PancakeSwap(CAKE)の歴史、特徴と将来性、今後の価格予想【リアルタイムチャートあり】

PancakeSwapは2020年に新星のごとく誕生した取引所です。Ethereum系の分散型取引所ではなく、バイナンススマートチェーン上で稼働します。安い手数料で取引ができたり、金利で儲けたりのメリットがあります。当記事では、PancakeSwapの概要や歴史、特徴、将来性と今後の価格の予想に関して詳しく解説します。

【CAKE/USD】リアルタイムチャート

PancakeSwapは2020年に新星のごとく誕生した、勢いのある取引所です。Ethereum系の分散型取引所ではなく、バイナンススマートチェーン上で稼働します。金融庁に認可されていない取引所ですが、代わりに安い手数料で取引ができたり、金利で儲けたりのメリットがあります。そのため当記事では、PancakeSwapの概要や歴史、特徴、将来性と今後の価格の予想に関して詳しく解説します。

PancakeSwap(CAKE)とは?

PancakeSwapは分散型取引所で扱われており、CAKEが仮想通貨です。ほかの通貨みたいに中央集権型の取引所とは違い、さまざまな場所にあるデータサーバーで分散管理、取引監視をおこなっています。PancakeSwapは他のUniSwapやSushiSwapと比べても手数料が低く設定されています。分散型取引所の一種として、世界的に大手であるバイナンスが運営している、バイナンススマートチェーン上で通貨が稼働しています。Ethereumのシステムと類似しており、互換性が高いです。例えばERC-20を使ってトークンを生成しています

CAKEの取り扱い取引所はBINANCE、Kucoinなどの海外取引所があります。CAKEの買い方は以下となりますが、まず最初に口座開設が必要な国内取引所としてはコインチェックがおすすめできます。取り扱い銘柄数が多く、又、NFTマーケットプレイスも持っているため、日本人が仮想通貨取引をするなら最初に持ちたい暗号資産取引所と言えるでしょう。

1.日本国内の取引所の口座開設をする(時間はかからないですし、無料です)

2.海外の取引所の口座開設をする(こちらも無料です)

3.日本国内の取引所口座に銀行等から振込みで入金する

4.国内口座で仮想通貨BTCやXRPなどを購入して海外口座に送金する(ここは非常に簡単ですぐに行えます)

5.海外口座でCAKEを購入する

自動マーケットメーカー(AMM型)分散取引所

分散型取引所の中でもPancakeSwapはAMM型に属しています。AMMとはAutomated Market Makerの略で分散型取引を実現するためのシステムです。AMM型の分散型取引所には流動性プールが存在し、利用者はプールに資金を投入することにより、利息がもらえます。PancakeSwapでは流動性プールに預金することにより、CAKEトークンを利息としてもらえます。さらに欲しい通貨をプールから購入や売りたい通貨をプールに投入して取引も可能です。

本日のPancakeSwap(CAKE)の時価総額や価格、市場占有率【2022年9月24日時点】

CAKEの最新の時価総額や価格、市場流通量などの情報は以下となります。

仮想通貨(暗号資産)名称 PancakeSwap
単位(ティッカーシンボル) CAKE
価格(2022年9月24日時点 以下項目も同じ) 536.02円(4.402111ドル)
時価総額 76,690,829,774円
時価総額占有率(仮想通貨の総時価総額に占めるCAKEの割合) 0.0684%
時価総額ランキング 63位
市場流通量(循環している供給量) 143,075,145CAKE
2022年9月24日現在

PancakeSwap(CAKE)の歴史

仮想通貨の将来性を考えるにあたって、それぞれの歴史を知らなければなりません。理由としては、開発の理由や今後の方向性など将来どのように成長するのかの指標になるからです。そのため必ず通貨の歴史を知らなければなりません。

