仮想通貨Crowns(CWS/クラウン)の将来性と今後の価格の予想【リアルタイムチャート】

仮想通貨Crowns(CWS/クラウン)の将来性と今後の価格の予想について解説しています。Seascape Network上のトークンであり、Binanceからも出資を受けているため、値上がりを期待している人も多いでしょう。

【CWS/USD】リアルタイムチャート

【CWS/USD】リアルタイムチャート

Crowns(CWS)とは?

Crowns(CWS/クラウン)は、イーサリアムブロックチェーンのトークン規格「ERC-20」となっています。

BSC(バイナンススマートチェーン)及びERCのブロックチェーンに対応可能な暗号資産(仮想通貨)です。BSCはガス代が安く、又、イーサリアムとの互換性も有しています。

Seascape Networkで使用される仮想通貨であり、Seascape Networkの人気が高まると共に仮想通貨であるCWSの需要も高まるので、その際は今後の価格も上がるのではないかと予想できます。

Seascape Networkでは、NFTを用いたブロックチェーンゲームとDeFi(分散型金融)において、サービス間の障壁を感じることなくユーザーが参加できるようになっています。

DeFiをゲーム化しているところにも大きな特徴があり、これはおもしろいアイディアだと思います。

CWSはまだまだ日本での知名度も低いですし、聞いたことがない人も多いかもしれませんが、こういった時価総額が大きくないコインは、普及した場合のリターンが大きいのも事実です。大きな利益が得たい投資家が狙うコインでもあるとも考えられます。

CWSを購入する場合は、まずはコインチェックなどの国内の暗号資産取引所で口座開設をして、その後に海外取引所を開設し、国内から海外に送金してから購入することになります。

口座開設が難しそうに聞こえるかもしれませんが、口座開設は無料でできますし、実は時間はかからず簡単ですのでご安心ください。

コインチェック

本日の仮想通貨Crowns(CWS)の時価総額や価格、市場占有率【2022年8月13日時点】

CWSの現在の価格や時価総額、過去最高価額(ATH)などは以下のようになっています。

見ての通りで時価総額はまだまだ小さいので草コインと言えます。

それだけに、新規取引所への上場や公式ページからの新規開発ニュースが出たりして知名度が上がった時のリターンは大きくなると言えるでしょう。 一方でチャートの値動きは大きいので、注意が必要だとも言えます。

仮想通貨(暗号資産)名称 Seascape Crowns
単位(ティッカーシンボル) CWS
価格(2022年8月13日時点 以下項目も同じ) 91.62972526円(0.752520ドル)
時価総額 296,737,746円
時価総額占有率(仮想通貨の総時価総額に占めるCWSの割合) 0.0%
時価総額ランキング 1198位
上場以来の最高価額(ATH) 61.33USドル
市場流通量(循環している供給量) 3,238,445CWS
CWSのHP オフィシャルHP
CWSの公式Twitter Twitter
2022年8月13日現在

Crowns(CWS)の特徴

ここでは、Crowns(CWS)の強みにつながる特徴を解説します。ここで魅力を感じたのであれば、まずは少しCWSを購入してみても良いのではないかなと思います。

また、実際にSeascape Networkを利用して稼いでみるのも良いでしょう。

Binanceから出資を受けている

Binance(バイナンス)が出資していることも強みの一つで、海外の大手取引所が投資してることで安心感も感じられる銘柄です。SeascapeはZombie Mystery Box」というNFTプロジェクトではBinance NFTをパートナーとしています。

ただし、これがすなわちBinanceに上場しているということを意味しているわけではないのです。

Binanceではこのようなケースはよくあり、上場してない段階から出資やパートナーシップを結んでいることがあります。

もしその後に実際に上場することができると、価格も大きく上がることが予想されます。

Binanceの上場審査はしっかりしたもので、ロードマップがしっかりしていないといけませんし、安全性や将来性を認められたコインしか上場できないのです。

それだけに、Binance上場を果たすと市場も敏感に反応して、価格上昇に関して大きなメリットがあるのです。

なお、SeascapeのCEOであるDavid Johanssonは、ブロックチェーンイノベーションの業界リーダーであるBinanceとのパートナーシップにより優れたユーザーエクスペリエンスを作ることができると発言しています。

Seascape Network上のトークンである

Seascape Networkの画像
引用:Seascape Network

Seascape Networkとは、NFTエコノミーとDeFiに基づいたゲームプラットフォームで、DeFiのコンセプトをゲーム化しているという特徴があります。

これにより、仕組みに詳しくない参加者の参入障壁を下げているのです。

プレイヤーがPCC(プレイヤー作成のコインのこと)を作成することもできるのですが、そのコインの価値はCrowns(CWS/クラウン)に担保されているという仕組みを取っています。

