっと重要だと言うことができるでしょう。

DEPはどこで購入することができるの?

DEAP coin(ディープコイン)に関しては、国内取引所ですとBITPOINT(ビットポイント)で購入することができます。BITPOINTに関しては、口座開設までのスピードも速く、初心者でも比較的使いやすいという評判があります。

なお、国内で取り扱いがある取引所は、現在「BITPOINT」だけです。

DEPを欲しいという方は口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

ビットポイント

又は、コインチェックなどの暗号資産取引所で口座開設を行い、更に同時に海外取引所の開設手続きも行い、国内取引所から海外取引所に送金を行ってからDEPを購入するのも良いのではないでしょうか。

国外の取引所ですと、OKEx、bitrue、Bittrex、Digifinex、BitGlobal、Gate.ioなどで取り扱いがあります。今後にCoinbaseやBinanceに上場するようなことがあると、その際にも価格は大きく上昇すると考えられますね。

コインチェック

DEAP coinのまとめ

まだまだ歴史が長い仮想通貨だとは言えませんが、インドネシアでは人気が高いですし、日本人が運営する会社が開発したコインなので国内での人気は高まっていくのではないでしょうか。

2022年中にはDEA社は「PlayMining Verse」というメタバースをオープンする予定であり、そこでは他のメタバースのように土地(LAND)を購入できるようになります。

又、アーティストやクリエイターとファンがそこで会話をしたりできるようになる予定です。クリエイターとファンでメタバースの国でコミュニティを作るとなると、はまる人も多いのではないでしょうか。このようなプラス要因もあるのでDEA社には注目しておく必要があります。

ゲームをプレイしながら稼げるというメリットもあるのですが、チャートでの値動きは大きいため、市場で売買する際には慎重に分散して取引した方が良いでしょう。

既に人気の「JobTribes」や「Lucky Farmer」をプレイしてみたい人、著名クリエイターのデジタルアート(NFT)が欲しい方、又、将来のDEPの値上がりを予想する人は口座開設をして購入してみても良いのではないでしょうか。

この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
Crypto Guide(クリプトガイド)
タイトルとURLをコピーしました