開発初期

PancakeSwapは、2020年9月20日に匿名の開発者グループによって設立されました。ほかの取引所との違いは、PancakeSwapがバイナンススマートチェーン上で稼働しており、Ethereum系の取引所と比較してよりトランザクションが早くて安価な点です。バイナンススマートチェーンはバイナンスが開発し、スマートコントラクトベースのアプリを実行するためのブロックチェーンです。PancakeSwapをリリースする際は、バイナンススマートチェーンの標準スワップ料金は0.3%でした。それに対して、PancakeSwapは業界平均を下回る0.2%で取引を開始しました。

2021年はPancakeSwap飛躍の年

業界平均を下回るスワップ料金とバイナンススマートチェーン技術のお陰で、PancakeSwapは全体の取引量とCAKEの通貨価値が急上昇しました。2021年の2月にはAMM型取引所で1番多くの取引量になりました。この取引量はEthereum以来の快挙であり、資産の増加がEthereumに比べてかなり短いです。CAKEトークン価格は1.89USDから11.12USDへ、総取引量は1.5億USDから約24億USDに急成長しました。2021年4月9日には、1日あたりの取引量が900,000件を突破。当時1日あたりの分散型取引所での取引数が1,300,000件のため、半数以上の取引がPancakeSwapからになります。

コインチェック

PancakeSwap(CAKE)の特徴は?詳しく解説

PancakeSwapは歴史が浅く、Ethereumより安定性が低いといわれています。しかし取引速度が早かったり、手数料が安かったりなどの有名な通貨より便利な面が多くあります。今後も継続してアップグレードしていけば、高い価値の通貨にもなれるかもしれません。PancakeSwapの特徴は以下の通りです。

  • CAKEを自分のタイミングで運用可能
  • 日本では上場されていない草コインの取引が可能
  • 利回りの高いイールドファーミングで金利が受け取れる
  • 取引手数料が安い
  • 本人確認手続きが不要
  • ハッキングされにくい

PancakeSwapで手に入れたCAKEをはじめ、さまざまな仮想通貨は円とドル交換のようにほかの通貨に交換できます。ほかにもPancakeSwapはプールやスワップなどほかの方針で運用可能です。例えば、PancakeSwapには1CAKEトークンでLotteryに参加できる機能があります。そのためPancakeSwapが用意したLottery機能によって、CAKEの流動性が飛躍的に上がりました。

日本では上場されていない草コインの取引が可能

そもそも草コインとは何かと思うはずです。草コインには明確な定義はありませんが、以下の特徴を持っています。

  • 知名度が低い
  • 時価総額が低い
  • 流動性がほとんどないもしくは無いときもある
  • 価格が低いもしくは価値がついていない

PancakeSwapでは日本では取引されていない、もしくは未上場の通貨を取引できます。草コインの中の多くのコインは価値が低かったり、無名で開発が滞っていたりするかもしれません。しかし一部のコインはなにかのニュースやイベントで急騰するかもしれません。

利回りの高いイールドファーミングで金利が受け取れる

ステーキングの影響で仮想通貨の金利が得られます。PancakeSwapではイールドファーミングで金利を獲得します。イールドファーミングはステーキング以上の利回りがあり、他の通貨より多くトークンを獲得可能。イールドファーミングとは、レンディングや分散型取引所などのDeFiサービスに資産を貸して金利や収入を得る運用モデルです。さらにPancakeSwapはEthereum系のシステムを採用せず、バイナンススマートチェーンを用いているため、手数料も安いのが特徴です。そのため少ない額から高い金利での通貨の運用ができます。

CAKEのPassive incomeの画像
引用:CAKEの公式HP

運用利回りがほかの分散型取引所より高い

PancakeSwapはバイナンススマートチェーンを利用しているため、高利回りでの運用が可能です。最大で300%での利回りで運用に特徴があり、人気を裏付ける要因となっています。

取引手数料が安い

PancakeSwapはEthereum系のネットワークではなく、バイナンススマートチェーンのネットワークを使用しているため、手数料を安く済ませられます。Ethereum系のネットワークの場合、取引の時間がかかると手数料が上昇する仕組みになっています。手数料を多く支払った取引から承認されるため、必然的に高価になるでしょう。