又、Seascape Networkは、知識豊富なプレイヤーはマイニングゲームやNFTステーキングゲームで指数関数的に収益を増やすことができると述べています。

Play-to-Earnの要素があるため、他の暗号資産関連のNFTゲームをリードすることで、もしも興味を持つユーザーが爆発的に増えると、人気は一気に高まるでしょう。

Seascape Networkの普及がCWSの価格に多大な影響を及ぼすと言えるので、CWSの今後の価格を予想する上では、Seascape Networkの将来性を併せて検討する必要があると言えるでしょう。

時価総額の大きくない草コインである

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの有名な仮想通貨(暗号資産)と違って、時価総額は大分小さいコインです。

時価総額が小さめですと、1日の取引量もそこまで大きくはならず、まとめて購入するトレーダーが現れると価格は高騰するというメリットもありますし、反対にまとめて売られると暴落しやすいというデメリットもあります。

つまり、CWSのチャートのボラティリティは比較的大きいという特徴があると言えますね。

チャンスでもありますが、注意もしないといけないですね。

CWSの評判や口コミが広まって知名度が上がった場合には10倍や20倍、それ以上の価格になることも予想できますので、長期トレードでも大きなチャンスがあります。

反対に、知名度を上げられないままに忘れられてしまう時価総額が小さいコインもあるので、そういったリスクにも注意を払いましょう。

Crowns(CWS)の将来性と今後の価格の予想

ここでは、Crowns(CWS/クラウン)の将来性や今後の価格の予想に関して説明していきたいと思います。

テクニカル分析を重視したような短期目線ではなく、ファンダメンタルズを考慮した中長期目線の予測としておきます。

もちろん、時価総額が小さいだけに、今後の価格の見通しも立てにくいところもあり、Seascape Networkの開発状況なども大きく依存はしますが、ご参考としてくださればと思います。

各々の人の財産状況や取れるリスクも異なるので、あくまでも、最終的な投資判断はご自身で行うことが大切です。

将来性は開発の進捗と普及にかかっている

SeascapeのDeFi等の説明画像
引用:Seascape Network

仮想通貨(暗号資産)としてのCWSの価格の今後の将来性は、その技術開発の進捗にかかってるとも言えます。既にDeFiやNFT、ゲーム等の領域で開発が進められていますが、今後ますます進化していくのではないでしょうか。

新たなシステムの搭載な新たなゲームのリリースなどによりSeascape Networkがより利便性の高いものになったり、ユーザーのメリットが大きいものになると、CWSへの需要が拡大していき、結果的に価格は上がるでしょう。

NFTゲームに関連する仮想通貨銘柄は他にも多くありますので、それら他の銘柄との開発競争で優位性を持つことができるかは、今後の価格が上がるか下がるかを見通す上で大変重要なポイントです。

CWSの価格が上がると期待される理由

CWSの価格が上がると期待される理由としては、Seascape Networkの普及が重要となります。

又、大手の暗号資産取引所への上場をした場合には価格が急騰することも予想されます

一般的にどの銘柄でも、取引所への新規上場を果たすことでトピック性がでますし、通貨としての信用度が高まるので、価格が上がるのです。

CWSは、まだまだ上場していない取引所が多いため、上場するごとに価格が上がるのではないかと期待している投資家も多いでしょう。

Seascape Networkの知名度の上昇と共に提携する会社が増えることも期待できます。大手企業とのパートナーシップを結んだ場合にも相場の値上がりが期待できるでしょう。

CWSの今後の価格の予想

記の上記に掲げたSeascape Networkの普及、多くの暗号資産取引所への上場、提携企業の増加が起き、かつ、仮想通貨市場全体が盛り上がってビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の価格も高騰してATH(過去最高価額)に達した場合には、CWSは過去最高値の61.33ドルを超えることも可能でしょう。

BTCが過去最高価額に達した2021年11月時点ではCWSは17ドル程度でしたので、仮想通貨市場に資金が集まるだけでも17ドル程度には達するかもしれません。

しかし、60ドルを超えて過去最高価額を超えたり、100ドル以上に達していくためには、CWS単独としての人気を高める必要があると言えます。つまり、仮想通貨市場全体における占有率(シェア)を広げていくことが大切になります。

新規上場で話題になったりして良い評判の口コミが広がり、もしも大人気のコインとなった場合には、100ドル程度ではなく150ドルや200ドルも見えてくるのではないでしょうか。

