ファントークンとは?ファントークンの買い方は?

仮想通貨の基礎

スポーツ業界、特にサッカー業界ではファントークンという概念が浸透し始めてきました。

仮想通貨(暗号資産)のチリーズ(CHZ)を利用して、「Socios.com」でサッカーのクラブチームのファントークンを購入したことがある人もいるのではないでしょうか。

この記事では、ファントークンとは何かという点と、ファントークンの買い方について解説します。

ファントークンとは?

スポーツが好きな人、又、仮想通貨(暗号資産)に興味がある人はファントークンという言葉を聞いたことがある人は多くいると思いますが、実際にそれがどのような性質を持っているのかをここで解説します。

ファントークンを買いたい人も、まずはファントークンとは何かを理解して欲しいので、ここで説明いたします。

ファントークンを取得すると特別な権利が得られるというメリットがある

ファントークンを持っていると、保有者に対して、チームの運営などに関わる投票権を付与したり、イベントへの参加権を付与したり、オフィシャルグッズを安く買える権利が付与されたりします。

チームによっては、ユニフォームデザインの決定や販売するグッズの決定にまで関わることができるので、ファンにとっては非常に嬉しいメリットですね。

これまでのファンクラブとの違いは、年会費がかからないという点であり、こちらもファンにとって大きなメリットになるでしょう。

ファントークンはNFTではなく、ユーティリティトークンというFTである

ファントークンはユーティリティトークンに分類できます。サービス利用のためのトークンのことをユーティリティトークンと呼びます。

そして、ユーティリティトークンであるファントークンはFT(代替性トークン/Fungible Token)に分類されます。FTとは代替可能なトークンであり、仮想通貨を見ればわかるように、いくつもの同じトークンが存在している状態です。

このビットコインとあのビットコインでは価値が違うということがないのと同じで、ファントークンも特別なものを除けば、同じチームのファントークンは同じ価値を持つのです。

ファントークンがNFT(非代替性トークン/Non Fungible Token)であると勘違いしているケースもありますが、ファントークンは基本的にFTであるということです。NFTスポーツの市場においては、選手の試合中の画像のなどのNFTも売られていますが、ファントークンとは別のものなのです。

ファントークンは売れるので利益が出る可能性もある

ファントークンは変動します。したがって、購入時よりも売却時の価格が上がっている場合には、保有者は売買益を得ることもできます。

ファントークンを買ったからといって、そのお金が無くなるのではなく、将来的に売却することができるのです。

売却して仮想通貨(暗号資産)であるチリーズ(CHZ)を獲得した場合には、それをビットコインなどに交換してからコインチェックビットフライヤーなどの日本の取引所に送金し、そこで日本円にすることができます。

ファントークンを買う場合は、必ず取引所の口座(アカウント)の作成は行っておきましょう。

ファントークンの買い方

Sociosの提携チームのロゴ
引用:「Socios.com」 Sociosはサッカーチームをはじめとして、多くのスポーツチームと提携しています。

ここでは、ファントークンの買い方を解説します。ここでは、2つの購入方法を解説します。

ファントークンと言えば「Socios.com」が有名ですので、こちらで買う人が多いでしょう。もちろん、日本人の人が日本にいながら買えますので、その点はご安心ください。なお、「Socios.com」でファントークンを買うためにはチリーズ(CHZ)という仮想通貨(暗号資産)を買ってから、ファントークンに交換することになります。ファントークンの人気の高まりもあり、チリーズ(CHZ)の仮想通貨としての今後の価格の上昇も予想されています。

日本国内取引所からバイナンスに送金してCHZを購入するのがおすすめ

ファントークンの買い方としては、チリーズ(CHZ)という仮想通貨(暗号資産)を購入する必要があります。

そのチリーズ(CHZ)をファントークンと交換するのです。

ファントークンを将来的に日本円に換金するためにも日本の暗号資産取引所の口座は必要ですし、バイナンスなどの安定的な取引量のある市場でチリーズ(CHZ)を買うためには、日本の口座からバイナンス口座に送金する必要があります。

コインチェックで口座開設を行い、次にバイナンスで口座開設し、コインチェックからバイナンスに送金してからチリーズ(CHZ)を購入すると良いでしょう。チリーズ(CHZ)を安く買うと節約になるのですが、そのためにはバイナンスのような安定的な取引量がある取引所を利用したいものです。まずは下記からコインチェック口座を開設すると良いでしょう。

コインチェック

チリーズ(CHZ)を手に入れたら、「Socios.com」でファントークンを購入することができます。

Sociosのアプリのダウンロード

Sociosのアプリのダウンロード

Mediarex Enterprises Ltd

「Socios.com」で購入することも可能

「Socios.com」でアプリをダウンロード後に、直接的にチリーズ(CHZ)を購入することも可能です。クレジットカードやデビットカードで購入することができます。

そして、そのまま「Socios.com」でファントークンとチリーズ(CHZ)を交換することになります。
この場合でも、ファントークンやチリーズ(CHZ)を売買するためにはバイナンス口座は作成した方が良いですし、日本円にできるようにするためにコインチェックの口座開設は行っておきましょう。