本人確認手続きが不要

PancakeSwapは中央集権的な運営会社の管理下にいません。運営会社の方針や会社が所属する国の法律を遵守する必要があります。日本では口座を作成する際に本人確認が必要ですが、PancakeSwapでは必要ありません。理由としては、仮想通貨のウォレットに接続するだけで取引が可能になり、その際に本人確認が不要だからです。

ハッキングされにくい

分散型取引所の強みとして、セキュリティが高いのが特徴です。中央集権的な取引所だと管理者のデータを書き換えれば、資金を盗めるからです。分散型取引所の場合、利用者全員の承認データをハッキングしなければならないため、改ざんするのは難しいでしょう。そのためPancakeSwapはセキュリティが高い構造になっています。

CAKEの今後の価格の予測

PancakeSwapは開発されてから日が短く、今後の開発に期待が寄せられています。しかしほかの通貨に比べて安定性に欠けるなどの課題や開発環境の変化など多くの通貨価値の変化要因が存在。今後の通貨価格予想に影響を与える要因としては以下が考えられていますので、これらを頭に入れた上で今後のCAKEの今後の価格の予想をしたいところです

  • 新機能追加
  • 運用利回りの向上
  • Ethereum取引の手数料の変化
  • 世界経済の変化
  • 分散型取引所への規制
  • バイナンススマートチェーンの衰退
  • 類似の通貨の発達

新機能追加

2021年の4月30日にPancakeSwapには新しい機能として、AutoCAKESyrupPoolが追加されました。SyrupPoolにはいままで手動で通貨を流さなければなりませんでしたが、今回の新機能で自動操作が可能です。利回りを自動で獲得できる仕組みによって、利便性が向上し通貨の価値が上昇しました。こういった自動機能が人気となると、需要が増えて、将来性への期待が大きくなるでしょう。

運用利回りの向上

今後新しい技術や環境によって、利回りが向上するかもしれません。理由としては、新しい技術の確立や取引所の手数料の変化によって、取引の負担が減るからです。例えば、Ethereum系のネットワーク手数料が安くなると、それに追随して安くなるかもしれません。そのため今後の変化によって運用利回りが改善すると期待されています。

ほかの分散型取引所からの乗り換え需要

分散型取引所ではPancakeSwap以外にもUniSwapやSushiSwapがあります。PancakeSwapの強みはほかの取引所に比べて取引手数料が安い点です。そのため今後通貨の人気があがれば、ほかのネットワークからの乗り換えによって価値があがるでしょう。

Ethereum取引の手数料の変化

PancakeSwapはEthereumの手数料の変化によって、価値が変化します。理由としては、Ethereumの手数料が高まるとPancakeSwapの利回りが高まるからです。具体的には、Ethereumでの取引量が急増すると手数料があがります。UniSwapやSushiSwapは取引の決済速度に対応できないため、ガス代高騰して手数料があがります。以上からEthereumの取引手数料が上昇するとPancakeSwapの価値が上昇します。

世界経済の変化

PancakeSwapは経済の影響によって価値が大きく変化します。2020年3月にコロナが大流行し、世界経済が大きく後退しました。経済の後退によって、仮想通貨市場も大きく下落しました。そのため今後大きな経済変化によってPancakeSwapも価値が急変化するかもしれません。

反対に、今後の世界経済の情勢により、ビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨市場への資金流入が増えるような場合には、CAKEの価格は上がると予想できます。2022年9月現在までの過去最高価額である43.96ドルを超えて50ドルなどの価格を目指すのは簡単ではありませんが、10ドルや20ドルというのは、仮想通貨市場が上昇トレンドに入ったら十分に目標とできる価格だと予想します。

分散型取引所への規制

PancakeSwapは国家などの中央集権型じゃない取引所のため、金融庁からの許可がありません。そのため分散型取引所への規制をかける可能性があります。理由としては、