なお、仮想通貨市場が大暴落した場合には、3ドルを割ってしまって2.5ドルくらいまで落ちるようなことも可能性としてあり得ます。仮想通貨市場自体はビットコイン(BTC)の価格の影響を非常に大きく受けるので、ビットコイン(BTC)の今後の価格の予想をすることは、CWSの価格予想にも間接的につながります。

仮想通貨CWSを購入する方法と購入時の注意点

CWSを購入する方法を説明します。

CWSは海外取引所でしか取り扱いがないため、国内と海外の取引所の両方で口座開設を行う必要があります。ただ、これは時間のかかるものではないのでご安心ください。

以下がCWSを買うまでの手続きの流れとなります。

1.まずは国内の暗号資産取引所で口座開設をしましょう。

2.次に、CWSを取り扱っている海外の取引所で口座開設を行います。

3.国内取引所で購入したBTCやXRP、ETHなどの仮想通貨を国外の取引所に送金します(これはとても簡単で、すぐにできます)。

4.その後に海外取引所でCWSを購入することができます。

CWSを購入できる取引所と購入方法

CWSは海外取引所で買うことができます。

UniSwap、PancakeSwap、Gate.io、KuCoin、AscendEX(BitMax)などでCWSを購入しましょう。

ただし、既に説明したように、まずは国内の取引所で解説してから海外に送金する必要があります。

なお、まずはコインチェックなどの安心できる国内の取引所で口座開設を行いましょう(口座開設は無料で、時間もかかりません)。アプリなども非常に使いやすく、知名度・人気も非常に高いので、まずはコインチェックがおすすめです。国内取引所の中でも、コインチェックは非常に多くの取り扱い銘柄がありますので、チャンスで買える仮想通貨の数を多くしておきたい人は持っておきたい取引所です。

コインチェック

コインチェック以外でも、世界で人気の大手取引所のフォビジャパン(Huobi)も人気が高まっている取引所ですし、持っておいて損はないでしょう。

フォビジャパン(Huobi Japan)

投資金額を大きくし過ぎないように注意

CWSのチャートをご覧いただけるとわかるのですが、時価総額の大きな銘柄と比較すると、値動きが激しくなります。

時価総額の小さな銘柄は、信じられないくらい暴騰することもあるのですが、一方で、仮想通貨全体が暴落した場合により大きく価格を下げる可能性があります。

そのため、CWSに惚れ込むがあまりに大きな金額を一点集中で投資してしまうことは避けた方が良いでしょう。

投資の世界では、アセットアロケーションの大切さを意識して、いくつかの仮想通貨銘柄に分散投資したり、そこに株式や債券を組み込むなどして、戦略的に投資をしたいものです。

特に初心者の方は、これだと思った銘柄に全力投資してしまってリスクを高めてしまうことがあるのでご注意ください。

まとめて一括買いや一括売りをしないこと

CWSを取引所で購入するときは、焦ってしまってまとめて一括購入するようなことは避けましょう。

時価総額が大きくなく、取引量も大きくない場合には、大きな金額を投資すると、その自分自身の注文によって価格が急に上がることもあるのです。

急に上がった相場はまた元に戻る可能性も高いので、高値掴みをしてしまうというデメリットがあるのです。

又、チャートのボラティリティが大きいので、このような値動きが激しい銘柄に関しては、押し目と思ったところで購入しても、そこから一旦更に価格が下がることもありますから、複数回に分けて購入することで高値掴みをさけましょう

反対に売却する時も同じで、一気に全てのCWSを売るのではなくて、複数回に分散して売却することが大切です。

購入時も売却時も複数回に分けることは、仮想通貨投資で安定的に利益を出すためには非常に重要なポイントなのです。

まとめ

こちらの記事では、仮想通貨Crowns(CWS/クラウン)の将来性と今後の価格の予想を中心に説明いたしました。

又、Seascape Networkに関しても説明しましたので、実際にホームページに行って調べてみましょう。

中長期保有目的で仮想通貨に投資するときはその銘柄の持つ目的をできる限り調べて将来性を検討することが大切です。

CWSは日本でも海外でもまだまだ人気が高いコインとは言えませんが、早めに仕込んでおくことでとても大きな利益を得られる可能性がある銘柄です。

もしもCWSに興味があるという方は、まずは少額でも投資してみてはいかがでしょうか?最初に国内大手取引所のコインチェックで口座開設を行うところからスタートして、そこから海外口座で購入してみましょう。

コインチェック
この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
Crypto Guide(クリプトガイド)
タイトルとURLをコピーしました