早くファントークンが欲しい人は、先に「Socios.com」で買ってしまい、その後にバイナンスと日本の暗号資産取引所で口座開設をすると良いでしょう。

「Socios.com」と提携のあるスポーツチームの紹介

ここでは、「Socios.com」と提携しているスポーツチームの紹介をいたします。

必ず、「Socios.com」のホームページで内容などをチェックしてからファントークンを購入するようにしましょう。

提携チームが増えると「Socios.com」への需要も大きくなり、同時に仮想通貨(暗号資産)のチリーズ(CHZ)の価格の上昇も期待できるでしょう。

全てのチームではなく、各々のスポーツごとに、主要なチームを紹介させていただきます。

サッカークラブチーム

ファントークンに関しては、やはりサッカーのクラブチームがその先駆けとして有名です。

バルセロナやユベントス、ACミランがファントークンを発行したことに関しては非常に話題になりましたし、ファントークンを保有している日本人も多くいるのではないでしょうか。下記の有名チームが「Socios.com」と提携しています。アルゼンチンやポルトガルのナショナルチームまでが提携していることにも注目です。

・FC Barcelona($BAR)
・Juventus($JUV)
・AC Milan($ACM)
・AS Roma($ASR)
・Paris Saint-Germain($PSG)
・Arsenal FC(AFC)
・Atletico de Madrid($ATM)
・Manchester City FC($CITY)
・Argentine Football Association($ARG)
・Portugal National Team($POR)

バスケットボールチーム

アメリカを中心として人気のあるバスケットボールのチームも「Socios.com」とパートナーシップを構築しています。ファントークンはサッカー以外のスポーツでも注目されているということですね。シカゴブルズやレイカーズなどの日本人もよく知っているチームもあります。「Socios.com」としては、ヨーロッパだけではなく、アメリカ市場も攻略するためにはNBLのチームとの提携は大きな意味を持っているのでしょう。

・Chicago Bulls
・Houston Rockets
・LA Lakers
・Minnesota Timberwolves
・Philadelphia 76ers

モータースポーツチーム

モータースポーツの分野でもファントークンに注目が集まり、「Socios.com」と提携をしています。以下のようなチームがあります。アストンマーチンやアルファロメオなどがありますが、今後も更に多くのレーシングチームがファントークン発行に動いてくれることを期待しているF1ファンの方なども多いでしょう。


・Roush Fenway Racing($ROUSH)
・Aston Martin Cognizant F1 Team($AM)
・Alfa Romeo Racing ORLEN($SAUBER)

アメフトチーム

アメフトのチームとの提携も「Socios.com」は進めています。経済力あるアメリカでのアメフトの人気は高いので、積極的にパートナーシップ提携に向けて動いています。

人気の高いニューイングランド・ペイトリオッツ、ピッツバーグ・スティーラーズ、サンフランシスコ・フォーティーナイナーズなどとの提携は、「Socios.com」にとって非常に大きいと言えるでしょう。以下のようなチームが提携しています。

・NEW ENGLAND PATRIOTS
・PITTSBURGH STEELERS
・SAN FRANCISCO 49ERS
・NEW YORK GIANTS
・MIAMI DOLPHINS
・LA RAMS
・CHICAGO BEARS

格闘技団体

「Socios.com」は格闘技団体とも提携関係にあります。格闘技ファンは世界中にいるため、ファントークンを買いたい人も多いでしょう。UFCなどは日本人のファンも多いですね。以下の団体と提携しています。

・UFC(Ultimate Fighting Championship)
・PFL(Professional Fighters League)

ファントークンのまとめ

こちらの記事では、ファントークンとは何かを解説しました。ファントークンには様々なメリットがあること、又、ユーティリティトークンとしてFT(Fungible Token)に該当することをご理解いただけたと思います。

サッカーをはじめとして、バスケットボールやアメフト、モータースポーツや格闘技団体とも「Socios.com」が提携をしているため、そこでファントークンを買うために使われる仮想通貨のチリーズ(CHZ)の市場価格にも期待できます。

買い方に関しては、「Socios.com」のアプリをダウンロードしてそこでチリーズ(CHZ)を購入してからファントークンを買うこともできますが、ファントークンは売ることができるので日本円に戻す可能性があることや、余ったチリーズ(CHZ)を日本円にしたりすることもあると思うので、日本のコインチェックで口座開設を行い、続いてバイナンスで口座開設を行うことも忘れないようにしましょう。

基本的には、初めからコインチェックで口座開設を行って、コインチェックからバイナンスに送金して、そこでチリーズ(CHZ)を購入してからファントークンを購入する方法をおすすめしております。その過程で、ファントークンの特典だけではなく、様々な仮想通貨にも興味を持っていただければと思います。

この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
仮想通貨の基礎
Crypto Guide(クリプトガイド)

おすすめ取引所の比較

取引所名 コインチェック DMMビットコイン ビットバンク BIT Point(ビットポイント) Huobi Japan
取引所画像
銘柄取扱数 18銘柄 6銘柄 14銘柄 14銘柄 22銘柄
販売所取引手数料 無料 無料 無料 無料 無料
取引所取引手数料 無料 Maker -0.02% Taker 0.12% 無料 Maker 0.012~0.150% Taker 0.036~0.150%
レバレッジ取引の有無 2倍 2倍 2倍
最低取引単位 500円相当額 販売所:0.0001 BTC
取引所:-
取引所:-
販売所:0.00000001 BTC
販売所:0.001 BTC
取引所:-
販売所:0.001 BTC
取引所:0.0001 BTC
運営開始日(日本国内) 2014年8月 2018年1月11日 2014年5月7日 2016年3月 2016年9月
公式サイト コインチェック
公式サイト
DMMビットコイン
公式サイト
ビットバンク
公式サイト
BIT Point(ビットポイント)
公式サイト
Huobi Japan
公式サイト
タイトルとURLをコピーしました