  • 取引が円より仮想通貨が普及しすぎると、円の価値が下がり権力が弱まる
  • 金融制裁や金融政策に悪影響を及ぼす

からです。例えば、2021年の5月に中国ではすべての仮想通貨に対して規制を強化して、仮想通貨市場が大幅に値下がりしました。今後もほかの国が追随して規制を強化するかもしれません。しかし仮想通貨の技術はまだ新しく、規制や法整備を模索しているため将来的には認可されるかもしれません。

バイナンススマートチェーンの衰退

PancakeSwapはバイナンススマートチェーンと呼ばれるブロックチェーン上で構築されています。しかしバイナンススマートチェーンより、手数料が安い取引所が誕生すると価値が下がるでしょう。機能性や利回りが高い取引所に流出してしまう危険性があります。そのため今後新しい取引方法が確立すると価値が下がるかもしれません。

仮想通貨(暗号資産)は価格が上がり続けるものではなく、下がったり上がったりを繰り返すものですから、下がることも想定に入れた価格予想を立ててCAKEの取引を行いましょう。

類似の取引所の発達

PancakeSwapに類似の機能を持った取引所が誕生して、価値が下がるかもしれません。今後PancakeSwapより安い手数料が現れるかもしれないからです。Ethereumより安い手数料のため、PancakeSwapが注目されましたが、同様の取引所が誕生すれば、需要は大幅に減るかもしれません。そのため、類似の取引所がPancakeSwapよりも手数料が安ければ価値が下がります。

PancakeSwapのまとめ

ここまでPancakeSwapの概要や歴史、特徴、将来の価格予測について詳しく解説しました。結論としては、PancakeSwapは将来性が高く、今後も安い手数料で仮想通貨市場をリードすると考えられます。理由としては、高い運用利回りでほかの通貨よりも利益が出やすいこと、知名度がまだ低く認知が広まれば価値が急騰する可能性を秘めているからです。金融庁に認可されていないリスクはあるものの、仮想通貨自体新しい技術のため今後は認められるかもしれません。さらに開発も予定通り進んでおり、Todoリストからロードマップ開発に移行しました。そのため開発思想が鮮明となり、将来的な方向性もわかるようになります。今後PancakeSwapの通貨CAKEを購入する際はPancakeSwapの開発状況を確認してから購入を検討しましょう。

コインチェック
この記事を書いた人
たくみ

20代で2年間の無職を経験しましたが、30歳を過ぎて一念発起、起業しました。多くの方々に恵まれ、結果的に正社員30人の安定経営企業となりました。
2016年からは仮想通貨の研究や分析を始めております。将来における仮想通貨の更なる普及が予測される中、一人でも多くの人に「仮想通貨は怪しいものではないこと」、「送金手段として最適であること」を知って欲しいと考えております。

たくみをフォローする
Crypto Guide(クリプトガイド)

おすすめ取引所の比較

取引所名 コインチェック DMMビットコイン ビットバンク BIT Point(ビットポイント) Huobi Japan
取引所画像
銘柄取扱数 18銘柄 6銘柄 14銘柄 14銘柄 22銘柄
販売所取引手数料 無料 無料 無料 無料 無料
取引所取引手数料 無料 Maker -0.02% Taker 0.12% 無料 Maker 0.012~0.150% Taker 0.036~0.150%
レバレッジ取引の有無 2倍 2倍 2倍
最低取引単位 500円相当額 販売所:0.0001 BTC
取引所:-
取引所:-
販売所:0.00000001 BTC
販売所:0.001 BTC
取引所:-
販売所:0.001 BTC
取引所:0.0001 BTC
運営開始日(日本国内) 2014年8月 2018年1月11日 2014年5月7日 2016年3月 2016年9月
公式サイト コインチェック
公式サイト
DMMビットコイン
公式サイト
ビットバンク
公式サイト
BIT Point(ビットポイント)
公式サイト
Huobi Japan
公式サイト
タイトルとURLをコピーしました